« 安倍元首相にお目にかかりました。 | トップページ | 褒賞受賞を目指して!! »

2008年7月20日 (日)

サマーコンファレンス2008に行ってきました。

 7/19、7/20に開催されたサマーコンファレンス2008(以下サマコン)に参加してきました。サマコンは日本青年会議所が主催する三大会(京都会議、サマーコンファレンス、全国大会)の1つで毎年横浜で開催されます。今年のサマコンは梅雨明けとともの開催となり、猛暑の中、夏の到来を感じられるものでした。

 大会では多くのセミナーが開催されますが、今年参加したのはメディアリテラシーに関するものでした。

 メディア・リテラシーとは、情報メディアを批判的に読み解いて、必要な情報を引き出し、その真偽を見抜き、活用する能力のことで、情報が溢れている現在の日本においては必要不可欠のスキルだと思っています。

 さて、今回のセミナーはそんなメディア・リテラシーに関してのもので、私たちが日常的に触れている情報が実は”ある意図”によって、偏って与えられるケースがあるというものでした。実際、自分自身もマスコミの偏った報道については気になったことがあります。確かにマスコミはなかなか手の着けられなかった問題を圧倒的な早さで解決の方向に導くことができると思います。が、しかし、その分恐ろしさも持ち合わせていると思います。私たちにはマスコミの情報を鵜呑みにするのではなく、多くの情報の中から自分で選び出すという姿勢が必要であると痛感しています。

|

« 安倍元首相にお目にかかりました。 | トップページ | 褒賞受賞を目指して!! »