« 気になる言葉=”ソーシャルキャピタル” | トップページ | 安倍元首相にお目にかかりました。 »

2008年6月28日 (土)

6区を巡る ~実感!地域の医療問題~

 先日、下田の用事を済ませ沼津に帰る途中に遭遇した出来事についてちょっと書きます。

 下田から沼津へ抜けるルートは地元の方の多くは天城越えのルートを使います。天城越えのルートは名前のとおり天城山を越えるルートなのでちょっとした山道を越えるものです。普通の自動車でもなかなかの難所になっています。

 さて、問題はこのルートを救急車が今も使用しなくてはならない状況にあるということです。伊豆半島の南部にも大きな病院はあるのですが、病状などによっては専門的で最先端の設備を備えた病院に搬送する必要があります。そのような病院はやはり南部には無く、一番近くても伊豆の国市にある最先端の設備を備えた病院まで運ぶ必要があります。そのためには天城山を越えることが必要となるわけです。

 この日この天城越えのルートで沼津に向かっていました。たまたま前に救急車がサイレンを鳴らして走っていました。恐らく急を要する患者さんが搬送されているのだと思います。普通の日でも難所である道をこの日は大雨の中、救急車は走っていました。途中の道路は至る所から雨水が流れ込み水たまりになっています。こんな状況で走らなくては行けない状況はどう考えてみても改善しなくてはいけないと思います。道路特定財源について物議を醸していますが、沼津~下田をつなぐ高規格幹線道路(伊豆縦貫道路)を早急に完成させなくてはならないと強く思いました。やはり住民の命を助ける道路は早急に造るべきです。、

0806281    







0806282

|

« 気になる言葉=”ソーシャルキャピタル” | トップページ | 安倍元首相にお目にかかりました。 »