« 70日間の会期延長が決まりました。 | トップページ | 被災地に今から向かいます。 »

2011年7月 5日 (火)

無責任の極み

こんにちは、岩井しげきです。

「知恵を出さないやつは助けない」と発言した松本震災復担当大臣が辞任しました。

菅総理の任命責任が問われています。

ただただ、被災地の皆さんに国会議員の一人として申し訳ないという気持ちです。

話は変わりますが、先日、浜田和幸氏が自民党を離党しました。

彼は昨年の参議院選挙で初当選した自民党新人議員でつくる一八会(自民党当選者51人のうち、初当選した者が18人)のメンバーの一人でした。

今回の離党劇で自民党からは、「裏切り行為だ!」「ポストに釣られ、恥ずかしくないのか!」という声を聞きます。

確かに、浜田氏の行為は決して許されるものではありません。

ただ、私としては、この日本の将来に関わる、また、被災地の皆さんの生命にも関わる深刻な状況下で浜田氏を政務官に登用した民主党政権に怒りがこみ上げてきます。

一年間、浜田氏を同僚議員として眺めてきました。

一言、「一体、浜田氏に何ができるのか?」疑問だけが残ります。

|

« 70日間の会期延長が決まりました。 | トップページ | 被災地に今から向かいます。 »

コメント

空き管、とんでもないと思います。松本大臣や浜田参議員のこともですが、東京電力の組合を守ろうとするし、ソフトバンクにぼろ儲けさせようとするし、おまけに、献金問題!史上最悪の総理だと思います。空き管、小泉さんを意識しても無駄だと思います。勝てる訳がないと思います。参議員でも比較して欲しいと思います。

投稿: 小泉 | 2011年7月 8日 (金) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無責任の極み:

« 70日間の会期延長が決まりました。 | トップページ | 被災地に今から向かいます。 »