« 美術品の立場になって考えてみると・・・。 | トップページ | 12th JAZZ IN 鎌倉・・・良いですね、音楽って・・・。 »

2009年3月 8日 (日)

定額給付金一考 (先日UPした内容を少し修正しました。)

 今回の定額給付金について、何となくスッキリしていないのは私だけではないと思います。
何故スッキリしないのか少し考えてみました・・・。

 今回の定額給付金の支給がどうもスッキリしないのは、今回の定額給付金が景気回復を目的とした経済政策(これによって需要を喚起する)なのか福祉政策なのかハッキリしていないことが大きな原因の1つだと思います。

 もし、経済政策であったとするならば、選択と集中により効果的な政策が実施されるべきです。今回の定額給付は折角集めた税金をそのまま国民に戻す還付の性格が強く、効果的な政策という点から考えると少々疑問が残ります。つまり、経済政策として政策を考えるのであれば、定額給付金よりももっと効果的な政策があると感じています。政府が責任と大きな判断によって、最高と思われる政策を実施すべきだと思います。

 一方、定額給付金が福祉政策として実施されるのであれば、これも同じく選択と集中により行われるべきです。つまり、本当に厳しい生活環境にある方々に集中して政策を実施すべきだと思います。それを踏まえると、高額所得者も一律に給付金を受けるのは筋が少々違うと感じます。

 まとめてみると、今回の定額給付金は経済政策として需要喚起をねらうものであれば、もっと選択と集中により、効果的なところに効果的な政策をとるべきだったと思います。また、福祉政策であれば一律支給ではなく、本当に困っている国民に対象を絞って行うべきだったと思います。

 とは言うものの、定額給金の支給が決定した今、どのように活かせば良いか少し考えてみました。

 定額給付金、正確には”生活支援定額給付金”と言いますが、これを活かすには国民一人一人の考えと判断に基づいて・・・というのが私の考えです。

 国民1人が1日1円を使うことによって創出されるお金の流れは約1億2千万円、1人10円だと12億、1000円だと1200億円ということになります。今回の定額給付金の金額は今のところ1人1万2000円。65歳以上と18歳以下には8000円が加算されますが、それを考えると今回の給付金の経済効果の大きさと国民1人1人の役割の大きさがわかります。

 今回の給付金は、総額2兆円規模の支援の”使い道”を政治家や役人が勝手に決めて行うのではなく、国民1人1人が各自の判断によって有効に使うこと良い機会になるのではないかと感じています。お爺ちゃん、お婆ちゃんやお孫さんなど、身近で大切な方々にそのお金を使ってあげる、身近な大切な人の笑顔を生むことが、結果的に日本国全体の景気対策に繋がる・・・そんな使い方も素晴らしいと思います。それを可能にするのも、駄目にするのも国民1人1人の意識に大きくかかっているような気がします。受け身ではなく、自分でできることをまず行うことが大切だと思います。こんな国民の主権行使の1つの姿がここにあるように思います。

|

« 美術品の立場になって考えてみると・・・。 | トップページ | 12th JAZZ IN 鎌倉・・・良いですね、音楽って・・・。 »