« 海上保安庁法及び領海等における外国船舶の航行に​関する法律の一部を改正する法律案nituite | トップページ | 日本の弱腰外交を憂う »

2012年8月16日 (木)

海上保安庁法及び領海等における外国船舶の航行に​関する法律の一部を改正する法律案について

おはようございます。岩井茂樹です。

中国の活動家が16日、尖閣諸島・魚釣島(同県石垣市)に上陸しました。
沖縄県警は同法違反(不法上陸)容疑で島に残った5人を現行犯逮捕。11管が同不法入国の疑いで、船にいた9人を逮捕しました。

さて、実はこのような事態をある程度予測し、今国​会で『海上保安庁法及び領海等における外国船舶の航行に​関する法律の一部を改正する法律案』というものが提出さ​れています。
ポイントは今まで海上のみに限定されてた海​上保安庁などの取り締まり権限を警察官が速やかに犯罪に​対処することが困難な一定の遠方離島においても行使でき​るようにするものです。
ただ、現状は衆議院では可決され​たもののまだ参議院では可決されておらず、法案としては​成立していません。一日も早く可決することが必要です。

法案の概要はコチラ⇒「kai-ryou-houan.pdf」をダウンロード

|

« 海上保安庁法及び領海等における外国船舶の航行に​関する法律の一部を改正する法律案nituite | トップページ | 日本の弱腰外交を憂う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海上保安庁法及び領海等における外国船舶の航行に​関する法律の一部を改正する法律案について:

« 海上保安庁法及び領海等における外国船舶の航行に​関する法律の一部を改正する法律案nituite | トップページ | 日本の弱腰外交を憂う »