« 計画停電により伊豆の観光が大きなダメージ | トップページ | 何故、ばらまき政策の財源を復興に回さないのか? »

2011年3月31日 (木)

一つの仮説

こんばんは、岩井しげきです。

一つの仮説があります。あくまで仮説なのでそのあたり考慮してください。

(仮説)

原子炉の炉心・・・既に溶融(メルトダウン)している。

一方、原子炉が爆発する可能性は低い。

ただ、既に原子炉にも穴が空いており、原子炉を貫通した炉心が地中に

少しずつ埋没していくのも時間の問題。

それが地下水脈に達し、それから海水に放射能汚染が広がる。

汚染は黒潮にのって環太平洋諸国(アメリカを含む)に広がる可能性もある。

日本は世界各国から放射能汚染を広げた責任を問われ、莫大な損害賠償を請求される。

・・・あくまで仮説ですが、今までの東電、政府の報告を見る限りこれを

否定することもできません。

このような仮説が現実のものとならないように

政府には最大限の努力を払っていただきたい・・・。

また、海洋汚染対策について早急に対策を考えた方が良いと感じています。

|

« 計画停電により伊豆の観光が大きなダメージ | トップページ | 何故、ばらまき政策の財源を復興に回さないのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一つの仮説:

« 計画停電により伊豆の観光が大きなダメージ | トップページ | 何故、ばらまき政策の財源を復興に回さないのか? »