« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月14日 (木)

日本の祭り

昨日話題の”蘇民祭”が開催されました。裸姿のポスターがセクハラだということでJR東日本が掲載を断って話題になったあの奇祭です。この件に関してもJR東日本が下した判断に疑問を持っていましたが、それに加え警察からも物言いがつきました。もともと、蘇民祭に関する最も古い文献は、和銅6年(713)あるいは延長2年(924)に見つけることができるそうで、五穀豊穣や災厄消除の祈願を行うことためのものだそうです。

ところで、伊豆の東伊豆町にも古くから伝わる祭りがあります。東伊豆町といえば、”雛のつるし飾りまつり”が有名ですが、他にも”どんつく祭”という祭りがあります。この祭りも時代は古く、弥生時代中期から伝わっているそうです。ご神体は何と 男性のシンボル。夫婦和合、子孫繁栄を願ったものだそうです。

もともと、日本の祭りには子孫繁栄などの願いが込められたものが多く、簡単にそれが「性的だ!」とは言えないと思います。もっともっと奥深いものがあると思います。日本の伝統・文化をもう一度見つめ直す必要があるのではないでしょうか?

|

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »