« 『第1回静岡青年政治塾』に参加してきました。 | トップページ | 泣きのギターにシビレました。 »

2009年2月 4日 (水)

日本人の予測力に不安!

 ”予測力”などと書くとたいそうに聞こえますが、ここで触れるのはごくごく身近のことについてです。

 先日、東京で自民党の政経塾に参加した後、静岡に帰るために永田町の地下鉄のホームで電車を待っていました。そこへホームの右手から点字ブロックの上を目の不自由な方が杖をつきながらこちらに歩いて来ました。私はホームの点字ブロックの手前に並んでいたのでその方の邪魔にはならなかったのですが、多くの人が点字ブロックの上に、しかも携帯メールをしている人も居て、その方は点字ブロック上に立っている人にぶつかっては止まり、ぶつかっては止まりしながら、文句も言わず歩いて行かれました。

 最近、日本人の予測力が格段に落ちているのではと思ったのは、この時だけではありません。度を越えたイジメがどのような結果を招くか、その後、どれだけの人の心に傷を残す結果になるのか・・・他にもたくさん同じ様に感じることがあります。

 以前の日本人は”阿吽の呼吸”の言葉からもわかるように、相手の気持ち、立場を汲み取ることができました。言い換えれば”思いやり”なのかもしれません。今の日本には多くの問題が山積しています。それらの問題を解決するのには、実はそのような古から日本人が持っている心を取り戻すことが一番の早道かもしれません。教育・・・やはりこれが大切だと思います。自分自身、この感覚を失うことのないようにしたいと強く感じました。

|

« 『第1回静岡青年政治塾』に参加してきました。 | トップページ | 泣きのギターにシビレました。 »