« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

6区を巡る ~西伊豆”堂ヶ島”でダイビング!!~

All_2  伊豆半島にある西伊豆町で久しぶりのダイビングに行ってきました。今回お世話になったのが、”堂ヶ島マリンステーション”さん。堂ヶ島は地形、魚の数など幅広く楽しめるスポットです。洞窟を通っての出船!!いざ、西伊豆の海へ!!

この浜から出船。奥の洞窟を通り抜け、その向こうには西伊豆の海が・・・。

今日は久しぶりに天気が良く、気分は最高です。

 

この日、たくさんの生き物に逢うことができました。トラフケボリ、クマノミ、トラウツボ、アカホシカクレエビなどなど・・・伊豆の海の豊かさを実感した一日でした。(撮影:いわい)

  

 

Dougashimadiving16_3

伊豆の海の魅力は陸からも満喫できますが、やはり、海に実際に潜って感じることができるものもあります。海中の生き物のすばらしさを知るには実際に潜ってみないと・・・。

(写真:いわい茂樹本人です。ちょっと格好悪い?・・・(-。-;))

|

2008年8月28日 (木)

最近お気に入りの1曲!!

 車の中でたまたま耳にした曲で気に入っている曲があります。名前はDUFFY。イギリス出身の注目の女性シンガーです。アルバムROCKFERRYの中で特に好きなのは『MERCY』!Ben E. Kingの『STAND BY ME』に少し似たバッキングのリズムが60年代ぽくってとてもクールです。(ソウルフルな歌声は心にググッと響き渡ります!!)

|

2008年8月27日 (水)

東駿河湾まちづくり研究会~東部地域視察~

 8月22日(金)東駿河湾まちづくり研究会の現地見学会に行って来ました。新東名高速道路の現場など普段ではなかなか見ることの出来ないところも見学でき、たいへん充実した見学会でした。その時の模様が静岡新聞に掲載されましたのでUPします。当日の報告は写真が整理出来次第、このブログで報告しま~す。

080827ss

【2008.08.26 静岡新聞】

(真ん中でカメラを首に掛けているのがいわいです・・・(-。-;))

|

2008年8月26日 (火)

「ルー大柴トークライブ」のご案内

Rupr  9月13日(土)、沼津市民文化センターにてルー大柴トークライブ「ルーは友を呼ぶ。レッツコミュニケーショントゥギャザー」を開催いたします。奮ってご参加ください

※入場無料です!!

(申し込みは、沼津青年会議所のHPから!!)

http://www.numazujc.or.jp/

|

ご当地の自慢・・・。

今日、大学の帰りに近くの”焼きそば屋”に師匠の教授と行きました。焼きそばと言えば、富士宮の焼きそばがB級グルメとして有名ですが、大学がある富士市も隣りの市ということもあり、同じ焼きそばを味わうことが出来ます。久しぶりのご当地焼きそば!美味かったですよ。写真は行き着けの店の方に帰り際にいただいたこれまたご当地の”お茶”です。ご本人が造られたそうです。

080826

|

2008年8月10日 (日)

沼津プロレス参戦?

 8月10日(日)に沼津プロレス「沼プロ夏祭り’08」が開催されました。毎回、いろいろな手伝いをしています。チケットのもぎり、スポット照明担当・・・そして今回はレスラーとの記念写真の販売担当として参戦!?です。沼津燦太郎選手(写真左:マスクマンですが、マスクの向こうの顔は結構イケメンとの噂)が居たので思わず一緒に1枚。この写真を見る限り、選手の方ですか?と冗談で言われる自分(写真右)・・・理由が少しわかるような・・・。Numapros

|

2008年8月 1日 (金)

日本国民の気質!?

 今日から8月。御多分に漏れず今月も値上げのオンパレードです。ガソリンはから家計を直撃する日用品に至るまで本当に厳しいの一言です。

 そんな状況で目立ったのは日本人の柔軟性。ガソリンが上がれば車に乗る人が減りました。首都高速などは目に見えて交通量が減ったようです。また、今日にニュースで米の需要が増えたそうです。値上がりが激しい小麦を使用するパンから米に消費者が移ったようです。
 日本人はおとなしい国民だと言われます。今回の値上げの嵐に対しても一部業界の抗議はあったものの国民的な抗議はそれほど目立っていません。何も言わずに自らを厳しい環境に合わせたように思います。(もしかしたら、政治に対する期待が持てないのかもしれませんが・・・。)

 問題はそんな日本人気質でどこまでこの厳しい環境に対応していけるかということです。いくら日本人のこのような気質があっても、限界はあります。

 政治家は様々な施策を講じてこの厳しい状況を脱するように努めなければなりませんが、それと同時にこれらの国民の気質、言い換えれば国民力を最大限に発揮できるような環境づくりもしていかなくてはならないと思います。

|

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »