« 今日はお釈迦さまの誕生日。 | トップページ | 荒れる山々・・・。 »

2008年4月 9日 (水)

今日の不同意に不同意??

 今日(9日)午前の参議院本会議で、日銀総裁に白川方明副総裁を昇格させる政府提示の人事案が同意され決まりました。一方、前財務省財務官の渡辺博史副総裁案は、民主、共産、社民各党の多数で否決され、不同意となりました。もし、渡辺氏が前財務省財務官であったという、言い換えれば”天下り人事!?”ということだけで不同意になったのであれば、この点に大きな疑問を抱きます。問題の本質を見失っているのではないでしょうか?

 日本が今のグローバル化の中で生き抜くためには、それだけの経験を積んだ、能力のある人材を最適な場所に配置することはごく当然のことであると思います。役人に対してのイメージは甚だ悪い状況ですが、イメージとは異なり役人の中には日本の将来のために役立つ人材は多数存在しているのも事実です。

 役人が今までの経験と技術を生かして権限のあるポストになる(天下り?)ことが即座に悪いのではなく、それに付随して不合理なことが起こることに問題があるのであり、元役人であるという理由だけでヒステリックに拒否反応を示すことは、今後の日本に果たして有効な態度なのか甚だ疑問です。

役人出身であってもなくても、その”人”の中身をじっくり見ることが肝要だと思うのですが・・・。

|

« 今日はお釈迦さまの誕生日。 | トップページ | 荒れる山々・・・。 »