« 辻立ちしてます( 伊豆長岡編) | トップページ | 静岡県乳牛品評会 »

2010年3月22日 (月)

保守こそ老舗だと思う。

 保守という言葉から連想されるイメージは、「変わらない」、「硬い」などマイナスイメージであることが多いと思います。しかし、私は、真の保守とは日本に古くから伝わる“老舗”のようなものだと思います。老舗とは日本に古くから伝わる家業を絶やさず守り続けている伝統ある店のことです。この老舗、実は伝統技術を継承しながらも、時代の要求によって変化し続けた結果、今も残ったのです。
保守も同じ。家族、地域の共同体そして故郷などを含む、日本の歴史・伝統・文化を守りながらも、時代の流れをしっかりつかみ、自らを進化させていくものだと思います。 
 二百年以上続く老舗企業の数は中国では9社、韓国には存在しません。日本には3000社以上の老舗が綿々と受け継がれています。
 戦後、奇跡的な高度成長を遂げた日本。この成長の裏には“老舗企業”が深く関わっていたのです。
 混迷する今の政治には、伝統を受け継ぎ、時代の要求に応え、常に変革し新たな創造を続ける老舗のチカラが必要です。だから、私はこの老舗である保守を貫いていきたいと思っています。(岩井しげき)

|

« 辻立ちしてます( 伊豆長岡編) | トップページ | 静岡県乳牛品評会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保守こそ老舗だと思う。:

« 辻立ちしてます( 伊豆長岡編) | トップページ | 静岡県乳牛品評会 »