« 自粛を自粛せよ! | トップページ | 日本の信頼を守れ! »

2011年4月 5日 (火)

豊かな海を守れ!

こんにちは、岩井しげきです。

福島県の沖合は、寒流である親潮と暖流である黒潮がちょうど交わる「潮目の海」と呼ばれています。また、親潮は栄養が豊富で、魚のエサになるプランクトンなどが多く、黒潮は、親潮のプランクトンをエサとする多くの魚がすむ日本でも有数の豊かな漁場となっています。

 その豊かな海に昨日、突然、濃度は低いと言われていますが放射能に汚染された水が捨てられました。

 最初は低濃度の汚染水を貯留するために我が静岡県静岡市にある『メガフロート』という大型浮体式構造物にその汚染水を一時的に貯える予定だったはずです。何故、急きょ直接海に放出することになったのか、どこに緊急性があったのか政府、東京電力はしっかりと国民に説明すべきです。

この手段がやむを得ないにしても、私たちはこの現実を重く受け止めなければいけないと思います。

 政府、東電は全力でこの豊かな海を守ること、そして緻密なモニタリングを行い、この海の安全性を見守り、風評被害の防止に取り組まなければならないと強く感じます。

これ以上、管総理、民主党政府にはこの国を任せておけない!!

|

« 自粛を自粛せよ! | トップページ | 日本の信頼を守れ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊かな海を守れ!:

« 自粛を自粛せよ! | トップページ | 日本の信頼を守れ! »