« 縄文杉は泣いている | トップページ | 何で切符買えないの? »

2005年5月27日 (金)

未来の行政の守備範囲って!?

 日本政府は30年以内に今10時間かかっている東京?ロサンジェルス間を現在の1/5の2時間で結ぶ国産の極超音速機の開発を目指すそうです。
 ところで、現在の行政区分は、人々の移動手段が専ら“歩くこと”であった明治時代に行われた廃藩置県を基盤としています。当時、歩いて何日間もかかったところが、今では数時間で行けます。交通機関の発達により行政の守備範囲が飛躍的に拡大しています。日本各地で実施されている平成の大合併の一つの理由として、この守備範囲の拡大を挙げる人もいます。30年後、2時間でロサンジェルスまで行けるようになったら、果たして日本の行政区分はどうなっているのでしょうか?

|

« 縄文杉は泣いている | トップページ | 何で切符買えないの? »