« 三匹目のドジョウ!? | トップページ | どうなっているのか、民主党! »

2011年9月 5日 (月)

頂いたメールに対する私の返信

こんばんは、岩井しげきです。
以下は、頂いたメールに対する私の返信をご紹介します。
-------------------------
メールありがとうございます。
私も何度か被災地に行きましたが、行くたびに
現地のニーズは変わっています。
当初は食料、水、燃料などだったのが
食料でも生鮮食料品の需要が高まりました。
着るもの、食べるものが落ち着いてくると、
今度は、心のケアが、必要となってきます。
現在、私が被災地で一番問題なのは
政府、東電が正確な情報を出さないことだと思います。
ご存知かもしれませんが、民主党政府はSpeedi(放射能影響予測)
のシミュレーション結果を1カ月以上も隠蔽していました。
もし、Speediのシミュレーション結果を適切に公開していたら、
福島市の子供たちが内部被ばくすることもなかったと思います。
また、地震当日に炉心が溶融するいわゆるメルトダウンしていたにもかかわらず、
深刻な事態に陥っていたことを明らかにしたのは2カ月後でした。
今の政府は国民の命を一体どう考えているのか?
それを踏まえ、私たちができること・・・。
まずは、被災地の皆さんの心のケアや身体的なケアを行うこと。
そして、これは政府が責任を持って行わなければならないことですが、
全くできていないこと、そして最も大切なことである・・・
放射線に関する情報をはじめ、今回の震災に関する正しいデータを
少しでも多くの皆さんに提供することだと思います。
被災地の皆様の内部被爆の有無を検査する態勢は十分とは言えません。
また、子供をもつ親たちは高価な放射線測定器を購入して、周辺のエリア
の放射線量を計測しています。
魚介類をはじめ、私たちが口にしている、食べ物は本当に大丈夫なのか?
これらをしっかりと調べ、隠すことなく公表することが風評被害を防ぐ
ことにもつながると思います。
少しでも、皆さんが安心できる環境づくりが今必要だと思います。
岩井しげき
----- Original Message -----
Sent: Saturday, August 20, 2011 6:54 PM
岩井様 
ご無沙汰しております。
ブログの更新をいつも楽しみにしています。
早速ですが・・・。
東日本大震災の発生から来月で半年ですが、半年経とうとしている今、
被災地(被災者)の為に自分達に何が出来るか考えているところです。
そこで何度か現地を訪れている岩井さんに、実際に被災地では今、
どんな問題が起こっていて何を必要としているのか、
また浜松に住んでいる私達に出来ることがあるのか、
少しでも教えてもらえたらと思い、勝手ながらメールを差し上げました。
被災地を見ていない自分達がいくら考えても、自己満足で終わってしまう
可能性がありますので・・・。
お忙しいとは思いますが、時間のある時で構いませんので
何か教えていただけたらと思います。
お手数ですが、何卒よろしくお願いします。

|

« 三匹目のドジョウ!? | トップページ | どうなっているのか、民主党! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頂いたメールに対する私の返信:

« 三匹目のドジョウ!? | トップページ | どうなっているのか、民主党! »