« 国土交通委員会で質問しました。 | トップページ | 地域の皆さんによる地域のための“まちづくり” »

2011年4月19日 (火)

様々なアイデアや疑問をどこに・・・。

おはようございます。岩井しげきです。

今回の震災について、様々な疑問やアイデアがうまれます。

野党の自民党・・・、それがなかなか具現化しないことに

苛立ちを覚えています。

今できることは、それをしっかり提案し、具体化に全力を尽くすこと。

今まで多くのことを提案してきました。

先日も、義援金にかかる銀行の手数料について政策審議会長の

山本一太さんに相談しました。

何とか、具体化することを願っています。

(イザ、山本一太さんのブログへ)

http://ichita.blog.so-net.ne.jp/2011-03-31-3

おっと、たまっていた洗濯物が洗い上がりました。

これから、干して議員会館に向かいます。

|

« 国土交通委員会で質問しました。 | トップページ | 地域の皆さんによる地域のための“まちづくり” »

コメント

提案したい事いっぱいあると思います。片山さんに言ってもらうのがいいと思います。民主党をばっさり切り捨てるだけのパワーもっています。片山さんにお願いしたことありますよ。やるやる詐欺減税なんかそうですよ。空き管はやるやる詐欺師ですから。民主党にたいしてむかつくと思います。自分も民主党サボータにはひどい目にあいましたから、岩井さん気持ち分かります。トヨタ労組と京セラですけど。岩井さんにアドバイスするとしたら、被災地に入り、避難所に行って、被災者の話を聞いたり、握手したりして見て下さい。悩み消えると思います。

投稿: 小泉 | 2011年4月22日 (金) 23時27分

取り急ぎ用件のみにて失礼いたします。自民党は下記の件に至った経緯について調査しこれを国会でも追求するべきだと思います。
もう把握しておられると思いますが、事業仕分けによる予算削減や脅し(推測ですが)で本来国家が管理すべき日本の機密を扱う政府調達の業務が韓国や中国などの外資に移り変わっているようです。また日本企業であっても予算の問題から外資に下請けさせているケースもあると思います。これでは日本の雇用は奪われ機密も個人情報も全て外国の管理下に入る事になるのではないかと思います。もし自分の国の機密を外国が管理してこれを拒否出来ないと言うのであれば日本は既に植民地になっていると言っても過言ではないと思います。

個人的な感想ですが今の民主党の内部の混乱も「日本を韓国の管理下におくべきか、中国の管理下に置くべきか」という意図のある人達同士の争いにしか見えて仕方ありませんし、同じ様な感想を持つ方もいます。日本国を維持していく為には政治家も国民も日本の国家としておかしい所を点検し、指摘し、これを広く伝えて世論を巻き起こしていくしかないと思いますが、今の日本人に主権意識のある人達がどれ位いるのかという事が心配です。しかし、ともかくもやるしかありません。

■延世大名誉教授 「斜陽国家の日本が韓国に併合を懇請する日が来る。併合すれば、中国に勝てる」
http://www.dailian.co.kr/news/news_view.htm?kind=rank_code&keys=2&id=243630

■韓国ベンチャー、日本政府機関のプロジェクト受注
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/04/14/0200000000AJP20110414000300882.HTML
(ブログ「そよ風」さんより)
http://blog.livedoor.jp/soyokaze2009/archives/51651859.html
このたび聨合ニュースによると

韓国ベンチャー企業のウイズドメインが、日本の「新エネルギー・産業技術総合開発機構」(NEDO)の特許情報収集サービス事業を受注したことを大韓貿易投資振興公社が明らかにしました.

というのです。

日本のNEDO「新エネルギー・産業技術総合開発機構」は主に通産省の天下りが役員をつとめ多くの一流企業が出向する予算2000億円以上の独立行政法人です。そこがこともあろうに日本の最高レベルの特許の情報収集サービス事業に韓国のベンチャー企業を採用したという記事には思わず「うそー!」と叫んでしまいました。~略~詳しく検索していくとやっと韓国企業だとわかる程度です。NEDOには原発技術をもつ日立等も入っていますが、なにかしらバーターがあったからこそわざわざ日本の特許を検索する事業に韓国を引き入れることにしたに違いないと疑われても仕方ないでしょう。

それどころか、税金を使っているNEDOは国民に説明する義務があるのではないでしょうか。このドサクサに紛れてこっそり発表するやりかたにも怒り心頭です。

NEDOの目的は

「エネルギー・環境分野をはじめとする新技術や産業、経済の仕組みを創造し、その国際展開を図っていく」となっています。NEDOは一般人が入ろうとしても二重三重に身分確認が必要で入れないところです。

正に日本が生み出したばかりの特許が集まるところだからです。

そこに泥棒がフリーパスで入るということになりませんか。
特許は日本の大切な財産であり生命線です。
財産を泥棒に管理させるなんて、
あまりにも国民をなめていませんか?

■(「ブログ中韓を知りすぎた男」国を売る人たち4月15日(金)より抜粋)
http://kkmyo.blog70.fc2.com/page-1.html
人気ブログランキング(政治部門4位)
http://blog.with2.net/rank1510-0.html
韓国ベンチャー企業のウイズドメインが、日本の「新エネル
ギー・産業技術総合開発機構」(NEDO)の特許情報収集サービス事業を
受注したことを大韓貿易投資振興公社が明らかにしました.
(聯合ニュース)

このニュースを見ても多くの人は理解しないまま通りすぎてしまいます
が、これはとんでもないことなのです。つまり日本の政府調達市場で
外国ベンチャー企業がプロジェクトを受注するなど過去にはなかった
異例の事なのです。

「NEDO」は税金を無駄に食べるだけの問題の多い独立行政法人ですが、
日本のためだけに動いていれば我慢も出来ますが、この法人の建前的な
目的は「エネルギー・環境分野をはじめとする新技術や産業、経済の
仕組みを創造し、その国際展開を図っていく」ことなのです。

つまり民間企業、大学、公的研究機関、地方の行政機関等と適切な連携
を推進するコーディネータの役目です。

この独立行政法人が何を狂ったのか自らのプロジェクトを韓国ベン
チャー企業に発注するなどまさに裏切り行為そのものです。このこと
によって日本の企業の機密情報が確実に韓国に漏洩していきます。

推測ですが外国人民主党が業務仕分けを脅し文句に「NEDO」を動かした
のではないかと思っています。

■日本を弱体化させたのは誰か!  4月22日(金)
多くの国民はこの国難に立ち向かうために、国会では連日激論がかわさ
れていると思っていますが、実際は全く何もしていません。その証拠に
この「なりすまし日本人」の民主党からは未だに震災対策のための法案
が国会に1本も提出されていません。

そのかわり訳の分からない会議をやたら立ち上げるだけで何も決定して
いません。この緊急時に「勉強会的な会議」では単なるパフォーマンス
に過ぎません。

その上震災発生からすでに1カ月以上も立っているのに この期に及んで
も「野党にも復興の青写真を作る段階から参加していただきたい」と呼び
かけています。ただただあきれ果てます。

被災者を助けようと義援金は1500億も集まっていますが、政府が抱えた
まま、未だに1円のカネも被災者に渡っていません。
急を要する第一次補正予算案さえ審議されず5月に先送りされています。

遅々として進まぬ復旧、未だに滞る物資補給、菅首相や枝野長官が流す
風評被害、米政府からあきれ果てられ、フランスからはこの民主党政権
を犯罪と酷評され、そして国際社会から怒りの声が上がっています。

帰化人の民主党外人政権は目的通り日本の国体破壊工作に成功しました。

帰化人政治家が密かに集まる隠れ官邸には、五星紅旗がひるがえり、
満面の笑みを浮かべて、酒盛りしているに違いありません。

私たちに敵と戦う用意がありますか、国のために自らの命をなげうって
戦った「英霊」が泣いています。

■日本の闇勢力    4月13日(水)抜粋
ここに至ってアメリカ政府は民主党と共産勢力とのつながりの実態につ
いて公に何らかの決断を下した模様です。

日本の治安当局も、民主党と中国とのつながりの実態を把握しており、
日米の治安当局も意見のすり合わせを既に終えています。

菅、枝野、仙谷の三氏についてはかなり前から、それぞれについて日本
の治安当局もアメリカCIAも海外の共産主義勢力とのつながりの実態を
把握しており、日米は外交上の配慮などから様々な検討を重ねています。

これらの日本崩壊を意図している闇勢力は民主党政権内やマスコミ、
その他相当な人数がすでに把握されています。

戦後すでに60年以上が過ぎました。その間世界情勢は様々の変化を見せ
ています。日本に対する諸外国の姿勢も大きく変わりましたが、変わって
いないのは日本人の精神構造だけです。

そして日本は幼児と同じ考えのまま甘えの姿勢で国際社会の中で生きて
きました。その油断が、なりすまし日本人である外国人勢力に支配され
てしまうことに繋がったのです。

日本は一足跳びに大人にならねばならぬ事態に直面しています。いまや
日本人だけの力では邪悪な勢力を排除することは出来なくなった。
アメリカの力が必要です。アメリカもまともな日本を必要としています。

しかしアメリカ司法省やCIAの指摘は日本の「エージェント・オブ・
インフルエンス」と言われる社会的地位を持ち、その意見がかなりの
ウエイトを持つエージェントが財界、マスコミ、学者、教育界にかなりの
比重を占めていることが致命傷だと言っています。

どいうことかと言いますと、この種のエージェントは自分たちが中国の
利益のために手を貸しているなど決して思わない。また使っている方も
そう思わせてはならない。日中友好とか世界平和などの大義名分を与え、
あとはコントローラーにとって都合の良い情報をリークしていけばごく
簡単に操れる。

「エージェント・オブ・インフルエンス」を操る第一の鉄則は当の本人
に利用されていると気づかせないことなのです。

このようなエージェントが日本には数千~数万いるそうです。コント
ローラーにとって教養があるエリートほど操り易いそうです。

映画の話ではありません。実際の話です。

~原発関連~
■「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」(抜粋)
平成23年(2011)4月21日(木曜日)
http://melma.com/backnumber_45206_5163264/
ミズーリ大学のラッキー博士も同じ趣旨の、低放射線が体に良いという論文を書いていると教えられました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2592990/
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2592990/pdf/drp-06-0369.pdf

何とタイトルは「Atomic Bomb Health Benifits」すなわち「原爆の健康効果」となっています。これは奇をてらった表現ではありません。なぜかというとこの論文は、広島、長崎の被爆者の追跡調査のデータをもとに書かれたさまざまな論文をもとに、あるレベル(閾値)内の放射線を浴びた人々は、健康障害ではなく、遺伝子異常、ガン、寿命などにおいて、通常の人々よりも、よい数値、すなわちより健康であるという事を実証しているからです。
低放射線は免疫機能を刺激することによって健康に良い効果をもたらす、という稲博士の論と基本的に同じことをいっているわけです。~略~ラッキー博士は宇宙飛行士の健康検査を10年以上にわたって研究し、NASAに報告を出しているようです。結論として、「健康に良い放射線レベルは年間100ミリシーベルト」としているそうです。

p.s
この前の選挙で誕生した静岡市の新市長さんが「静岡版事業仕分けをやる」と公約にしていましたが日本の機密や文化・教育・研究開発部門の予算がどうなるか心配しています。
民主党は昨年日本の未来と安全を維持する為に絶対削ってはいけない部分まで削って日本を壊したのに、その負の部分を新市長さんは果たして把握した上で言っているのでしょうか?
原発の件で防災対策の予算は大丈夫だと思いますがその分、他の大切な部分はバッサリやられるかも知れません。

■【事業仕分け】最先端科学技術が次々削減 「科学技術立国」どこへ(産経新聞)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091117-00000649-san-pol
13日のスパコンに関する仕分け作業でも「世界一を目指す理由は何か。2位では駄目か」(蓮舫参院議員)との発言が優位となり、開発事業費を「事実上の凍結」。開発主体の理化学研究所理事長でノーベル化学賞受賞者の野依(のより)良治氏を「(スパコンなしで)科学技術創造立国はありえない」と憤慨させた。
 文部科学省の担当者は「中止すれば日本は最先端コンピューターをつくる技術を失い、1、2年の遅れが致命傷になる。国際競争は一度下りたら復帰することは困難だ」と危機感をあらわにする。スパコン開発は科学研究やジェットエンジン開発などで必須のコンピューター・シミュレーションの発達に影響するため、米国は不況下でも開発予算を増額、中国も最高性能の国産スパコン開発を国家戦略に位置付けているという。

↓1年後

■蓮舫氏、自民・片山氏の「スパコン1番は」追及に「知らない」と白旗 正解は中国
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110308/plc11030814430010-n1.htm
片山氏に「(事業仕分けで)予算をカットされ、完成を遅らされたことで一躍、スパコンランキングの1位と3位に躍り出た国があるが、その国名は」と問われると、蓮舫氏は「(質問)通告がないのでわかりません」と一度は突っぱねた。だが、片山氏が「スパコンの事業仕分けについて質問している。あなたが見直した結果として、トップに躍り出た国名は」と重ねて問うと「存じません」と白旗を揚げた。
 片山氏は、「担当大臣がこの程度の認識だ」と断じた上で、「中国だ」と答えを披露。「この完成が遅れたことよって、ランキングに入っていない中国がそれまでの1位になり、3位になった」と批判した。

■「2位じゃだめか、は愚問」ノーベル賞・鈴木さん
http://sankei.jp.msn.com/science/news/110122/scn11012206190011-n1.htm

投稿: 草薙 | 2011年4月26日 (火) 07時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 様々なアイデアや疑問をどこに・・・。:

« 国土交通委員会で質問しました。 | トップページ | 地域の皆さんによる地域のための“まちづくり” »