« 早めに出勤しました。 | トップページ | 無責任の極み »

2011年6月22日 (水)

70日間の会期延長が決まりました。

こんばんは、岩井しげきです。

70日間の会期延長が決まりました。

今朝、自民党の国会対策委員会に出席しましたが、

朝の段階で会期延長をするのか?するならどれくらいの

会期延長幅になるか、国会の会期当日までまったくわからない状況でした。

怒りを超えて、呆れるばかりです。

当初、民主、自民、公明の3党が一時合意した通常国会の50日間

の延長幅でしたが、結局その合意も破られ延長幅70日間、

3次補正予算案を“新総理”の下でとしていたところを

“新体制”の下で・・・に変えられました。

これでは、内閣改造をすれば問題無いとも読み取ることができます。

テレビで”野党は感情的に菅総理に反対している”

と言っていました。本当にそうなのか?

菅総理と鳩山さんが行った茶番劇を思いだしてください。

一、民主党を壊さないこと

二、自民党政権に逆戻りさせないこと

という訳のわからない項目を優先させ復興を二の次にした”あの”

覚書です。

その覚書も反故にし、与野党間で取り交わした約束も破り

これでどうして、被災地復興に向けて力強い復興を

望むことができるのか・・・。

これだけは言えます。復興に最も障害になっているのは菅総理自身です。

|

« 早めに出勤しました。 | トップページ | 無責任の極み »

コメント

悪の根源は誰もが共通の認識を持っているのでしょうが、このような現時点での結果(震災があるなしに関わらず)を招いたのは、何処に原因があるのでしょうか?
人はとかく結果ばかりを見て判断してしまいがちですが、やはりその過程をしっかりと見極めなければならないと思います。
・・・急がば回る・・・ではないでしょうか。

投稿: 掛川市OBA | 2011年6月23日 (木) 23時02分

結局、総理のワガママに与党も野党も振り回されて、日本中がめちゃくちゃにされてしまっています。国難に国を挙げて立ち向かわなければならない時というのに、協力せずに個人プレーに走るだなんて、この国を滅ぼすつもりか!と怒りを抑える事ができません。

不信任出した時に、この非常時に解散総選挙して政治の空白期間を作るべきではないと語る人もいましたが、菅総理のまま何も進ます8月まで時間を浪費するよりよほどマシだった事でしょう。あの時に国の大事より民主党の存続をとった鳩山さんらを一生許しません。

感情的だと言われるかもしれませんが、保身のために国家国民をないがしろにする政治屋を看過できるわけがない。
あのような国賊に負けないよう頑張ってください。期待しています。

投稿: a.a. | 2011年6月24日 (金) 09時16分

空き管、しぶといと思います。会期を70日に延長するとと、被災地に足を運ぶ機会が減り、批判から逃げる事が出来ます。やるやると言ってわざと何もせず一定のメドがついていないと言ってまた続投。法案に反対すれば、自民党が協力しないと言いだしかねないと思います。自民党が提案した事は、自分の手柄にしてまた続投と言いだすと思います。政界は、空き管に牛耳られていますけど、被災地支援は、自民党の評価になるので続け下さい。空き管の批判は西田さんや山本一太さんがいるので期待が持てます。復興、期待してます。自民党にです。

投稿: 小泉 | 2011年6月26日 (日) 09時37分

岩井さん
全くおっしゃる通りです。不信任案提出のときは、震災復興の邪魔を野党がしていると言い、今度は脱原発を旗印に総選挙をするかもしれない・・・自分のためには日本国がどうなってもいいと言っているようにしか見えません。それを止められない民主党、マスコミはどうなっているのか?自民党に頑張ったもらわないと本当に日本は終わってしまいます・・・
児玉

投稿: 児玉哲哉 | 2011年6月28日 (火) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 70日間の会期延長が決まりました。:

« 早めに出勤しました。 | トップページ | 無責任の極み »