« 居酒屋での出来事〜自民党への風あたり強し〜 | トップページ | 第4回静岡青年政治塾が開催されました。 »

2009年7月 6日 (月)

とても残念な静岡県知事選挙の結果

 昨夜遅く静岡県知事選挙の当確が出されました。結果は私が応援していた坂本さんの惜敗でした。民主党系の候補が2人出ていたことを考えるとある意味惨敗だったのかもしれません。

 なぜか?いろいろなことが考えられます。マスコミの偏った報道、世界同時不況を背景とした国民の閉塞感・・・。でも、もっとも大きな要因は自民党への不満、不信感なのではないでしょうか?

 今日のニュースで「金子一義国土交通相が国政転身に意欲を示す東国原英夫知事に衆院出場へのラブコールを送った。」という記事が掲載されてました。この話の信憑性はわかりませんが、自民党がこのような動きを見せているのは疑いがないように思います。

 私は選挙は単純な人気取りではないと思っています。その人の品格、実務遂行能力をしっかり測って決めるべきものだと思っています。その点を考えると、今回の東国原知事への自民党の動きは私自身は納得できません。逆に国民はそのような表面的な極めて軽いこのような動きについてちゃんと見抜いているのではないでしょうか?

 今、求められている政治家とは、皮相の動きに囚われることなく、真に国民のことを考え、この素晴らしい国、日本の未来をしっかり考えていける人だと思います。確かに今、自民党への風当たりは非常に強いと思います。私たちはこれをしっかりと受け止め、しっかりと未来を見つめた行動を取るべきだと思います。皮相の動きに囚われたらやっぱりダメだと思います。

|

« 居酒屋での出来事〜自民党への風あたり強し〜 | トップページ | 第4回静岡青年政治塾が開催されました。 »