« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月24日 (火)

明日から国会が始まります!

こんばんば、岩井茂樹です。

今日、東京はエライことになってます。

明日からいよいよ第180通常国会が開会するので、マイカーで東京帰ってきましたが、「ここは何処?」と思わず言ってしまうほどの大雪が降っています。Nec_0261_5

明日からの国会が荒れる!?ことを予感させます。

最大の焦点は、政府が3月中に提出する予定の消費税率引き上げ関連法案の行方です。

税と社会保障の一体改革は早急に進めるべきものですが、そのためには、民主党が消費税増税について、前回の総選挙での公約に反していることを率直に認めてこれを謝罪すべきです。

今の日本は、約束しても守らない、守れなくても責任をとらない・・・そんな風潮が蔓延しています。これは、政治家に大きな責任があります。

今、政治家に求められるものは、責任感と大いなる覚悟と深い洞察力で物事を決める決定力、そしてそれを国民に丁寧に説明しながら実行していく実行力だと思います。

被災地の復興のために、日本の再生のために今国会も気合を入れてまいります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

静岡県防衛協会の新年祝賀会に参加してきました。

こんばんは、岩井しげきです。

本日、静岡県防衛協会の新年祝賀会に参加してきました。

東日本大震災後の自衛隊の活躍に関係して少し話しました。

(一部、親友の宇都たかし議員から聞いた話も織り交ぜて話しました。)

 震災後の自衛官の皆さんの活躍は日本国内のみならず、世界から賞賛されました。
 一方、今回の震災対応では、自衛隊の十万人の災害派遣があったわけですが、実は、残りの十四万人で国を守らなければいけないというシビアな状況が発生しておりました。
 これは、仮定の話ですが、もし震災と同時に武力攻撃があったなら、二十四万人態勢では国を守りきれません。自衛隊の態勢について、改めて議論しなければなりません。

 そして、今年、国際政治が重要な転換期を迎える中で日本の外交・防衛を立て直すことが実は、今年の大きな課題の1つだと感じています。

 昨年の9月、そのような想いもあり、同期当選の宇都隆史議員とともに、対馬に行って参りました。目的は ①離島防衛②対馬における外国資本による土地購入の実態確認など…を実際にこの目で確認してくることでした。
 国境の島である対馬。海に囲まれる日本にとって、離島防衛の重要性を痛切に感じるとともに、わが国の領土、主権、国益をしっかり守って行こうと改めて決意したことを思い出しました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

静岡商工会議所新年賀詞交換会

本日は、静岡市で商工会議所の新年賀詞交換会に参加してきました。

 東日本大震災は日本の国土、そして国民の心に大きな傷跡を残すと同時に、国内企業のサプライチェーンに大きな打撃を与えました。
 

 県内でもお茶をはじめとした農作物から放射性セシウムが検出された問題、観光産業への風評被害、浜岡原発に関係する今後のエネルギー政策の問題などの多くの問題が突き付けられました。
 

 そして、今年、国際政治は重要な転換期を迎えます。アメリカをはじめとする主要国の多くで選挙が行われ、リーダーの顔ぶれが新しくなりそう。
 

 また、ギリシャに端を発した欧州債務危機が国内に及ぼす影響も見過ごすことができません。
 

 輸出産業の先行きが不透明の中で静岡県の1つの可能性は観光にあると思います。

 日本平・久能山・三保の整備、そして今年の夏には、新東名高速道路が御殿場~三ヶ日間で開通します。新東名に加え、清水港、静岡空港など陸・海・空のインフラを活用することが、産業や文化、観光などの振興に必ずつながる!と確信しています。

「復旧から成長へ」 日本経済をしっかりとした景気回復軌道に乗せる!

(静岡県内では)観光産業を大きな柱として、地域産業の活性化を図る!

これが、今年のビジョンの1つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

新春祝賀会2012

こんばんは、岩井茂樹です。

本日、毎年恒例の静岡新聞社、静岡放送主催の「平成24年新春祝賀会」に参加してきました。

静岡県内の政治経済など各界の著名人が新年に向け豊富を語るこの会ですが、私が今年フリップに掲げた言葉は”『大衆迎合政治からの脱却!』 必要なのは、責任感、覚悟、決断力、説得力!!”でした。

今の政権のマニフェストは総崩れと考えている国民は多いのではないでしょうか?多くの国民が2009年政権交代の時のマニフェスト、「一体あれは何だったのか?」と感じていると思います。私はこのマニフェストはポピュリズム以外の何ものでもなかった・・・と感じています。

 私たち政治家にとって、必要なことは、「選挙に勝てばよい」、「支持率が上がればそれでよい」などという、目先の短絡的な思考ではなく、この国の将来を考え、しっかりとしたこの国のビジョンを創り、そのために何が必要か?何を行なわなければならないか?ということを真剣に考えることだと思います。

 「国の借金」は2011年度末に1,000兆円突破します。このような状況の中で我が国は税と社会保障の一体改革など財政再建、これからの国内のエネルギー政策、外交安全保障の問題など多くの問題を抱えています。

 これらの問題に対して、責任感と覚悟をもって決断し、決めたことを丁寧に国民に説明し、納得をしていただく、この手続きが重要だと考えます。

 今年はいろいろな意味で大きな変革点を迎えます。
 岩井しげき、変えるチカラで今年も頑張ります。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

平成24年の新春を迎え、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

H24_hinodes_2


おはようございます、岩井茂樹です。

平成24年の新春を迎え、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
東日本大震災、台風12号・15号による犠牲者の御霊のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

また、今なお多大なご労苦や不自由な生活を強いられている被災者の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

被災地の復旧・復興、日本国の再生をめざし、今年一年も全力投球して参ります。(あさひが昇る如く、日本も再生を目指すために・・・)

どうぞ、よろしくお願いします。

参議院議員 岩井茂樹

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »