« 昨年に続き、日経新聞電子版に記事が掲載されました | トップページ | 大雪でダイヤが遅れています。 »

2011年1月15日 (土)

伊東重度障害者センター

こんばんは、岩井しげきです。

本日、伊東市にある『重度障害センター』に行って来ました。

伊東の重度障害者センターは主に頸髄損傷者の自立に向けた

リハビリ訓練等を行っています。

このセンターですが、国立障害者施設の統廃合に伴い

廃止の方針が決まってしまいました。

自分も現場に行って初めて知りましたが、障害というのは

個々人でそれそれ症状が異なります。100人障害者の

方がいれば、100通りの症状があり、それらに応じて

リハビリ訓練を行うことはとても困難なことです。

伊東センターでは、職員のみなさんの様々な工夫で

それらの多様性に見事に対処されていました。

施設を統合したときに、本当に今の伊東センターの

行っていた同等の対応が引き継がれるか、

しっかりと検討しなければならないと思います。

役人の皆さんが、まず現場に行って現状を自分の

目で確認することも大切だと感じてました。

キーワードは”自立”。障害を持っても、リハビリによって

自立し、しっかりと社会で働かれている方がいます。

ベッドに寝かせたままでなく、皆さんの素晴らしい力を最大限に

引き出すことが大切だと思います。

|

« 昨年に続き、日経新聞電子版に記事が掲載されました | トップページ | 大雪でダイヤが遅れています。 »

コメント

ご支援いただきありがとうございます。

伊東は伊東にしかない環境です。

同じ環境ではないので、同じことはできません。

所沢に統合ではなく、東海地方に受け入れ先を作ったのであれば理解もできますが、廃止はとんでもない話です。

 引き続きご支援をよろしくお願いします。

投稿: 岩井幸治 | 2011年4月19日 (火) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊東重度障害者センター:

« 昨年に続き、日経新聞電子版に記事が掲載されました | トップページ | 大雪でダイヤが遅れています。 »