« 窒素ガスを使用するより、液体窒素を使用せよ!? | トップページ | 国土交通委員会で質問しました。 »

2011年4月10日 (日)

本日、統一地方選挙の投開票です。

こんにちは、岩井しげきです。

本日、統一地方選挙の投票日です。

さて、静岡県警の統一地方選挙違反取締本部によると、

静岡県で選挙をめぐる警告件数は今月2日時点で94件に上りました。

その中で候補者名の連呼行為といった言論の警告件数は前回より減りました。

東日本大震災で選挙カーの自粛を申し合わせる動きが背景にあるとみられています。

私が選挙応援で回った各地で同じような状況でした。

先日、このブログで無用な自粛は控えるべきとの考えを書きました。

選挙は自粛すべきなのでしょうか?

この自粛ムードでもし、訴えるべき政策を訴えることができなかったとすれば

それは、間違っていると思います。

このような状況だからこそ、被災地など実施困難なところは除き

選挙はしっかりと行うべきだと思います。

参政権は国民の権利なのですから・・・。

皆さん、投票にはもう行きましたか?

|

« 窒素ガスを使用するより、液体窒素を使用せよ!? | トップページ | 国土交通委員会で質問しました。 »

コメント

期日前投票に、行きました。
浜松市東区代表: 花井和夫さん(市議) と 中沢公彦さん(県議) に投票しました。
~両者ともに、ホームページを持っています。~

投稿: プレイボール! | 2011年4月10日 (日) 17時53分

自民党大躍進でしたね。
と、いうより民主党が酷すぎたか。
自民党の報道が少なかったので心配していましたが杞憂で良かったです。でも、これから大変ですよ。管さんは以前、支持率1%になっても全く辞めるつもりは無いと言っていましたから・・・。

で、以前投稿したものと一部重複しますが以下は東日本大震災関連の報道集です(要旨抜粋)

~故に東京も危険だという主張の記事
■降下セシウムは核実験時代の3倍 「早く沈静化を」と専門家(2011/03/25【共同】)
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032501000755.html
市川さんによると、米国、旧ソ連、英国が63年に部分的核実験禁止条約に調印するまで、米ソは盛んに核実験を繰り返した。63年に東京で確認されたフォールアウト(放射性降下物)のセシウム137は年間1平方キロメートル当たり52ミリキユリー。換算すると1平方キロメートル当たり1924メガベクレルになる。
 文科省によると、今月18日以降、東京で降下物として検出したセシウム137は、24時間ごとの値で最大だった21日午前9時~22日午前9時は5300メガベクレルで、63年の1年間の約2・8倍になった。降雨で降下物が多かったとみられ、翌日以降は400メガベクレル以下に減少した。
 市川さんは「問題はどれだけ体に入ってくるかだ。長引くと農作物の濃度が高まりやすく、厄介だ」としている。

■福島第1原発:放射線の蓄積、注視必要 累積被ばく問題も(毎日2011.3.22)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110323k0000m040075000c.html
被ばく医療に詳しく、福島県の放射線健康リスク管理アドバイザーも務める山下俊一・長崎大教授は、福島市の累積放射線量について「直ちに健康に影響を与える値ではないが、もし今後もこの値が長く続いたり悪化するようであれば好ましくなく、政府が新たな手立てを検討すべきだ」と話す。
 一方、放射性物質を吸い込むことで起こる「内部被ばく」に詳しい矢ケ崎(やがさき)克馬・琉球大名誉教授(物性物理学)は「政府の『直ちに健康に影響しない』という発言は、その後の影響がまるでないように言っており問題だ。放射性の微粒子が体に入ると、体にとどまるため継続して被ばくを受ける。吸い込みを防ぐためにはマスクをする以外にない。野菜などの食品も水でよく洗ってから食べて」と話す。
 ◇自然放射線
 国連の報告によると、人は普通に暮らしている状態でも、大気中に含まれるラドンの吸入や、食物、宇宙線などによって年間約2400マイクロシーベルト(世界平均)の放射線を受ける。日本はラドンなど気体の放射性物質が少ないため、年約1500マイクロシーベルトと低い。ブラジルやイランでは地域によっては年間1万マイクロシーベルトに達している。

■最大で1時間1万テラベクレル 国際尺度、最悪の7も (東京 04/12)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011041101001184.html
福島第1原発の事故で、原子力安全委員会は11日、原発からは最大で1時間当たり1万テラベクレル(テラベクレルは1兆ベクレル)の放射性物質が放出されていたとの試算を明らかにした。
 政府はこれを受け、原発事故の深刻度を示す「国際評価尺度(INES)」で最も深刻な、旧ソ連のチェルノブイリ原発事故に並ぶ「レベル7」とする方向で検討に入った。

■チェルノブイリ原発事故・終わりなき人体汚染 1/4 (10年位前のNHKの放送)
http://www.youtube.com/watch?v=rCX1A3yJLqI

以下~故に東京は安全だという主張の記事
■【高田純】福島原子力発電所の行方[桜H23/3/15]
http://www.youtube.com/watch?v=B5KeT0JBq-w
~解説~
「東北地方太平洋沖地震」で被災した福島第1原子力発電所は、冷却機能が喪失され、危険な状態が続いている。一部では、まるでチェルノブイリ事故の再発かのような報道がな-されているが、果たしてそれは妥当な表現なのか?発表された放射線量データなどを基に、放射線防護の専門家である高田純教授に解説していただきます。

■福島第1原発:日本への渡航制限「必要なし」 WHO(毎日3月19日)
http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110319k0000e030023000c.html
 【ジュネーブ伊藤智永】世界保健機関(WHO)は18日、福島第1原発の放射能漏れ事故に関連し、原発から半径30キロ圏内を除けば、現時点で東京都内を含め日本への渡航を制限する必要はないとの見解を公表した。東京からの「避難」や、日本から輸出された食品への「警戒」も不要だと指摘した。

■枝野に惑わされるな!原発ほんとうのこと「首都圏脱出の必要なし」(ZAKZAK2011.03.18)
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110318/dms1103181151001-n1.htm
★原子力の専門家が解説 2011.03.18
 「外出時はマスクを」「水道水は飲まないように」。福島第1原発の事故による放射能漏れを受けて、首都圏でもこんな情報が出回り、不安は高まるばかりだ。いずれは家を捨て、首都圏から脱出しなくてはならないのかと思う人もいるだろうが、「その必要はない」と語るのはシンクタンクの独立総合研究所代表、青山繁晴氏。内閣府の原子力委員会専門委員を務め、原発の安全性に詳しい青山氏に「ほんとうのところ」を尋ねた。

■福島第1原発:東京、「健康上の危険ない」 IAEA(毎日2011年3月19日)
http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110319k0000e030024000c.html
【ベルリン小谷守彦】国際原子力機関(IAEA、本部・ウィーン)のグラハム・アンドリュー科学技術担当補佐官は18日、同機関の専門家チームによる放射線量計測の結果、「東京都内で健康上の危険はない」との評価を明らかにした。

■今の放射線は本当に危険レベルか、ズバリ解説しよう(日経2011年3月24日)
「水道水、牛乳は飲んでも大丈夫か」「暫定規制値とは」「チェルノブイリと何が違うのか」――第一線の専門家にインタビュー
放射線健康リスク管理アドバイザーに就任した長崎大学大学院の山下俊一・医歯薬学総合研究科長
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110323/219112/?rt=nocnt
確認されているのは、甲状腺がんが唯一

―― 放射線物質には、ヨウ素やセシウムなど様々な種類があります。

 山下 気をつけなければならないのは、放射性物質の「ヨウ素131」です。チェルノブイリ原発事故から25年。12万人のデータがあります。
実は、発がんなどの疾患で確認されているのは、甲状腺がんが唯一なのです。そして、甲状腺がんを引き起こした原因が、ヨウ素131です。

(編集部注:放射性物質でないヨウ素は甲状腺ホルモンの構成物質で、人間にとって必須の元素である。体内には常に存在しており、海藻
などから取り込んでいる。甲状腺には、ヨウ素を取り込んで貯める機能がある)

 ただ、ヨウ素131は(放射能が半分になる)半減期が8日と短い。尿からも排出されやすい物質です。甲状腺に貯まることだけが心配です。
それを防止する効果がある「安定ヨウ素剤」が話題になり始めたのはそのためです。

(編集部注:安定ヨウ素剤は、甲状腺が「ヨウ素131」を取り込まないように、あらかじめ放射性物質でないヨウ素を摂取するための薬剤)

 ただ、チェルノブイリのデータでは、発がんなどの発症率と放射性物質の被ばく量には、明確な関係性が見られません。どれだけ摂取したら
発症すると、はっきり言えるものではないのです。

 ちなみに、半減期が30年の「セシウム137」は、体内に入ると筋肉へ行きます。ただし、チェルノブイリの症例を見ても肉腫など筋肉のがんは1
例もありません。この点からも、注意しておくべきはヨウ素といえます。

■【ワイドショー通信簿】1960年代いまの1万倍も放射能汚染―「だから大丈夫」という胡散臭い話
朝ズバッ!2011年03月31日提供:J-CASTテレビウォッチ
http://news.livedoor.com/article/detail/5455401/
清水正孝社長の入院で陣頭に立つことになった東京電力の勝俣恒久会長が、きのう(2011年3月30日)初めて会見した。福島第一原発1~4号機の「廃止」を明言し、現状を「一応の安定をみることができた」とした。
これに原子力安全委員会は「圧力容器についても何らかの損傷がある」と、これまでの保安院の見解を否定、「事故は終息していないし、予断は許さないと思うのが普通で、それに対応するのが事業者の責任だ」と厳しい見解を示した。
安全委員会がなぜいまごろ出てきたのかはともかく、言っていることは東電や保安院よりはまともだ。
「圧力容器が壊れてる?」というみのもんた(司会)に、諸葛宗男・東大特任教授は「汚染水のなかに圧力容器内部の成分がみつかっているし、放射線量からいってもそう判断せざるをえない」という。
「私らその空気を吸って、お米を食べて育ってきた」
みのが突然、「明日から4月ですよね。稲作への影響はないんですか」と聞く。待ってましたとばかりに、諸葛教授がグラフを出した。何かと思ったら、1960年代からの大気中の放射性セシウムの測定結果だった。
 「当時はいまより1万倍も高い値だった」
みの「???」
諸葛「核実験をバンバンやってましたからね。当時中学生くらいだったあなた(みの)もわたしも、その空気を吸って、 お米を食べて育ってきた」
みの「……」
グラフで1か所だけピッと高くなっているのが、チェルノブイリのとき。そして今回も高いピークになっている。
諸葛「高くていいということはないが、全く心配することはないんです」
みのより年配の人たちなら先刻ご承知のことだが、あらためて数字を見せられるとギョッとする。この野郎という思いと、人間は丈夫なんだという複雑な思い。そう、われわれはたっぷり吸い込んできたんですよ。
とはいえ、この数字を出すのなら、なぜ野菜や牛乳汚染の発表の時に出さなかったのか。出し方にどことなくうさん臭さを感じてしまうのは、へそが曲がってるんだろうか。

■「頑張れ日本!全国行動委員会」田母神俊雄会長Twitterより(4月6日頃)
http://twitter.com/toshio_tamogami
東大の稲医学博士の福島原発の放射能は全く危なくないという講演がYouTubeで、3/25から流れています。最初は信じられない思いで見ていましたが、あれから10日も経つのに医学者の反論が出て来ません。稲博士の言うことが正しいとすれば、いまの我が国政府の対応は根本的見直しが必要です。
7:45 PM Apr 4th TwitBirdから

↓これでしょうか。(10日時点で15万再生)
福島原発事故の医学的科学的真実: 稲 恭宏博士 緊急特別講演 1 (護国神社にて)
http://www.youtube.com/watch?v=PQcgw9CDYO8

~稲 恭宏( いな・やすひろ )博士プロフィール~
東京大学 大学院 医学系研究科
病因・病理学/免疫学 専攻 博士課程修了。博士(医学)。
東京大学 医学博士で病因・病理学、免疫学者。
『 低線量率放射線療法 』の発見確立者で、
放射線の医学的科学的真実を証明した世界的権威の医学英文論文多数

↓こちらのブログ主様が簡単に解説して下さっています。

--------------------------------------------
■低線量率放射線効果の驚くべき健康増進力 ,持病も治る福島県産の農水産物
http://blogs.yahoo.co.jp/mozugoe/2968845.html
放射線医学の専門家であり世界的な権威、稲 恭宏(いな、やすひろ)先生が、講演発表されました。先生は、放射線治療の長年の研究から、低線量率放射線療法を開発され、実験により証明されたことを元に発表されています。
それによると、高線量率による被曝と低線量率による被曝とはまったく質が異なります。福島原発における放射線量は、チェルノブイリ事故や広島長崎のような高放射線量のものとは全く異なるもので、福島原発の放射線が、人間が地上で数十センチジャンプする力にたとえるなら、チェルノブイリや広島長崎は、宇宙ステーションに届くようなジャンプになるそうで、もう全く別物なのだそうです。

~略~

先生は長年実験してきて、英文学術ジャーナルに発表されています。マウス実験でも低線量率放射線療法を施したマウスは毛並みも良くなり、がんも発生せず、寿命も伸びて、普通のマウスよりも体格が良く健康が増進するそうなのです。
先生は、今回のことはちょうどこの低線量率放射線療法と同じであり、今後福島県産の野菜や海産物はむしろどんどん食べたほうが健康によいといわれます。今までテレビや原子力委員会で説明してきた専門家と言われる人々は、勉強不足だといわれます。数年前の東海村の事故の時も、先生に原発関係のおえらい方が、安全性を訪ねにこられ、その時先生は施設外では全く問題ないと応えて、安全性を保証されたことで事態を収束させることができました。

今回も政府の発表や専門家と言われる人々のあまりの勉強不足による嘘の発表とひどい風評に、発表の講演を行うことにされ、昼夜を問わず説明のためのデータの表や図を作成されて、講演を行われました。福島に行くだけで、健康が良くなり、免疫力が高まります。福島の農水産物、水も大いに食べて飲んだほうが、健康が増進します。
--------------------------------------------

・・・だそうですよ。
スリーマイル以上チェルノブイリ以下というのは各記事から読みとれますがその危険性の有無についてはバラバラでした。
私も今回の福島原発関連の報道では矛盾する報道が多すぎてどれを信じて良いのか惑わされましたがWHOやIAEAや私が個人的にも信頼している先生方の言葉を信じる事にします。

復興に向けて頑張ろう!日本!!
(その為には人災(テロ)を引き起こすテロリスト内閣には退陣して頂かなくてはなりません。)

あと、以下は政府と報道がおかしい理由に迫る記事
■だから東大教授はTVで「安全」を強調するのか(日刊ゲンダイ2011年4月7日)
http://www.gendai.net/articles/view/syakai/129850
●東電から大学院に6億円の寄付
 原発事故が起きてから、原子力関係の東大教授がやたらとテレビに出るようになった。たいていは現状を追認して「心配ありません」と言うだけなのだが、これには理由がある。東大と東電はズブズブの関係なのだ。
 まずは別表を見て欲しい。東大の「寄付講座・寄付研究部門設置調」という資料から、東電が出資している寄付講座を抜粋した。寄付講座とは、企業からの寄付で研究活動を行う研究室のようなもの。他社との共同のものもあるが、東電の寄付金の額を全部足すと、6億100万円に上る。ほとんどが大学院工学系研究科の講座だ。NHKによく登場する東大大学院の関村直人教授が所属しているのが工学系研究科である。東電からもらったカネで研究している学者が、東電に不利なことを言えるわけがないのだ。・・・

■雑誌が放射能危機煽る背景に反原発活動家のプロパガンダあり(NEWSポストセブン2011年04月08日)
http://news.livedoor.com/article/detail/5474973/
今回の原発事故をめぐって扇動的な報道が目立っているのはなぜか。ことが原子力や放射能に関わると、すぐに科学ではなくイデオロギーが登場するからだ。
某誌のように、「放射能でもうすぐみんな死ぬ」みたいな記事を作りたいなら簡単だ。世界中の様々な学会に「あらゆる原子力は人類の敵だ」と執念を燃やす人たちがいて、そういう学者からコメントを集めればよいのである。

ただし始末が悪いのは、そういう学者は専門知識が乏しいのに「○○原子力研究所教授」などの、それらしい肩書きを持っていたりする。実は、そうした「研究所」自体が原発反対活動家の団体というケースが多いのである。
~略~
反原発活動家たちは、ここぞとばかりにネットで、原発の周りでは放射能が漏れがんが多発しているといった話を垂れ流している。自分たちの「活動」のためなら、根拠のない嘘で多くの人たちが差別を受けても何とも思わないらしい。
もちろん、原発が多い福島や新潟、福井などで先天性異常や白血病、がんの発生率が特に高いというデータは、いかなる調査・研究でも全く見られない。
自分たちの主張にとって不都合なデータや発表があると、「それは嘘で真実は隠されている」という論理で逃げるのが、煽る人たちの特徴である。きっと活動家は、根拠がなくても、「本当は健康被害があるのに隠されている」と強く主張するだろう。これを世間では謀略史観、あるいは妄想癖と呼ぶ。
ジャーナリストならば、「何か隠されている」ではなく、何が隠されているか取材で突き止めてから報じればいい。

■「ここまで露骨に癒着していたとは」東電・ゼネコン・仙谷由人氏が夜の銀座で...(日刊サイゾー2011年4月11日)
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20110411/Cyzo_201104_post_7040.html?_p=1
『陰の総理・仙谷由人vs.小沢一郎』
(徳間書店)
 いまだ解決の見通しが立たない、東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所の放射能漏れ事故。そんな中、銀座のクラブ関係者から東電幹部と、ゼネコンや政治家との"不適切な関係"が漏れ伝わってきている。
 特に、東電と準ゼネコン・水谷建設とのそれは顕著だ。水谷建設といえば「政商」として有名で、5年前には脱税で元会長が逮捕されている。その脱税で作った裏ガネが、政界や裏社会に流れたのではないかとささやかれている。
 この脱税事件の元となったのが、福島第二原発の残土処理事業。この事業は東電から前田建設工業が受注し、その下請けとして水谷建設が行っていた。水谷建設が孫請け業者に業務を発注した時に、所得隠しが行われたとされている。この事件をめぐっては、東電からの発注金額が不適正だったのではないかと、東電の元会長が特捜部の事情聴取を受けていた。つまり当局は、東電が発注額を上乗せし、その過剰資金を使って、水谷建設に政界や裏社会に対して裏工作をさせていたとにらんだのだ。
 結果的に、政界や裏社会に捜査のメスが入ることはなかったが、東電と水谷建設の蜜月ぶりは明らかになった。銀座のクラブ関係者は「脱税事件が起こる前までは、東電の幹部連中は毎晩のように銀座8丁目の高級クラブ『S』で、前田建設と水谷建設の接待攻勢に遭っていましたよ。払いはすべて水谷。東電の幹部の中には店のホステスを愛人にして、その手当まで水谷に面倒を見させていた人も居たんです」と言う。もちろん、…

嫌でもメディアリテラシーが鍛えられますね。
まずは報道が「事実」かどうか検証していかないと。

以下は電力対策とか放射能対策とかの記事です。
■夢の発電技術を米大学が研究中、「1.5リットルの生活廃水で1日分の発電ができる」(RocketNews2011年3月28日)
http://rocketnews24.com/?p=83591&utm_source=feedburner&utm_medium=feed
米マサチューセッツ工科大学(以下:MIT)の研究者は、植物の光合成の原理を応用し、発電する研究を進めている。このほど、太陽光発電よりもはるかに効率的で、無駄のない発電方法について発表を行った。それによると、早ければ来年までに、一般家庭の電力源を、生活廃水1.5リットルでまかなえるかもしれないというのだ。~すでに商業化に向けて、インドの企業「タタ・グループ」と開発を進めているとのことだ。現在はその準備段階にあるのだが、早ければ来年までに冷蔵庫サイズの小さな寸法の発電機で、小さな家庭の電力をまかなうことができるようになる。しかもその動力は、1日1.5リットルの生活廃水で済むとしている。
まさしく夢のような発電技術。是非とも早い段階で実用化して頂きたいものだ。
参照元:livemint.com(英文) Youtube/USdepartmentofenergy

■放射能除去に効果を発揮する「ヒマワリ」 世界一受けたい授業で紹介
http://convenience.typepad.jp/naze/2010/11/%E3%83%92%E3%83%9E%E3%83%AF%E3%83%AA.html
昆虫や動物の能力や性質を活かし最新技術に取り入れることで「人類の生活はもっと豊かになる」
筑波大学付属小学校:鷲見辰美いわく自然が生んだ驚異の発明
●放射能除去に効果を発揮する植物
それは「ヒマワリ」
土壌の放射性物質を根から吸収する能力がいくつかの植物にある事が分かった
なかでもヒマワリの吸収率が最も高い
危険性がなくなるまで30年以上かかる土壌の放射性物質をわずか20日で95%以上も除去

■ ビールが放射線を防護する効果がある
ビールの麦芽が放射能に勝つらしい。これは研究者が学会に報告していることなんで正しいんだろう。まぁ、なんでもやってみりゃいいんだよ(笑)。

以下、独立行政法人放射線総合医学研究所の記事。
http://www.nirs.go.jp/news/press/2005/08_11.shtml
平成17年8月11日
独立行政法人 放射線医学総合研究所
【概要】
放射線医学総合研究所 (佐々木 康人 理事長) 粒子線治療生物研究グループは東京理科大学薬学部放射線生命科学の研究チームと共同で、ビール成分が放射線を防護する効果があることをヒトの血液細胞やマウスを用いた実験で明らかにした。アルコール飲料に放射線を防護する効果があることはすでに報告していたが、ビールに溶けこんでいる麦芽の甘味成分などに放射線により生じる染色体異常を最大で34%も減少させる効果があることをつきとめたのは初めて。

同研究グループは、広島・長崎の原爆やチェルノブイリ原発事故被害者のなかにアルコール飲料で放射線障害が低減されたという話がある事をきっかけにして研究を展開。ビールを使った実験でビールそのものに放射線防護効果があることを明らかにしてきたが、ビールの中の何に放射線防護効果があるかは、未解明のままであった。今回、ビール中のアルコール分(エタノール)に加え、ビールに溶けこんでいる成分にも放射線防護効果があることをつきとめ、放射線被ばくの前にビールを飲むと、放射線による障害から防護されることを示した。今後、同研究グループは、さらに放射線防護成分の探査を行うとともに放射線をあびた後の防護効果の確認、血液以外の臓器細胞に対する効果、作用のメカニズムの解明などに研究を発展させていく。

放射線防護剤にはさまざまな薬が開発されているが、副作用を伴うものもあり、新たな薬剤開発が待たれている。今回の成果は、新たな放射線防護薬剤開発に一石を投じるものとされる。

【背景】
放射線防護剤は一般には入手が困難であり、また副作用を伴うものが多く、長期間の服用にも課題が残る。このためニンニク、朝鮮人参、味噌などの食品や食品成分による研究が進められている

投稿: 草薙 | 2011年4月12日 (火) 07時20分

↓記事が抜けました
■経産省、エコポイント再導入を検討(サンスポ抜粋2011.3.28)
http://www.sanspo.com/shakai/news/110328/sha1103281138012-n1.htm
 経済産業省が、東日本大震災による電力不足対策の一環で、現行の省エネ家電のエコポイント制度が3月末購入分までで終了した後、関東、東北地方を対象に制度を再導入する方向で検討していることが28日分かった。被災地で家庭の節電を促すのが狙い。今後具体策を詰め、補正予算への反映を目指す。~略~新たな制度では地域を絞り、対象商品も薄型テレビを外して、エアコンや冷蔵庫、発光ダイオード(LED)など日常生活で必要度の高いものに限定する計画。現行制度と同様、ポイントを商品券などに交換できる仕組みを想定している。
 経産省はこのほか、企業向けにも省エネ機器の普及やガス活用の支援策を検討している。(共同)

経産省頑張れ!

p.s
夕刊でケタ違いの放射能放出とか見出し出ているのですが日本間に合うかなぁ・・・。

投稿: | 2011年4月12日 (火) 18時25分

済みません、訂正です。民主党が惨敗したのは確かですが「自民党が大躍進した」という訳では・・・無かったですね。記事の見出しで判断していたのですが中身を読むと議席減っていますし、ホントに失礼致しました。

新聞は講読しているのですが多忙のため最近はそちらを読まずにネットの見出しだけを流し読みして記事を判断する悪い癖が付きました。
お伝えしたい事は沢山あるのですがとりあえず震災のドサクサに紛れて例の法案が動き始めたそうなので関連記事置いときます。

■短信・再び動き出した人権擁護法案について
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/2239063/

■ひどい!神奈川県知事候補の露木、外国人参政権推進派!
さらに震災のどさくさに紛れて社民党が外国人住民基本法の提出!
http://www.nikaidou.com/archives/12192

■菅政権ネット規制強化 国民をもっと信用すべきと専門家指摘
http://www.news-postseven.com/archives/20110411_17219.html

■新たな刑事司法制度構築
可視化先行、捜査能力低下の恐れ
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110408/trl11040820500004-n1.htm

■震災乗じ「海外移籍話」
東北大研究者らにメール「研究できない」は風評
http://sankei.jp.msn.com/science/news/110407/scn11040722460003-n1.htm

■東電ストップ高、外資が筆頭株主になる日も?
http://media.yucasee.jp/posts/index/7213?la=nr3

ネット監視の件はデマだという記事もありますがもしこれが通れば大変です。

孫社長も引っかかった!? 「コンピュータ監視法案」の中身
http://npn.co.jp/article/detail/10715016/

平沢議員や棚橋議員が指摘する、反社会的な団体との関係が疑われている政党からそちらに個人情報が筒抜けになるという事ですから私も覚悟を決めなくてはなりませんよ。

2011.02.21(月) 衆議院 予算委員会 平沢勝栄
http://www.youtube.com/watch?v=GjeLnC_IdEM&playnext=1&list=PL523A0DDBB117D8ED
2.8 衆議院予算委員会 棚橋議員の質疑
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110208/stt11020821090008-n1.htm

あと、先日の「地震が人工的な物ではないか」という疑念を持たせる記事、ショートカットの作成を忘れてしまっていてやっと見つけました。
--------------------------------------------------
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-1474.html
【福島原発】 上野通子 緊急時迅速放射能影響予測 (SPEEDI)

http://www.youtube.com/watch?v=9AwN8h9OBWQ&nofeather=True
(動画)
2011.03.24(木) 参議院 文教科学委員会
”データが正確でないから公開しなかった”

【関連情報】
矛盾した政府答弁、吉野正芳(自由民主党・無所
属の会)質問6分から
吉野正芳(自由民主党・無所属の会)  10時 59分  34分
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=40879&media_type=wb&lang=j&spkid=19594&time=02:05:56.5
2011年.東日本大震災(東北太平洋沖地震)津波:福島相馬市
ttp://www.youtube.com/watch?v=ppNs6L0wvd8&nofeather=True
福島県相馬市津波
http://www.youtube.com/watch?v=01TLS_nOCSM&nofeather=True
日米合同の集中捜索終了
ttp://nippon-end.jugem.jp/?day=20110406
地震発生後10日目の3月21日の放射能汚染状
況図では東北地方太平洋沖海域の汚染が福島第一原発の汚染と連続していないので福島第一
原発から拡散したのではない事が判る。 
即ちこの海域で3月21日以前の地震発生の日に
放射能を伴う爆発が有った証拠となる。
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/okbr/fsgp.jpg

広範囲の地盤沈下で未だに引かない海水がある、
データーを公開しなかった理由は、地盤沈下の
原因となった地震の発生源である東北地方太平
洋沖海域を死の灰で汚染するまで、隠しておくた
め。 
事故当初自衛隊によるヘリコプター海水投下作
戦、思い返せば自衛隊特殊部隊隊員を被爆させ
る以外にこの作戦には何も得るところが無かっ
た、こんな作戦を強要したのも、放射能で汚染さ
れた水を深夜に密かに放出させたのも
その目的が地震源である東北地方太平洋沖海域
が放射能で汚染されたのは福島原発 から流出し
た死の灰で汚染された事にする為の偽装工作。

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
2011-04-08 金 20:22:39 /URL /愛信 /編集
--------------------------------------------------
あと、こちらの希望の持てる記事も紹介しておきますね。
■生産能力10倍 「石油」つくる藻類、日本で有望株発見(抜粋)
http://www.asahi.com/science/update/1214/TKY201012140212.html
研究チームの試算では、深さ1メートルのプールで培養すれば面積1ヘクタールあたり年間約1万トン作り出せる。「国内の耕作放棄地などを利用して生産施設を約2万ヘクタールにすれば、日本の石油輸入量に匹敵する生産量になる」としている。

投稿: 草薙 | 2011年4月14日 (木) 10時28分

こんにちは
たまたま、ブログを拝見してコメントしました。

政治には疎く難しいことは分かりませんが、
いま日本は大変な状況なので、是非政治の力で
一日もはやく日本(特に東北)が復興できるようにしていただけたらなぁ、と思います!

一般人ができるのは、募金くらいなので毎日コンビニなどで少しずつ募金してます

一般人があと手伝えることと言ったら、どんなことがあるでしょうか?


投稿: ub | 2011年4月16日 (土) 14時05分

「鈍感力」(検索上位の記事抜粋より)

■「鈍感力」はやっぱり成功の秘訣?
http://executive.itmedia.co.jp/hensyubu/archive/67/0
「鈍感というのは才能だ」。作家の渡辺淳一氏はこう話す。いちいち気にせず立ち直る鈍感力は、仕事の上でも良い結果を得るための1つの秘けつなのかもしれない。

■「鈍感」とは極めて前向きな生き方である 『鈍感力』の著者、渡辺淳一氏に聞く
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20070302/120192/
作家になってからも、鈍感力の大切さを痛感しました。この世界も、生き残りを懸けたサバイバルゲーム。だから、たくましさが必要です。もちろん才能は欠かせないけど、それを持続し、大きくしていくためにはいい意味で自己中心的な鈍感力は欠かせない。作品に個性がないと生き残っていけませんから。

■鈍感力
http://www.shiawasehp.net/hint/6donkanryoku.html 
以前、小泉元首相が、渡辺淳一さんの本『鈍感力』から、
「目先のことに鈍感になれ」「鈍感力が大事だ」と言い、
“鈍感力”という言葉が話題になりました。

渡辺淳一さんのブログの中に、次のよう書いてありました。

「鈍感なのは生きていくうえで、強い力になる」
「ひりひりと傷つき易い、鋭く敏感なものより、
たいていのことではへこたれない、鈍く逞しいものこそ、
現代を生き抜く力であり、知恵でもあるのです」

■鈍感力 [単行本] 渡辺 淳一
http://www.amazon.co.jp/%E9%88%8D%E6%84%9F%E5%8A%9B-%E6%B8%A1%E8%BE%BA-%E6%B7%B3%E4%B8%80/dp/408781372X

肝心の著書はあまり評判が芳しくないようですが色々考えさせられる言葉です。
何に鈍感になるかが問題だと思うのですが政治家も国民もその内容次第では国を滅ぼしかねません。
私は昔から物事に過敏なきらいがあって、それも一長一短ですが良い意味で鈍感になりたかったです・・・。

投稿: 草薙 | 2011年4月16日 (土) 19時05分

ubさん コメントありがとうございます。被災地以外の人ができること・・・いろいろあると思いますが、このブログにも書きましたが、「無用な自粛を自粛する」こともその1つだと思います。景気をよくするためにも、無用な自粛はやめて、景気を良くするためにも、イベント、まつりなど計画停電に影響しない範囲でしっかり行うことだと思います。
自粛ばかりしていては、気が滅入ってしまいますしね!

あとは、今夏は電力不足になります。今のうちに無駄な電気は使わない習慣をつけるのも大切かもしれません。

投稿: 岩井しげき | 2011年4月18日 (月) 20時12分

節電ですね!!!

心がけます!

以前ニュースで、
天皇皇后両陛下が自主停電しているニュースを見てとっても感動しました~(p_q*)

避難所に行かれた時もひざまずいてお話されていて

なんて心優しいおじいちゃん、おばあちゃんなんだろうって...
(すいません^^;)

では、選挙がんばってください


投稿: ub | 2011年4月20日 (水) 07時09分

選挙に行きました。牧野さんにいれました。地方選、いい結果だと思います。山本一太さんの動画見ました。倒閣ですね。個人的にはもちろん倒閣です。民主党サボーター悪魔ですから。岩井さんにドリンクあげましたよね。ドリンクにバワー入れた先生、猪口さんの動画に出ています。猪口邦子さんゲストに登場という動画です。是非見て下さい。

投稿: 小泉 | 2011年4月28日 (木) 08時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本日、統一地方選挙の投開票です。:

« 窒素ガスを使用するより、液体窒素を使用せよ!? | トップページ | 国土交通委員会で質問しました。 »