« 狩野川灯籠流し | トップページ | 「第59回沼津市スポーツ祭水泳競技大会」に出場しました! »

2005年8月 3日 (水)

閑さや岩にしみ入る蝉の声?

DSCF0415 朝方、耳元でけたたましく鳴く蝉の鳴き声で目が覚めました。時計を見るとまだ朝の5時を少しまわったばかり。蝉が部屋の網戸に張り付いて、元気良く鳴いていました。
(^-^;

 蝉の声と言えば、松尾芭蕉が山形県の『宝珠山立石寺』(通称:山寺)で詠んだ「閑さや岩にしみ入る蝉の声」の句が有名です。

 木々に囲まれたところで多くの蝉の鳴き声を聴くと”涼しさ”を感じることがあります。同じ蝉の鳴き声を”暑苦しく”も”涼しげ”にも感じることができるのは日本人の感性がなせる技なのでしょうか?(しかし、今朝の蝉殿は、どう考えても涼しいものではありませんでしたけれど・・・。)

|

« 狩野川灯籠流し | トップページ | 「第59回沼津市スポーツ祭水泳競技大会」に出場しました! »