« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月29日 (水)

南豆製氷所って知ってますか?

 今日の新聞で下田の南豆製氷所(左下写真)の存続について記事が掲載されていました。南豆製氷所は 大正12年に今は珍しい伊豆石で作られた製氷工場で下田駅近くに位置しており、下田港の歴史を物語るとても風格のある建物です。工場閉鎖後は維持に苦労しており存続が危ぶまれています。

【MAP】

DSCN0320 私も以前にそんな南豆製氷所を会場として開催された「下田 再創生塾」という集まりに参加したことがあります。下田再創生塾とは下田という地域をフィールドとして、下田の魅力を引き出し、個性ある地域を再創生しようという集まりで、下田をモデルにして地域の再創生のあり方そのものを考えることを目的としています。(参考資料:下田再創生塾パンフレット)

 今、南豆製氷所は取り壊されようとしています。多くの方々がそれをくい止めようと頑張っているところです。私もこの貴重な財産を残せれば良いなと思っています。

 近年、日本は多くの問題を抱えています。イジメ、不登校、凶悪犯罪の増加等々・・・毎日記事には事欠かないほどです。私はその原因の1つに地域のコミュニティの崩壊があると思っています。昔からながらの伝統文化を受け継ぐ”場”としてのコミュニティが崩壊しているのです。

 これからは地方の時代と言われますが、まず最初にやらなければならないのは、地域のコミュニティの再生です。それには地域の魅力、アイデンティティを大切にしなければならないと強く感じています。

|

2005年6月27日 (月)

サービスエリアでちょっと食事を

今日、東京から沼津に帰って来る途中、空腹に耐えかねサービスエリアへとハンドルをきりました。注文したのは「かき揚げそばとミニ丼セット1、000円」でしたが出て来たのは…(写真を見てくださ~い)

kakiage-soba_thumb何か足らない…。そうですセットのミニ丼が無いのです。 (^-^; 空腹であった私は何も躊躇せずにそばを半分ほどたいらげた後にそのことに気づきました。帰り際の会計の時に聞いてみましたが、店の人の単純なオーダーミスだったようで、お金もミニ丼を抜いたもの(700円)でしたので文句も無く店を出ようとしたところ、店員さんが「バイクのカバンの中、まだ入りますか?」と3本の健康ドリンクを私にくれました・・・。

kennko-drinkそれだけではなく、店を出る時には「お気をつけて」と言っていただきました。まだミニ丼分、お腹がすいていましたがその分”心の胃袋”はいっぱいになりました。                                  

                                                                                                         
     

bike-1_4_thumbこれが私の相棒です。こいつと一緒にフットワーク軽く飛び回りたいですね。皆さんともどこかで会うかもしれませんね!!

|

2005年6月24日 (金)

大雨の後に伊豆半島を廻ってみました。

houraku 6月22日の大雨のその後が気になり、伊豆半島を1周廻ってみました。時計と反対廻りに県道17号線を海沿いに南下してみました。あまり報道されませんでしたが、途中何箇所かで斜面の崩落が見られました(写真は戸田近くの県道です)。今回の雨の降り始めからの雨量は天城山で181ミリ稲取で162ミリ程度でした。少ない雨量とは言えませんが、昨年の台風22号では伊豆エリアで総雨量が300ミリを超える箇所が多数ありました。本格的な台風ではこれ以上の雨量も予想されます。

 戸田地域のみなさんの生命線である道路が寸断されれば、それが与える被害はたいへんなものになります。戸田に限らず伊豆半島全体で災害に柔軟な地域づくりが本当に必要だと感じました。

|

2005年6月22日 (水)

6月22日の大雨

22日の今日、伊豆半島を中心に大雨が降りました。伊豆全域に大雨洪水警報が出され、この一帯を中心に100ミリ以上の降雨がを記録されました。この大雨のために道路の冠水や山の斜面から土砂が流出や崩落が相次いぎましたが幸いにも人命にかかわることはありませんでした。

 今回の災害で昨年の台風22号による災害が頭を過ぎりました。毎年のようにこのような災害は何処かしらで発生しています。行政としても災害を防ぐべく様々な砂防事業を行っています。災害を防ぐための努力は引き続き行っていただきたいと思います。

・・・とは言っても、自然の前に人間は無力となることもあります。想定外の災害に見舞われた時の対処方法をしっかり考えておく必要があると思います。災害に対しては最初の対応が大切です。より身近な地域のコミュニティが重要な役割を果たすと思います。愛する家族を守るためにやるべきことは何でしょうか・・・。

|

2005年6月20日 (月)

10年前の悪夢

 昨晩、地震を感じました。とは言っても後から調べたら沼津市は震度1だったそうです。

 地震と言えばちょうど10年前のあの悪夢を忘れることができません。阪神・淡路大震災です。当時私はまだ大学院生でした。地震後に調査のために現地に乗り込みましたが、陸上交通は完全に麻痺し、大阪湾から船で神戸まで行ったことを覚えています。神戸へ向かう船の中ではどこからともなくすすり泣く声が聞こえ重苦しい空気でいっぱいでした。ある牧師さんが歌を歌い始めました。でもその歌声にさえ”うるさい”という怒りの声があがりました。そこに居た多くの方々の心が傷ついてしまっていたからだと思います。

 あれから10年、災害の恐ろしさとともに、如何に尊い人命を守るべきかということを事あるごとに考えるようになりました。

■ 阪神・淡路大震災直後の写真(1995年 災害現場にて本人撮影)

harborこれは、神戸ポートアイランドの護岸部分です。完全に海中に護岸が滑り落ちています。               



                                                                 

portislandこれは、同じくポートアイランド近くの公園付近です。この辺りが軟弱地盤のためか大きくひび割れ1mほどの溝ができている箇所もありました。     









billdingこれは、三宮駅からすぐのビルの崩壊現場です。一見被害がそれほどではない様に見えますが、よく見ると1階部分が全て潰れてしまっています。       




daikaidoriこれは、神戸市内の大開通の状況です。開削工法で造られた地下鉄が地中を走っていましたが、その部分が大きく陥没しました。                





portlinerこれは、神戸市にあるポートライナーの橋桁部分です。完全に橋脚が桁からずり落ちてしまいました。


 







liquefactionこの砂山は工事に伴うものではありません。液状化現象といって地震によって地中の砂が吹き出たものです。このあたりは軟弱地盤のため至る所にこのような現象が見られました。

|

2005年6月12日 (日)

困ったときは・・・。

curryもっぱら自炊の毎日です。献立に困ったときは、”やっぱり”カレーです。今回は牛すじを使用しました。20分ほど圧力鍋にかけて、あとはルーを加えて少し煮込むと出来上がり~!!(小さいときからの疑問ですが、カレーにつける飲み物は皆さんのお宅では何ですか?我が家は牛乳です。)

|

2005年6月 5日 (日)

七滝温泉郷

七滝温泉郷付近の渓谷は複雑な地形をしています。そのため大小様々な滝があり、「河津七滝めぐり」が有名です。

050604-5-05ここが大滝へ向かう遊歩道の入り口です。
(開門時間 9:00~16:00)                    




050604-5-06大滝を観にいきましたが、途中から立ち入り禁止に・・・。残念~!





050604-5-07 立ち入り禁止の門のとこから大滝をパシャリ。






050604-5-08 七滝温泉にあるとある宿の温泉での一枚。
(なぜこんなところに竹笠が・・・?どうやら雨の日にかぶって露天に入るためらしい。・・・とても風流ですね。)



|

2005年6月 4日 (土)

かわづ花菖蒲園&河津バガテル公園

河津町は歴史のあるところです。昔々、杉鉾別(すぎほこわけ)の命(みこと)という神様がこの河津の里を治めていたとき、皆を困らせる大蛇を退治した伝説が残っています。しかし、命が深酒をしたため思わぬ苦戦をしたことから、その後の命の命日を12月27日と決めて5日間を精進の日とし、この間は酒を飲まないそうです。(参考:「ふるさと百話」 静岡新聞社)

050604-5-01河津町はちょうど今が花菖蒲とバラのシーズンです。花菖蒲はかわづ花菖蒲園でご堪能ください。ここには日の出鶴、初鏡、揚羽、河津の里、蜀光錦、峰紫など数種類の花菖蒲があり、一部のものではありますが、気に入ったものがあればその場で掘り起こしてもらえ、それらを購入することもできます。


050604-5-02バラだったら河津バガテル公園が最高です。ここはパリ・バガテル公園のローズガーデンを忠実に再現したバラ園です。とにかく行ってみてください。あまりの美しさに感動を覚えます。



050604-5-04園内にはフランス製のこんなレトロな車まで・・・。  





050604-5-03河津駅から車で十数分のところに七滝(ななたる)温泉があります。滝を「たる」と読むのは滝を表現した「垂水(たるみ)」が語源だとされています。その入り口に「河津七滝ループ橋」というらせん状の橋があります。ループ橋とは高低差のある場所を小さなスペースで結ぶために橋をらせん状にしたものです。天城山を始めこのあたりの山々が険しいことがうかがえます。           

|

2005年6月 2日 (木)

この~木何の木、気になる木♪♪

01この~木何の木、気になる木♪♪・・・答えはパセリです。(木じゃないけれど(^-^;)今日スーパーの安売りでパセリ一束100円でした。これからしばらくパセリが食卓を飾ります。

|

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »