« 様々なアイデアや疑問をどこに・・・。 | トップページ | 浦安市の液状化問題 »

2011年4月29日 (金)

地域の皆さんによる地域のための“まちづくり”

おはようございます。岩井しげきです。
今から東北の被災地に向かいます。
現地の被災状況をしっかり確認して来ます。
昨日、被災地の建築制限の期間を延長する法案が可決されました。
被災地に無秩序な建物が建たないように制限を設けるものですが、この間にどのような復興計画を作り上げるかが重要です。
“地域の皆さんによる、地域のためのまちづくり”を実現するために
現地を歩いて来ます。

|

« 様々なアイデアや疑問をどこに・・・。 | トップページ | 浦安市の液状化問題 »

コメント

仙台に向かっています。塩竃大社に行って。東北の復興と地震や余震が起きないようお願いをしに行きます。東北自動車北上中です。16キロの渋滞です。関東ナンバーが多いです。

投稿: 小泉 | 2011年4月29日 (金) 12時53分

岩井さんの意見は普通なので特別どうとは言いませんが
静岡県選挙区選出の参院議員なら、震災現場を見て確認
してくるではなく、三大地震にも耐えられる国土政策や
エネルギー政策、等の大所高所の意見が聞きたかった。
一期目だからこんな感じとはいかない。
即戦力に成り得る存在でないと、ルーピー岩井と言われ
かねず、選挙の時のハデなガッツポーズとは裏腹に何も
出来ない、あの前総理に似てしまいます。
頑張って静岡の為、日本の為、参院という政策討議には
十分な舞台を与えられた立場で、頑張って成果を出して
下さい。

投稿: | 2011年4月29日 (金) 21時28分

コメントありがとうございます。
ブログでは、あまり細かいことは書いていませんが、今回の震災については、自分なりの考え方をまとめようと思っています。
少しだけ触れると・・・。
震災が起こってまもなく、国交省に静岡の震災(津波)対策について、その安全性を確認したところ、「国交省では安政東海地震を想定・・・つまり連動型地震を想定して対策をとっているので過剰に心配する必要は無い」と答えを得ています。
しかし、天災を予測する難しさを今回学びました。
もう一度、再度災害の防止の観点から設計外力を検討する必要があると思います。

被災地に行った際に、被災地の地形的な状況など見てきました。
1つ気づいた点ですが、今回津波被害は、リアス式海岸だけが被害を被ったわけではなく、仙台市若林区のように切れ込んだ地形でないところでも大きな被害が生じています。

沼津で言えば、静浦など津波被害が大きいと言われていますが、前述のことを考えれば、それ以外でも大きな被害が発生する可能性はあります。

三大地震に耐えられる国土政策・・・1つ言えることは、防潮堤、防波堤などのハードだけでは対応しきれないということです。
避難路の確保、避難訓練などソフトの面での対応も含めた総合的な対策がとても重要です。

エネルギー政策・・・難しい問題です。原発をこのまま進めるにしても、原発を取りやめるにしても国民の同意が必要だと感じています。

ルーピー岩井!?と言われないように頑張ります!

追伸:ご指摘いただき、ありがとうございます。できれば、コメント時に名前を書いていただけると嬉しいです。

投稿: 岩井しげき | 2011年5月 1日 (日) 15時56分

浜岡原発の件、受諾しましたね。致し方ない面がありますが、益々混迷の危機に晒されました。作業服を身に纏って被災地に赴くパフォーマンス議員と違い、真の現場を知る岩井さんがルーピーなんかはずはありません。未曾有の国難に誰も道筋をつけられない今こそ、特に岩井さんの専門分野での強いリーダーシップを期待しています。

投稿: 関田 | 2011年5月 9日 (月) 23時50分

本当に切実に自民党に期待しています。

ポピュリズムに走ると、非常時に痛い目にあうと今回痛感させられました。

期待しています。

私も自分ができることを少しでもしたいと思います。

投稿: とむ | 2011年5月13日 (金) 12時08分

おはようございます、草薙です。
暇を見てここ数週間分の記事をまとめていますが最近は私事に追われてニュースチェックが滞りがちです。

「様々なアイデアや疑問を何処へ・・・」ですが疑問やアイデアは国民に対して直接問題提起して世論に変えてゆくルートも作って欲しいです。民主党政権が出来てから日本の参政権や税金や雇用や技術を外国人にバラまく、国家としておかしな政策がどんどん推進されているのに外資がスポンサーとして浸食している日本のマスコミはこれを積極的に報道する事が出来ません。彼等は日本が日本の参政権や税金や雇用や技術を外国人に対してバラまく事を歓迎しているからです。

外国人まで支給の対象となった子ども手当法案が強行採決された時も、民主党が自民党の国籍条項の一文を入れろという要求を拒否した事を無視して「マニュフェスト達成の為には時間不足だから仕方なかった」という風に大手TV局では説明しているのを見ました。これは外国人スポンサーの為にされた、明らかな偏向報道だと思います。ハッキリ言って放送法違反です。

民主党には「外国人から選挙支援を受けたから外国人参政権の実現は公約だ」と発言した議員もいましたが「利益提供されたから配慮した」というならば要するにこれは買収ではありませんか。日本には政治家やメディアに対する外国勢力の買収を防ぐ法律が存在するのに買収されたということは法に不備・欠陥があるという事です。

また民主党は政権を取る時も取った後も様々な憲法違反を犯していますがそんな政府に正当性を与えて良いのかという問題があります。違憲論を封じ言論を弾圧し軍隊(自衛隊)を使って国民を監視しようという動きもありました(その時は自民党が追求しているのを国会中継で少し見ましたがありがとうございました)。これはファシズムと呼ばれる考え方ですがそんな国造りを国民が本当に望んでいるかという問題もあります。

政治家の政治活動やマスコミの取材には莫大な資金が要りますし、これを外国人が負担する事を許して良いのか、本来これは国民が全て負担すべきものではないのかという国民自身の覚悟の問題もあります。

時間がないので詳細はまた今度にしますが日本の運命を誰かのせいにする事は出来ません。全ては国民の責任です。(問題は分かっているのに、解決策も分かっているのに、それを実行出来ないのは単に私に余力が無いからですが。数年早く日本の危機を知っていたらもっと様々な貢献が出来たと思うのですが、今までろくなサポートも出来ず一国民として申し訳ないです。)

投稿: 草薙 | 2011年5月14日 (土) 05時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地域の皆さんによる地域のための“まちづくり”:

« 様々なアイデアや疑問をどこに・・・。 | トップページ | 浦安市の液状化問題 »