« 第3回東駿河湾まちづくり研究会 | トップページ | 6区を巡る ~実感!地域の医療問題~ »

2008年6月27日 (金)

気になる言葉=”ソーシャルキャピタル”

 先日、風土工学部会の研究発表会に参加してきました。多くの発表者の中で国土技術政策総合研究所の方が発表された内容がとても興味を持てたので少し触れたいと思います。キーワードはソーシャルキャピタル(以下、SC)!

 SCを定義した文章を見ると「人々の協調行動が活発化することにより、社会の効率性を高めることができるという考え方のもとで社会の信頼関係、規範、ネットワークといった社会組織の重要性を説く」概念と書いてありました。う~ん、良くわかりません。・・・でちょっと乱暴かもしれませんが、自分なりにまとめると・・・地元の風土資産に対する愛着の度合いと理解できるのではないでしょうか。

 愛知県豊田市の旧足助町はSCがとても高い町だと言われています。では、どのような町か具体例を挙げると、歩いている人の表情が明るい。お互いを良く見ている。祠や祭礼が守られている。商店街で買い物をしている。住民の美化活動が盛ん。等々です。実際、この町にはゴミが1つも落ちていないそうです。今、これらのことを指標化する努力がなされています。これらの指標化が上手くできれば、元気の無い町に足りないものは何か!をあぶり出すことができるようになります。何となく居心地の良い地域がどのように評価されるかがわかれば、これを応用すれば他の地域の活性化に繋げることができるのではと感じています。

 

|

« 第3回東駿河湾まちづくり研究会 | トップページ | 6区を巡る ~実感!地域の医療問題~ »