« 二兎を追う者は一兎をも得ず! | トップページ | 李明博韓国大統領の竹島訪問に対する抗議声明 »

2012年8月 9日 (木)

私のfacebookの投稿を紹介します。

こんばんは、岩井茂樹です。
昨日の私のfaceookの投稿にこんなコメントをいただきました。

【ホントに解散すると、日本は変わるの? 解散だ!選挙だ!と言うことは、国民が望んでいることの​本質では無いかと。 選挙だって、多額の税金を使うのだから、必要以上には望​まないです。 国民が望むのは、誰が政権をとるかではなく、何を実行し​てくれたかだと思います。】
 とか
【これ以上、今の政権に任せられないっていっても、じゃあ​誰だったら任せられるのか?自民党もぶれているようでは​、現状維持が選ばれてしまう。現実を見据えた対応を望む​。】
 など

それに対して少しだけ、追加のコメントをします。

自民党の多くの議員は解散や政権交代が目的と考えている者はいないと思います。(全員とは言いませんが…)

でも、今の現状はどうか?平成23年度予算消化率6割…何故?折角の予算を有効に使うことができないのか?

4兆7千億円を繰り越して1兆1千億円を不用とするなど、今の政権では被災地の復興も、この国の”カタチ”を創りあげることもできないと痛切に感じています。

誤解を恐れず言うと、しっかりとこの国をリードできるなら、政権はどこでも良いかもしれません。ただ、冷静に考えてみれば、この国の危機的状況を切り抜ける”経験”と”知識”があるのは現状、自民党しかないと感じています。

自民党本部では、今朝も8時から航空問題プロジェクトチームが招集されました。私も出席しましたが、その雰囲気は決して政局が全面に出たものではなく、本当にこの国の現状を憂えている、解決しなければいけない様々な問題を解決しようとしている…素直にそう感じました。

政局がどんなに荒れようとも、他にも多くの部会や勉強会が早朝から開かれています。その積み重ねが私は自民党の”チカラ”の源のような気がしています。

いろいろと書きましたが、コメントをいただき、ありがとうございます!これからも宜しくお願いします。m(_ _)m

|

« 二兎を追う者は一兎をも得ず! | トップページ | 李明博韓国大統領の竹島訪問に対する抗議声明 »

コメント

酷い茶番劇でした。
私が見た中には飛ばし記事も混じっていたのかもしれませんが「やる」と断言しておきながら一転して「やらない」と言い出すのは鳩山さんや原口さんなど民主党議員の十八番だと思っていましたが最近は自民党までも詐欺師に見えてしまいます。

数日で政党・政治家の意見が反対に変わるというのはどこからか強力なロビー活動があったと言う事ですがご自身のブックフェイスに最もらしい反対意見が多く寄せられたから意見を変えられたという事でしょうか?国民の意見を聞きながら政策や方針を決めてゆくのは民主主義国家における国会議員の役割と考えられるのは当然ですが、政治家の元に寄せられる意見が一般国民の声、すなわち民意と考えるのは間違いです。

政治家の支援者や政治ブログなどに意見を寄せる人達というのは決して一般の国民ではありません。一般の国民はロビー活動なんかしません。その余裕も術も知りません。
皆生活に追われて声を挙げる暇がない人達が殆どです。従って自分の元に届く声と言うのは私も含めてそれぞれの立場から特別の思いがあって政治家に自身の意向を反映させたいと考えている人達だと考えて下さい。この中には日本を憂う普通の日本国民もいるでしょうが、利権を狙う特定の企業に所属されている方から、外国人、スパイ、テロリストもいます。私の場合は日本が独立した健全な民主主義国家になる事を望んで、その望みを政治家に汲み取って頂く為にこちらのブログにも意見を寄せさせて頂いています。

独立した健全な民主主義国家とは日本国を愛する日本国民だけで構成された、独自の意思決定が出来る主権国家、法治国家の事です。
その様な国の国会議員は自国の主権を護り、領土を護り、国益を護り、国民の生命と財産を護る事を自国の国民に誓い法と民意に基づいて国を治めてゆかなければなりません。

ところが民主党という政党は民団を始めとする外国人や暴力団、市民の党といった共産テロリストからの献金・選挙支援など物心両面で連携し行動を共にしています。
そしてそれらの団体が日本の選挙、つまり日本の政治家を通じて日本をコントロール下に置き共産革命を起こさせる事を目的に行動している事も分かっています。
一昔前のテロや革命というのは拉致や暴力を伴うものでしたが、選挙による合法的な革命を目的に行動する市民の党というのは新種?のテロリスト集団です。
つまり政治家(と報道機関)を使って間違った政策を行わせれば暴力を伴う非合法のテロよりも安全により大きな損害を国家に与えまた何十万人もの国民を殺す事も出来るというのが彼らの考え方です。

ではそんな団体に支えられた民主党はこれまで何をやってきたのでしょうか?

鳩山元総理は日本の参政権(日本の主権)を外国人に与えるべき、日本列島(日本の領土)は日本人だけの所有物ではないと明言しました。
東シナ海を友愛の海にすると称して中国への抗議を放棄し、竹島を日米安保条約の範囲外である事を閣議決定し、外国人土地規制法を蹴っています。

小沢元幹事長は外国人参政権付与法案を推し進めその障害となる憲法解釈権を内閣法制局から剥奪しようとした人物です。これはナチスドイツの手法です。
また自身を人民解放軍野戦軍司令官に例えて日本を解放するのだと発言しています。かつて解放軍に解放された国は今は中国の自治区になっています。

管元総理は日本企業の労組を掌握して共産革命の道具にする事を目的とした革マルから献金をもらい、日本の選挙を通じて共産革命を起こす事を公言している市民の党に献金を行いまた行動を共にしていました。この中には日本人拉致実行犯を両親に持つテロリストのエリートも所属していました。管総理は本来スパイ防止法があれば国家反逆罪で極刑に値する人物です。また鳩山総理同様、専門知識とモラルが求められる大臣職にわざわざ瑕疵のある人物を就けて適材適所と強弁し、国会における虚偽答弁を容認し、国家を機能不全にしてしまいました。

野田総理は民団と行動を共にしていた人物で選挙支援の御礼のつもりか韓国への巨額の通貨スワップを決定し朝鮮王室儀軌を日本から勝手に持ち去り手土産とした人物です。また科学技術予算を前総理ら同様事業仕分けと称して削減しておきながら海外へのバラマキは熱心に行い日本には増税しようとしています。円高で製造業が苦しいと訴えれば円高は是正しないと言い放ち、脱原発による電気料金高騰も容認しています。おかげで日本の工場は倒産、海外移転の憂き目に遭い日本は経済的主権を失いつつあります。また鳩山・管元総理をそれぞれ要職に就けていますがこれは野田総理が日本国の主権と日本国民の生命について歯牙にも掛けていない証拠です。

最近は国民の目を気にしてか松原仁先生や森本敏先生の起用など方針転換の様子も窺えますがそんな危険な政党にどうして日本の運命を任せられるのでしょうか?
今回の決断は色々苦しまれた様ですが選挙だけを考えると小泉一家は機を見るに敏というか、流石だと思います。今選挙をすれば民主党は壊滅し自民党は政権交代を果たせたでしょう。当然民主党はそれを阻止するために自民党議員の意見を変えさせなければなりませんから、ブックフェイスに寄せられた意見というのはその手の人達も多かったのではないかと推察します。

私自身は一刻も早い解散総選挙を望んではいますが今回の一体改革法案は増税の前にデフレ対策という項目が入っていると聞いていましたし、それでインフレになれば増税というのはずっと前から自民党が主張していた事でもあり整合性もとれますのでどうしたものかと傍観していましたが、例え周りからどんな意見が寄せられようとも常に民主党の危険性を訴え自民党がこれを阻止してゆく事を訴えてほしいです。もし民主党の革命性を抑制し彼らを日本の国益追求へとコントロール出来る自信があるのであれば(そんな事出来ますか?)有志の議員との間で共闘の妥協も構いませんが次回のマニフェストには新手のテロリスト対策、つまり外国人参政権反対とスパイ防止法検討という項目も入れてほしいです。(スパイ事件で議論が起きている今のタイミングがベストです。それに2010年の選挙では民主・自民共に増税を訴えたのに自民党が勝てたのは外国人参政権反対の項目が入っていたからではありませんか?)また日本の選挙と報道機関を護る、日本の主権と民主主義を護ると言い換えても良いかも知れませんが民主主義の強靭化計画もお願いします。内容は以前書き込みしたもので構いませんが
http://iwais.cocolog-nifty.com/hasiru/2012/06/post-8162.html
これに国籍取得要件の厳正化も加えて欲しいです。米国では米国の言語と歴史と文化を理解尊重し、母国の国益は捨て米国に忠誠を誓い国防の義務を果たす事を誓約し、四年間の審査を経た者のみが参政権を持つことが許されます。ところが日本では日本が嫌いで日本で革命を起こすと公言する人物でも数週間で日本国民となり国会議員にもなれてしまいます。こんな国が滅ばないわけがありません。自衛隊にも相当中国共産党の人間が入っている事を公安が掴んでいるそうですがいつクーデターを起こされても不思議ではありませんね。(後ほど資料をまとめてみます)

投稿: 草薙 | 2012年8月11日 (土) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私のfacebookの投稿を紹介します。:

« 二兎を追う者は一兎をも得ず! | トップページ | 李明博韓国大統領の竹島訪問に対する抗議声明 »