« 観光を通した”地域の活性化”を目指して!! | トップページ | 国交省所長を招いての講演会を開催しました。 »

2009年6月12日 (金)

公明正大な精神が必要

 今日の午後、鳩山邦夫総務相が首相官邸で麻生太郎首相に辞表を提出したとのニュースが飛び込んできました。驚きはありましたが、反面「やはり」というのが素直な感想です。気になったのが、辞表提出の後、記者団に「世の中正しいことが通らない時がある」と述べたことです。

【日本郵政株式会社法】では

(取締役等の選任等の決議)
『第九条  会社の取締役の選任及び解任並びに監査役の選任及び解任の決議は、総務大臣の認可を受けなければ、その効力を生じない。』

と明記されています。これを読む限り総務大臣に人事権があるのではと思うのですが、これらを踏まえると、私はどうも今回の事の推移が良くわかりませんし、「かんぽの宿」売却問題に関しても納得でいていません。説明不足です。

どちらにの問題にしても、国民がもっと納得のいく説明が必要だと思います。
これから国民が望む姿は”公明正大”な姿だと思います。私自身もこれからも公明正大に進んでいきたいと思います。やましさがあっては国民の本当の利益を守ることはできないと思っています。

|

« 観光を通した”地域の活性化”を目指して!! | トップページ | 国交省所長を招いての講演会を開催しました。 »