« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月22日 (水)

70日間の会期延長が決まりました。

こんばんは、岩井しげきです。

70日間の会期延長が決まりました。

今朝、自民党の国会対策委員会に出席しましたが、

朝の段階で会期延長をするのか?するならどれくらいの

会期延長幅になるか、国会の会期当日までまったくわからない状況でした。

怒りを超えて、呆れるばかりです。

当初、民主、自民、公明の3党が一時合意した通常国会の50日間

の延長幅でしたが、結局その合意も破られ延長幅70日間、

3次補正予算案を“新総理”の下でとしていたところを

“新体制”の下で・・・に変えられました。

これでは、内閣改造をすれば問題無いとも読み取ることができます。

テレビで”野党は感情的に菅総理に反対している”

と言っていました。本当にそうなのか?

菅総理と鳩山さんが行った茶番劇を思いだしてください。

一、民主党を壊さないこと

二、自民党政権に逆戻りさせないこと

という訳のわからない項目を優先させ復興を二の次にした”あの”

覚書です。

その覚書も反故にし、与野党間で取り交わした約束も破り

これでどうして、被災地復興に向けて力強い復興を

望むことができるのか・・・。

これだけは言えます。復興に最も障害になっているのは菅総理自身です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »