« 常葉学園菊川高等学校が全国制覇しました!! | トップページ | 石廊崎の文化を解説、紹介 14日に「知ろう会」 南伊豆で東京のNPO »

2007年4月 9日 (月)

水野塾「第五期 第6回例会」に参加してきました。

4月9日(月)、水野塾の第五期 第6回例会がみしまプラザホテルで開催されました。本日の講義は前回に引き続き『陰隲録(いんしつろく)』を基に行われました。

『陰隲録』は明の袁了凡(名は黄)という人が著した書物です。隲(しつ)は”密かに定める”という文字で運命の中にある法則に従ってどういうふうに生活をしていくか、悩める者、行き詰まっておる者をどのように救済するかということについて言及しています。
 世の中には宿命論、運命論という考え方がありますが、袁了凡は宿命や運命に頼ることなく、己の知命に気づき、それを実現させるための目標を立てる(立命)ことが重要であり、その実践方法について記しています。
 ここでは詳細について省略しますが、私自身大きな目標のために日々鍛錬し突き進んで行きたいと思っています。いわい茂樹

|

« 常葉学園菊川高等学校が全国制覇しました!! | トップページ | 石廊崎の文化を解説、紹介 14日に「知ろう会」 南伊豆で東京のNPO »