« 東伊豆町のシンポジウムに参加してきました。 | トップページ | 常葉学園菊川高等学校が全国制覇しました!! »

2007年3月 9日 (金)

西洋医学と東洋医学!?

今年の2月に自分が乗っているバイク(ヤマハV-MAX1200)の車検が来たので、久しぶりにバイクに乗って車検に出しに行って来ました。このバイクですが少々問題点が・・・、燃費が悪いのと、とても重たいのです。そんなバイクにまたがり、交差点で信号待ちをしていた時、思わず立ちごけしそうになり、足を踏ん張り、力づくで倒れるのを何とか防ぎました。それは良かったのですが、その後少々腰を痛め(ギックリ腰!?)病院に行くことに・・・。(^_^;

前振りが長くなりましたが、その時感じたことを書きます。

治療に行ったのは、鍼灸院で行くとすぐに足の先から鍼(はり)をブスブスと刺していき、終いには首筋のところまで刺していきました。鍼灸院・・・、まさに東洋医学の代表的なものですが、東洋医学って、全体を見ているのですね!腰が痛くても、身体全体を見て治療していきます。原因は実は症状が出ていないところにあったりします。

これに対して、西洋医学は患部に直接注射とか湿布とかするのかな~などと思いました。そこで、ふと思ったのですが、これって、今起きているあらゆる問題の解決の糸口にならないかな~と。

例えばイラク問題。アメリカは直接的にイラクを攻撃しました(西洋的?)。でも、もし先に述べた東洋的な手段で対応したらまた違った結果が出たのかな~などと思いました。日本のこれからの存在意義もこのあたりにあるのかな?などとも感じました。米国との関係はとても大切だと思いますが、この東洋的な考え方で意見ができるのも、また日本の役割なのかな?などと感じています。

(決して西洋医学が全体を全く見ていないとは思っておりません。西洋医学にも素晴らしいところが沢山あると思います。二者択一ではなく、両者の良いところを取り入れると良いのかな~などと感じております。)

皆さん、どのように感じられますか?

|

« 東伊豆町のシンポジウムに参加してきました。 | トップページ | 常葉学園菊川高等学校が全国制覇しました!! »