« 関東地方に13年ぶりの大きな地震! | トップページ | 閑さや岩にしみ入る蝉の声? »

2005年7月29日 (金)

狩野川灯籠流し

DSCF0335 7月29日、沼津市を流れる狩野川で毎年恒例の「狩野川灯籠流し」が行われました。この精霊流しは沼津市民をはじめ多くの方々にに親しまれている沼津の夏の大きな行事の一つです。

【MAP】

 




DSCF0341 今年、この精霊流しに参加しました。手伝いでこの”狩野川灯籠流し”の流し手をすることになったのです。胸まであるゴム長靴を履き、足下をしっかり確認しながら川にズブズブっと入って行きます。川に造られた仮設のステージにいる担当者から灯籠を受け取り、一つ一つ丁寧に川面に流して行きます。(写真は今年の灯籠流しの流し手の4人です。)





DSCF0337 灯籠を流しに来られた方々は皆さんそれぞれの思いを胸に来られていたようです。二つの灯籠を手にしたある方に「すみません、この灯籠は一緒に流してくれませんか?」と頼まれました。きっと、現世を離れた最愛の人に対する優しさがあるからでしょう。また、まだ小さいお子さんは、自分の両親が目を閉じて両手を合わせている姿を見て、自分もその真似をして一生懸命に手を合わせて祈っていました。言葉が無くても、子供たちはこのような体験から、一つ一つ”何か”を学び取っているのかもしれません。そのような、ある意味厳粛な空気に包まれ、久しぶりに、日本人に生まれて良かったな~と思う瞬間を味わうことができました。



 新聞・テレビで”靖国問題”に関する話題を良く目にします。この問題はいろいろな側面を持っています。「憲法問題の側面」、「政治問題の側面」、「文化問題としての側面」、そして「感情問題の側面」など、軽々しく答えを出すことができないと思います。ただ、今回の経験を通して、先祖を大切に想う心や日本の伝統文化のすばらしさを純粋に感じることができました。また、まだまだ日本にはこのような風習が残っていることがとても嬉しく感じられたのは事実です。

|

« 関東地方に13年ぶりの大きな地震! | トップページ | 閑さや岩にしみ入る蝉の声? »