« 日本の信頼を守れ! | トップページ | 本日、統一地方選挙の投開票です。 »

2011年4月 7日 (木)

窒素ガスを使用するより、液体窒素を使用せよ!?

 おはようございます。岩井しげきです。

 本日、東京電力は福島第1原発事故で、1号機の原子炉格納容器内への

窒素ガス注入作業を始めました。

窒素を充満させ、爆発の恐れがある水素と酸素を

容器内から追い出すのが狙いです。

 たまたま、昨日、静岡の支援者の方から1つの提案をいただきました。

偶然にも、窒素つながりの話題ですが、原発の冷却に液体窒素

使ったらどうか?というものです。

現在、大きな問題となっている汚染された水の取り扱いですが

液体窒素を使えば、これを最低限に押さえることができます。

また、液体窒素であれば気化しても、問題を引き起こしません。

むしろ、今回の窒素ガス注入作業につながることになります。

関係者の皆さん、

窒素ガスを使用することより、液体窒素を使用することを検討してみては

いかがでしょうか?

※液体窒素・・・冷却剤としてよく使用される。液体窒素温度(-195.8 ℃、77K)から液化する。

|

« 日本の信頼を守れ! | トップページ | 本日、統一地方選挙の投開票です。 »

コメント

効果出ているみたいですね。4月4日の朝に原発は3日後から急速に進み3か月で収拾するという話を聞いたので、ブログの内容みてびっくりしました。片山さんも凄い事しましたけど、岩井さんも凄い事しましたね。片山さんの凄い事は沖縄県知事を当選に導いた事です。これを機会に支持率上がるといいですね。今日投票に行きました。片山さんの事務所は県議は中野さん、市議はまきのさんと言われました。岩井さんの事務所も一緒ですよね。今日牧野さんと話をしました。原発の事、もちろん話ました。

投稿: 小泉 | 2011年4月 9日 (土) 18時14分

液体窒素というと時々TVで見かけますが、一瞬でバナナを凍らせて釘を打つ事が出来るというアレですね。

でも金属って急激な温度差で劣化する性質がありますから内部設備の材質にもよるのでしょうけど、仮に加熱した原発にそのまま液体窒素を流し込んだらバリッと割れそうなイメージがあって何だか怖いです。

具体的にどういう活用の仕方があるのか素人の立場ではよく分かりませんが、アイデア自体は分かりますし、ある程度気化させてから流すとか色々な方法もあるのでしょうけど、やっぱり専門家でないと駄目ですよね。とりあえずあちこち問い合わせてみますか。でも、今の政府じゃ誰の提案も聞く気なんか無さそうですけど・・・。

投稿: 草薙 | 2011年4月10日 (日) 08時56分

東日本大震災関連のニュースを集めてみたのですが民主党は自身の行為で現場を滅茶苦茶にして被害を拡大させておきながら、その被害の保障などで国民の支持を得ようとする宮崎口蹄疫の時と同じパタンに見えて仕方ありません。震災後TVを見ていて時折本当に嬉しそうな顔の議員をチラッと見掛けるのですが、あれは民主党議員だったんじゃないか・・・?

■テロリストとズブズブの民主党内閣が(H23/02/21 衆院予算委平沢勝栄議員談)
http://ceron.jp/url/www.nicovideo.jp/watch/sm13664577
かつて115名の韓国人を殺害したテロリスト金賢姫を数千万円掛けて国賓待遇した中井洽拉致問題担当相 (ZAKZAK2010.07.22) 
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20100722/frn1007221235002-n2.htm
↓【ソウル=牧野愛博】7月下旬に訪日した大韓航空機爆破事件実行犯の金賢姫(キム・ヒョンヒ)元死刑囚をヘリコプターに乗せて東京上空などを案内したのは「韓国側の依頼だった」とする中井洽拉致問題担当相の国会答弁に関して、韓国政府が「答弁は事実無根」として日本政府に抗議していたことがわかった。
http://blog.goo.ne.jp/terebi-sinnbunn/e/b4c826a491ea6c5553dd58307830e781
日航機の「よど号」乗っ取り事件の犯人と一緒に写真撮影した前原外相 11年訪朝時(産経2011.2.21)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110221/plc11022112450006-n1.htm
平成11年の国旗国歌法に反対票を投じた、日本の国旗と国歌に反対する人が7人も閣内に[桜H23/1/17]
http://ganjii.iza.ne.jp/blog/entry/2122284/
(日本国民を北朝鮮に拉致した実行犯のシンガンス釈放請願書に署名した人物も3人)

■他民族の国土(東トルキスタン)を核実験で汚染させた中国共産党と合流(桜/BBC放送/杉山徹宗先生・高田純教授談)
許されざる、人民解放軍「日本初の公式活動」?
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13908785
【ウイグル】中国の核実験 潜入調査【シルクロード】
http://www.youtube.com/watch?v=37sFp3pcPHo
シルクロードにおける中国の核実験災害と日本の役割 [桜 H21/3/25]
http://www.youtube.com/watch?v=ef21O_MyDe4&feature=fvsr
【杉山徹宗】中国人の民族資質といかに渡り合うべきか?[桜H22/3/19]
(8分25秒辺り)
http://www.youtube.com/watch?v=PJcrizPMwxM
(要旨)
杉山徹宗先生「日本を照準に24発の核を向けているというペンタゴンの情報は本当か?」
中国国防大学教授「米軍基地に向けているのは事実だが内政干渉は許されない」
杉山徹宗先生「この事は日本で発表する」
中国国防大学教授「お好きにどうぞ」

■迅速な在日中国人の帰国避難(ジャーナリスト宮崎正弘談2011.03.16)
http://blog.kajika.net/?eid=998445
中国人6千人避難 被災地周辺 半数帰国、移送本格化(北海道新聞:03/19)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/international/279431.html

=人災(テロ)が起きるのは必然としか言いようがありません・・・。

■原発事故直後、日本政府が米の支援申し入れ断る(読売2011年3月18日)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110318-OYT1T00096.htm

■被災地向け電池190万個を止めていたのは政府だった(NHK)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13893471

■米「タイム」が指摘 日本の支援は途上国以下【政治・経済】(現代2011年3月24日)
http://gendai.net/articles/view/syakai/129570

■政府、後手の対応 首相視察が混乱拡大との見方も(産経2011.3.12)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110312/dst11031223220294-n2.htm

■なぜ、首相は非常事態宣言を出さないのか(産経2011.3.15)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110315/plc11031513410030-n1.htm

■菊田外務政務官 ジャカルタでエステに買い物三昧(日刊ゲンダイ2011/3/17)
ASEAN地域フォーラムの会議出席のため、14日にインドネシアへと向かった外務政務官の菊田真紀子衆院議員(41)に批判が集まっている。

「出発前日、秘書官に『インドネシアではエステと買い物を楽しみたい。ステキなお店を調べて予約して』と命じたそうです。政府を代表しての大事な出張なのに、遊びのことしか頭になかったのでしょう。しかもその日は大震災発生から3日目。懸命の救助活動が行われているというのに信じられません。秘書官は、現地の日本大使館に電話をかけ、エステ店の予約と観光スケジュール
の作成をさせたようです」(政界関係者)~略~危機に瀕する日本のことなどどこへやら。リラックスモード全開だ。「菊田は新潟県選出で現在3期目。仕分け人をやったあと、仙谷さんの寵(ちよう)愛(あい)を受け、昨年9月に外務政務官に就任しました。中国語が堪能で、気さくな性格ですが、軽い面も。パプアニューギニアに行く前は
『水着持っていって泳ごうかなあ』と口にしていた」(外務省担当記者)菊田の帰国は18日。きっとツヤツヤの肌に、大きな買い物袋を抱えてくるだろう。
 
■ここ数日の民主党の無能さを振り返る。(ニコ動11/03/21)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13921342

■「最悪なら東日本つぶれる」=専門家自任、笹森氏に明かす-菅首相(時事通信2011.03.16)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201103/2011031601176
首相は「僕はものすごく原子力に詳しいんだ」と専門家を自任。
「この問題に詳しいので、余計に危機感を持って対応してほしいということで(15日早朝に)東電に乗り込んだ」
↓10日後w
■菅無知ぶり全開 有識者に「臨界って何だ?」(ZAKZAK2011.03.26)
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110326/dms1103261530006-n1.htm
 「原子力に詳しい」と吹聴していた菅直人首相(64)が、有識者に「臨界ってなんだ?」と尋ねていたことが分かった。「臨界」は、原子力を少しでもかじったことのある人なら誰もが知る言葉だけに、あきれることを通り越して不安をかき立てられるようなエピソードだ。こんな人に原発対策や震災後の復興を任せていいのか。

■食の安全でも司令塔不在 ツケは首都の水に (産経2011.3.23)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110323/plc11032322450016-n1.htm
 原発事故が終息しなければ「食の安全」も解決しない。とはいえ常に「最悪の事態」(枝野氏)を想定した割には政府の対策は後手に回った。むしろ各府省庁がバラバラに対応し、行政効率をより悪化させる負のスパイラルに陥っている。
 浄水処理の段階で粉末活性炭を利用すれば放射性物質を吸着するとの研究結果があったが、厚生労働省が都道府県に活性炭処理を検討するよう求めたのは19日。福島県川俣町の水道水から基準値を超えるヨウ素が検出された後だった。
 文部科学省所管の原子力安全技術センターには、気象条件や地形データを基に原発周辺の被曝(ひばく)線量を予測する緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)があるが、政府はSPEEDIのデータ公表を拒み続けた。野党などの批判を受けて23日にようやく公表したが、厚労省は水道水などの放射能汚染予防にSPEEDIを使う予定はないという。

■荒川区1万2千件「中小企業が全滅」議員が計画停電に強硬反対 (ZAKZAK2011.03.26)
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110326/dms1103261526004-n1.htm

■武蔵野市は停電対象外 市議が要請か、首相自宅も(2011/03/24 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032401001344.html

■放射性物質、原子炉燃料破損し漏出か 3号機に被曝汚水(朝日2011年3月26日)
http://www.asahi.com/national/update/0326/TKY201103250550_01.html

■福島第1原発:1日で1年分の放射線量 北西30キロ地点(毎日2011.3.26)
http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110326k0000m040150000c.html

■民主党が引き起こした人類史上最大の放射性物質外部漏洩事故の流れ
14 :名無しさん@十一周年:2011/03/27(日) 10:42:54.23 ID:rtCCf3SX0
1) 米軍がホウ酸を空輸、原子炉へ注入を提言。
2) しかし民主党と東電はホウ酸注入=廃炉の為これを拒否。
3) 東電は軽水注入冷却を計画し、政府に蒸気放出を申請。(炉の蒸気は放射性なので蒸気放出は政府許可が必要)
4)ところが翌日菅総理が視察に行くので海江田大臣は蒸気放出をやめるよう指示。
5) 蒸気放出は結局、菅総理の視察が終わった夜明け以降実施。(菅のパフォーマンスによる遅れは東電も計算外)
6) この遅れで1号炉外部容器内圧力が既定値の2倍以上となりバルブが開かなくなる。
7) 蒸気放出作業は14時過ぎにかろうじて実施できたが、15時36分、1号機が爆発。
8) 現場の放射線線量上昇。制御室作業困難に。
9) (8)が理由で放置してた3号機、爆発。
10) 2号機が爆発。
11) 4号機が爆発。
12) 現場の放射線線量が膨大となり人間作業ほぼ不可能に。
13) 東電、作業継続は困難と判断。政府に全面撤退を打診。(あとは自衛隊と米軍に対応委ねるつもりだった)
14) 菅総理これを拒否。作業継続を叱咤激励。
15) 打つ手ないまま2日間経過。
16) 4号機の再臨界可能性が政府に認識される。菅総理はこの時点で「東日本がなくなる」と説明受けた。
17) 陸自ヘリによるバケツ投水作戦。効果見られず。
18) 東京都消防員に遺書を書かせた上で手動放水を命令。効果見られず。
19) オバマ大統領(米太平洋軍のウィラード司令官)は化学兵器や核兵器に対応する訓練を積んだ兵士450人を沖縄に配備。
 「日本政府の要請あれば即座に福島原発に投入可能」と宣言。
20) 菅総理これを拒否。
21) 菅総理、自民党谷垣総裁に原発問題担当相として入閣を要請。一連の原発事故の責任を押し付けることが目的。
22) 「ヘリから水の投下は放射線量を度外視して1回はやれ」と強く指示
23) 海江田経済産業大臣、消防隊に向かって「すみやかにやらない場合は処分する」
24) 枝野「東電に情報を出させるのが政府の仕事だ」(政府に責任はない)

■東日本大震災:福島第1原発事故 100キロ圏外でも汚染の可能性--仏安全機関総裁(毎日2011.3..29)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110329dde003040052000c.html

■深刻度6 スリーマイルの14万倍 米研究所「日本の公式見解は幻想」 (スポニチ2011.3.29)
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/03/29/kiji/K20110329000523950.html

■福島原発事故、周辺の地下水や海「著しい汚染」の恐れ=科学者団体(ロイター20110329)
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-20310620110329

■支那野菜と韓国の水が日本へ緊急輸出!(朝鮮日報・東方速報・日経記事引用2011/03/29)
豚100頭が突然死した上海市奉賢区の検疫局は日本へ緊急輸出のキャベツを特別扱いで検査を速やかに通した
口蹄疫生き埋め死骸で地下水汚染の韓国から日本コカが水100万ケース緊急輸入
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4192.html

■“無能”菅に殺される!原発処理なぜ米軍に頼まないのか(ZAKZAK2011.3.29)
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110329/plt1103291648003-n1.htm
「原子炉や核燃料を冷却するのは理解できるが、なぜ同時に、放射線や放射性物質をブロックする対策を取らないのか。これが極めて重要で、原子力空母や潜水艦を持つ米国ならば、封じ込めの知識を所有している。常に『不測の事態』の対処を考え、シミュレーションを行っている。方法は、原子炉の上から鉛を落してコンクリートで囲ったり、鋼鉄製のカバーをかぶせるなど、いろいろある。米軍が関与すれば、状況に応じて、最善最短で処理を行う。2週間という期間は長すぎる。原発は放射線を出し続けており、人体への蓄積、被曝量が気になる」
「事故直後、米軍は青森の三沢基地などに、放射能専門部隊約75人を送り込み、米国内でも残留部隊が待機していたと聞く。これは、水蒸気放出前に封じ込めを行うためのチームだった。しかし、今となっては、米専門部隊でも、正確な現状把握を行い、速やかな対処計画を立て直す必要がある。爆発による機材破損、防護壁破損などにより、ケタ違いに対処が難しくなってしまった」と語る。
「菅首相がホットラインで、オバマ米大統領に『助けてほしい』と頼むことだ。米軍には事態収拾の知識も能力もある。大気汚染、海洋汚染は、日本だけの問題ではない。これ以上、事態を悪化させると、日本は世界中から相手にされなくなってしまう。早期の判断を要望する」

■スタミナラジオ ニュースの見方 3月30日 独立総合研究所青山繁晴
福島原発 現在は人災が重なって大きな事故となっている
http://rkbr.jp/stamina/

■中国紙「中韓企業が日本のシェア奪う好機」と論評(2011.4.4産経)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110404/amr11040407450000-n2.htm
▼第一財経日報(中国)
中韓 日本のシェア奪う?
 3月29日付の中国紙、第一財経日報は、東日本大震災の影響で数多くの日本企業がダメージを受けるとして、「中国や韓国の企業が相対的に国際競争力を高める」との論評を掲げた。日本企業がもつシェアを奪取するチャンスだという。
 政府系シンクタンク国務院発展研究センターの趙晋平副部長の見解として、震災復興需要で中国から建材や食品などの対日輸出が増えると予想した。なかでもIT(情報技術)や自動車などで開発力を高めている韓国企業は、日本企業との実力差も縮めつつある。

中国企業も、世界への基幹部品や素材の供給先としての日本の地位を一気に奪う可能性があるという。
 さらに同紙は、震災で日本経済に生じる“空白”に食い込む好機として、経営難に陥る日本企業の中韓企業による買収をあげた。被災地の東北地方に多いIT関連や自動車の部品メーカーなど、優良企業の買収が容易になるとしている。
同誌によると、米大手金融モルガン・スタンレーの予測では、日本の国内総生産(GDP)は今年4~6月、年換算で少なくとも6%減少する。自動車の“頭脳”に使われるマイクロコントローラーの製造工場を震災が直撃し、日本経済のエンジンである自動車産業も立ち往生している。
 福島第1原発の事故による計画停電で、化学メーカーは終日の操業停止を余儀なくされるという。

■原発への生コン圧送車遅れた背景に岡田幹事長の政治的駆引き(週刊ポスト2011年4月5日)
http://www.news-postseven.com/archives/20110405_16650.html
最初に提供を申し出たのは日本にある3台のうち2台を保有する三重・四日市の「中央建設」だった。3月17日に2台の車両をオペレーターとともに待機させ、元経産官僚で現在、三重県知事選に立候補している鈴木英敬氏を通じて東京電力に「提供する用意がある」と申し入れた。

 東電はすぐに謝意を伝えたが、なぜか結論が長引き、同社に正式要請が来たのは20日の夕方だった。福島到着は21日。3日も待たされたのである。
 しかも、その間に官邸は輸出のため横浜港にあった独企業所有の圧送車を“徴用”し、先に現地入りさせると、22日から注水作業を開始した。そして、現地入りして待機していた中央建設の2台は、「もういい」と引き返させたのだった。

 政府・与党の橋渡しをする政権幹部の話を聞こう。

「選挙戦が激しさを増している三重県知事選は、岡田幹事長のお膝元で負けられない戦いだ。最初に申し出た中央建設は、自民推薦の鈴木候補の後援企業で、同社の機械が使われれば敵の手柄になる。圧送車を巡る混乱の背景に、政府内部の“配慮”があったことは間違いない。岡田さんも、政府・与党の協議でその経緯を知っていたはずだ」為政者より民間人のほうが「国を思う気持ち」が強いのは、誇るべきことでもあるが、国家的危機でもある。

■東電“無計画放流”で房総沖は…恐怖の食物連鎖が始まる?(ZAKZAK2011.04.05)
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110405/dms1104051616023-n1.htm

■TVで流れてない4月5日深夜の東電記者会見【責任者いえませぬ】(ニコ生2011年04月05日)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14067888

■海水から濃度限度750万倍=ヨウ素検出、直接流出ピット付近―東電(時事通信 4月5日)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw49064?marquee

■東日本大震災:福島第1原発事故 汚染水放出、韓国「事前連絡を」 日本「通報済み」(毎日2011.4.6)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110406ddm003040079000c.html

■東電に水かけたい…平潟の魚、買い手なし(読売2011年4月6日)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110406-OYT1T00469.htm
 茨城県北茨城市の平潟漁港では6日早朝から4隻が出漁した。

 しかし、同日午前7時頃、同漁港で5日にとれた魚介類に買い手がつかなかったと漁協から連絡があったため、船主らは操業をやめ、帰港を決めたという。船主らは今後の操業について対応を協議する予定。
 出漁し引き返してきた平潟漁協の武子寛・代表理事組合長(64)は「ショックだ。東電にコップの水でもかけてやりたいし、売れない魚を全部買い取ってほしい。怒りしかない」と言い、「魚はとれるのに売れない。こんなにつらいことはない。勘弁してほしい」と疲れ切った表情を見せた。

■汚染水放出の連絡なし、政府・東電へ批判噴出(読売2011.4.6)
東京電力が福島第一原子力発電所から低濃度の放射性物質を含む汚染水を放出したことについて、政府から国内外への事前の説明と調整が不十分だったとして、各方面から批判の声があがっている。

 全国漁業協同組合連合会の服部郁弘会長らは6日、東京・内幸町の東電本店を訪れ、事前連絡が一切なかったことについて、勝俣恒久・東電会長に対し、「漁業関係者の存在を無視した許し難い行為だ。無責任な対応に強い怒りを抱いている」と抗議。漁協関係者の間では、「政府も東電と同罪だ」との声が出ている。

 「各党・政府震災対策合同会議」の実務者会合でも、野党から政府への批判が噴出した。自民党の西村康稔衆院議員は「事前に自治体や諸外国に根回しが必要だった。菅首相が(放出について)説明してもいい話だ」と強調した。

 外務省は、今回の放出に韓国やロシアなどが「事前に正式な連絡がなかった」「無責任だ」などと日本批判を強めていることを受け、各国に対し、個別に放出の経緯や科学的影響の説明を開始した。

■震災対応中にボート 民主・長島議員「横暴、なぜ」住民批判(産経 4月6日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110406-00000504-san-soci
 東日本大震災で政府が対応に追われる中、民主党の長島一由衆院議員(神奈川4区)が、神奈川県葉山町の海岸に趣味のボートを持ち込み、修理などをしていたとして住民の批判を浴びていることが5日、分かった。ボートを運ぶ際、ミニバイクで牽引(けんいん)していたといい、道交法施行細則に抵触する恐れもある。~略~ 同海岸はヨット利用の拠点となる葉山港に隣接するが、同港は震災の影響で、レスキュー艇の燃料確保が困難になったとして、3月30日まで利用の自粛を要請しており、地元住民からは「国会議員の地位を利用した横暴」「震災で大変なときになぜ」などと批判の声が出ている。

 長島氏は産経新聞の取材に対し「ボートの修理のためであり、遊び目的ではなかった。公務の合間を縫って海にいたのは15分程度。救命の全国組織にも登録を申請中で、人命救助にも役立つと思った。ミニバイクでの牽引も交通量の少ない時間を見計らった」としている。

■東電の無計画電で解雇100万人!国“お墨付き”賃金不払いも (ZAKZAK2011.04.06)
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110406/dms1104061620027-n1.htm

■原発避難地域の町工場に対する行政府の無策(BLOGOS2011年04月08日)
http://news.livedoor.com/article/detail/5475214/?p=2

■韓国首相「日本が無能」 指導力欠如で事態深刻化(産経2011.4.8)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110408/kor11040800250000-n1.htm

■汚染水放出後に知らされた…ロシア大使が不満(読売新聞 2011.4.8)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110408-00000827-yom-int

■軍駐屯も検討の価値 竹島で韓国首相(産経2011.4.8)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110408/kor11040800270001-n1.htm

■政府の「規制改革方針」、中国人へのビザ発給緩和を明記へ 与党内にも「拙速」の声(産経2011.4.8)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110408/stt11040801130000-n1.htm
個人観光客は、日本での身元保証人の申し出が不要なうえ、団体旅行客と違い日本国内で自由に行動できるため、ビザの有効期限が切れても不法滞在したり、不法就労したりする中国人が後を絶たず問題となっている。
 緩和について、国民新党幹部は民主党幹部に「功罪を検証してからだ」と要請したが、8日の閣議決定方針は変わらなかったという。国民新党幹部は「東日本大震災で、規制緩和の大部分は軒並み先送りになったのに、問題のあるビザ緩和だけが残るのは不自然だ。震災のドサクサに紛れて押し通そうという思惑が透けている」と不信感を募らせている。

■菅首相側、外国人献金104万円返金 韓国籍と確認(朝日2011年4月8日)
http://www.asahi.com/national/update/0407/TKY201104070585.html
菅首相の資金管理団体「草志会」は、旧横浜商銀信用組合(現中央商銀信用組合)元理事の男性から、2006年9月に100万円、09年に計4万円の献金を受け取っていた。政治資金規正法は、日本の政治や選挙への外国の関与や影響を防ぐため、政治団体が外国人から献金を受けることを禁じている。

■領空接近 ロシア機1・5倍、中国は2倍 自衛隊苦しい二正面作戦(産経2011.4.9)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110409/plc11040901300000-n1.htm

~おまけ~
■1991年5月、日本の新聞に載ったロシアの地震兵器
ソ連の週刊誌「メガロポリス・エクスプレス」は、三日発行の最新号で、ソ連は地球表面の地殻変動などを利用し、敵領土内に人工的に大地震を発生させる「巨大地震兵器(地殻変動器)」の開発直前にあると伝えた。
研究スタッフの一人イワン・アヌイレイエフ陸軍少将が、同紙のインタビューに答えたもの。例えば、地殻を構成するプレート(板)の変動により、大きなひずみが生じた地点に小さな核爆発を起こすことで、大地震を誘発させるというのがその仕組み。
地殻の分布状況によって、核爆発を起こす地点(震源)と実際に大地震が発生する地点が、何千キロも離れていることも可能、というのが特徴。とくに、地殻構造が複雑で、ひずみの発生しやすいユーラシア大陸の山岳地帯や米大陸西岸などで有効、ともいわれる。
これまでも西側諸国では、北極海のノバヤゼムリヤ島で行ったソ連の核実験が、イラン地震を誘発した?などの報告があった。
アヌイレイエフ少将は、このような説には「証明されていない」と否定的だが、「一日も早く、開発中止のための手を打つことが必要だ」と訴えている。【モスクワ三日=浅海保】
※〔1991年5月四国読売新開朝刊 国際面(五面)〕

東電が事前通告なしに汚水を流したのはまさか?と思ってしまいます。チラ見ですがそれらしきデータを観測したという情報も・・・。まだきちんと確認はしていませんしデマかも知れません。

福島原発による放射能汚染の影響ですがWHOやAIEAや日本のスペシャリストの間では全く安全という記事の配信がありましたので反対意見と合わせてまとめてみますね。

投稿: | 2011年4月10日 (日) 08時58分

上の記事と下の記事は連動していますね。
政府や報道がおかしかったのも単なる偶然ではない?

■中国紙「中韓企業が日本のシェア奪う好機」と論評(2011.4.4産経)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110404/amr11040407450000-n2.htm
▼第一財経日報(中国)
同紙は、震災で日本経済に生じる“空白”に食い込む好機として、経営難に陥る日本企業の中韓企業による買収をあげた。被災地の東北地方に多いIT関連や自動車の部品メーカーなど、優良企業の買収が容易になるとしている。

■揺れる世界経済、マネーマーケット(2011年04月03日提供:ここヘンJAPAN)
http://news.livedoor.com/article/detail/5462927/
一方日本。実は不思議なことに海外から見る日本のマーケットについてはバラ色一色なのです。ウォレンバフェット氏のポジティブな発言のみならず一株当たり資産が世界の主要市場で圧倒的に低いとか、過去の例から日本の災害からの回復能力は高い、更には「日本がくしゃみをすればやはり世界は風邪を引く」というのはもはや名言の域ではないかと思います。日経新聞によると外国投資ファンドによる大量保有報告書の提出が続出しています。そういえば数日前の外国証券からの日本株の買いは歴史的水準でした。

投稿: | 2011年4月10日 (日) 09時09分

草薙さん コメントありがとうございます。
直接原発に液体窒素をかけるのは、私も危険だと思います。・・・そこで、周囲を冷やすことに使えば良いのでは・・・。直接原発を冷やすというより、間接的に熱伝導を利用して冷やせば良いと思います。

投稿: 岩井しげき | 2011年4月10日 (日) 11時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 窒素ガスを使用するより、液体窒素を使用せよ!?:

« 日本の信頼を守れ! | トップページ | 本日、統一地方選挙の投開票です。 »