« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月21日 (火)

熱海の皆さんからの申し入れ!?

こんばんは、岩井茂樹です。

先日、自民党青年局で「TEAM-11というプロジェクトを始動した!」という報告をさせていただきました。これは、被災地に対する支援が月日が経つにつれて薄れることのないように…という思いから始まったものです。

今日、熱海の友人から”被災地の復興支援”のための物産展を開催したいとの申し入れを受けました。被災地から物産品を買い取り、それを地元(熱海)で販売するというものです。

震災からほぼ一年が経過しました。持続的な支援の思いはとても大切です。

早速、対応します!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

ガレキ処理について(2)

おはようございます。岩井茂樹です。

ガレキの引き受けの問題が地元、静岡で物議を醸していますが、放射性物質に関しての問題を議論する以前にコストと労力についての視点から少し自分の考えを述べたいと思います。

私は以前、建設現場の現場監督をしていました。

その感覚で一言。

一般的に建設工事で検討しなければならない一つの視点が発生する土砂の処分です。

その際できるだけ、速やかにコストも安く処分することが求められます。それを考えると運搬距離を可能な限りに短くすることが普通です。

現状のガレキ処理について、処分するところがないからガレキを運搬し、移動距離が遠い都道府県にガレキを持っていくのが政府の考えです。

まずは、発生するガレキの総量や仮置き状況、被災地のガレキの処理能力など、正確な値を調べなくてはなりませんが、それと同時に本当にガレキを処分する方法がガレキを遠く運搬する以外にないのか?もっとスピード感を持ってできる方法は無いのか?”現地で処分するコストや処理にかかる時間”と”他府県にガレキを運搬して処分するときのコストや処理にかかる時間”などの比較検討をどこまで行ったのか?政府に確認する必要があります。

現在、ガレキの引き受けについては、市と市民との間に摩擦が生じています。問題なのは、話がこじれることによってガレキの処理自体が遅れてしまうことです。

本当の政治主導とは何か?今、政治家に求められるものは、責任感と覚悟と深い洞察力でビジョンを示すこと、そして、一度決めたことは丁寧に国民に説明し、確実に実行することだと思います。

私が望むのは、一日も早い被災地の復興です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

ガレキ処理について(1)

おはようございます。岩井茂樹です。

ガレキの引き受けが全国で拡がっています。

静岡県でも島田市では市と市民の間に摩擦を生じています。

ガレキの問題についての動きを見ていて感じたことを・・・。

まずは、言葉の使い方についてです。

ガレキは正確に言うと、かわらと小石やコンクリート塊やレンガなどのことだったと記憶しています。木片などは含まなかったと思いますが、現在、この区分もなく一言で”ガレキ”として扱われています。

なぜ、区分するのか・・・。

小石やコンクリート塊やレンガなどは、埋め立て材として活用が可能です。事実、関東大震災のガレキ(木片は除く)は、現在の横浜の山下公園の埋め立てに使用されました。

木材は埋め立て材には使用できません。腐ってしまうからです。腐った木材は埋め立て後の地盤沈下の原因にもなります。

このような区分をすることもなく、一言で”ガレキ”として議論が進んでいる現状をみると、本当に十分なガレキ処理についての議論ができているか疑問です。

すくなくとも、小石やコンクリート塊やレンガなどは被災地で沈下した地盤の嵩上げに使うべきだと考えます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月)

これから東日本大震災の被災地に向かいます!

おはようございます。岩井茂樹です。

ただいま、東北に向かう新幹線の中です。

先日、小泉進次郎さんが局長を務めている自民党青年局で”TEAM-11”を立ち上げた話をしましたが、それとは関係ありあませんが、今日、明日、被災地に行ってきます。

行先は陸前高田市、大船渡市、釜石市の3市です。

目的は、現状の各市の復興状況の把握と中小企業基盤整備機構による仮設店舗、仮設工場の整備状況の確認、そしてガレキ処理の状況確認等です。

現場主義で被災地の皆さんの現状の生の声を聞いてきます。

それでは、行ってきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

皆さん元気です!豊田支部女性部の会"紫苑の会"

こんにちは、岩井茂樹です。
本日、豊田支部の女性部の会である紫苑の会に参加して来ました。

懇親会では、日頃皆さんが練習されてきた様々な芸が披露され、とても賑やかな楽しい会となりました。

次の会合があり、途中退出してしまいましたが、次回は最後まで居たい!と思わせる、素晴らしい会でした。
このような支部の皆さんの元気が自民党の活力なんだなーとあらためて感じました。

Enimage13290170083963

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発見!新東名高速道路のビューポイント

おはようございます。岩井茂樹です。

昨日、地元回りをしていて、4月14日に開通する新東名高速道路のビューポイントを発見しました。

場所は森町の森掛川ICの近く。思わず車を飛び下りて写真を撮ってしまいました。

片側3車線の道路がまっすぐ伸びています!

Nec_02952

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月10日 (金)

「TEAM-11」・・・始動!

Team11こんにちは、岩井茂樹です。

本日、自民党青年局で“TEAM-11"という、プロジェクトを始動しました。

国会議員、全国11ブロックの代表を中心とした若手議員で分担して毎月被災地に行き、現地の声を聞き、実際に"動く!"というものです。

明日から早速スタートします。

自民党の諸先輩が築き上げた経験と実績に加え、10年、20年先に責任を持つ若手がもっと前面に立って自民党・・・そして今の日本を変えてなくては・・・。

動画はコチラ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

安倍晋三先生からアルピニストの野口健さんまで・・・。

こんばんは、岩井茂樹です。

今夜、東京で「城内実君と明日の日本を語る会」が開催されました。

実は、その司会進行を・・・この岩井茂樹が・・・。

来賓には安倍晋三先生からアルピニストの野口健さんまで多くの方々がお見えになりました。

大変盛り上がった会でした。

それにしても、国会議員が開催する会の司会・・・何故か同じ国会議員が務めることが多いんです。

今日の司会は岐阜県選出の渡辺猛之参議院議員につづき、城内さんで2回目の司会!

いまだに司会は緊張します。


Nec_0286_1_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

静岡市の田辺市長

おはようございます。
今朝、通勤のバスの中で東日本大震災の被災地の一つの宮城県選出の参議院議員熊谷 大さんと一緒になりました。
熊谷さんは一昨年に参議院選挙に同期で当選した自民党新人議員の会である”一八会”のメンバーの一人です。
偶然にも地元静岡市の田辺市長の話になり、「田辺市長には義援金をはじめ、被災地に実際に来ていただけるなど、本当に感謝しています」との話でした。

田辺市長と言えば、今日の夕方18時から開催される田辺信宏市長の『田辺のぶひろ君を励ます新春のつどい2012』に行ってきます。当選してから初めての新春の集い!楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

最近よく聞かれるのはやはり・・・。

おはようございます。岩井茂樹です。

地元を回っていて、最近よく聞かれるのはやはり、「解散はあるの?」です。

私の答えは”?”です。

民主党の某大臣は「6月に解散がありそう」と言ったとか言わないとか・・・。

思うに・・・1つのキーワードが3月20日に控えているギリシャの”国債償還”。

ギリシャはこの日に満期を迎えた大量の国債と引き換えに、お金を支払わないといけません。

支払いができないとなれば、デフォルト、債務不履行です。

これが起きれば、少なからず日本へ影響します。

解散して選挙などやっている場合ではなくなるかもしれませんねー。

このタイミングを逃せば、解散は9月?もしかしたら、任期満了まで行ってしまう?

静岡県内にも公募で選ばれた支部長が頑張っています。

井林 辰憲さん、宮澤 博行さん、渡邊 典雄さん、勝俣 孝明さん・・・みな頑張っています。

選挙実施まで時間がかかればかかるほど、新人支部長は大変です。

皆さんの応援を心からお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »