« 海上保安庁法及び領海等における外国船舶の航行に​関する法律の一部を改正する法律案について | トップページ | 富士山の世界文化遺産登録推進議員連盟 »

2012年8月17日 (金)

日本の弱腰外交を憂う

おはようございます。岩井茂樹です。

李明博(イ・ミョンバク)大統領が竹島を訪問した問題、今回、香港の活動家が尖閣諸島に不法に上陸した問題(実は経緯があって、韓国政府が6月に発行した竹島の領有権を主張した「外交白書」に対して、日本政府が抗議を行っていない!))…一連の日本政府の対応に対して歯がゆいと思いをしている国民が多いのではないでしょうか。

尖閣諸島を巡っては、自民党もかつて小泉総理大臣の靖国参拝で日中関係が悪化するなか、中国人活動家が上陸した際に、さらなる関係悪化を避けるため今回と同じように「強制送還」としました。

さて、この強制送還という手段ですが、両国間の関係悪化を避けるためという理由で行われています。

本当に我が国の国益に繋がっているのか?足元を見られ、好き勝手にやられっぱなしになっていないのか?外交には戦略的な駆け引きが必要です。

妥協すべきところ、強く主張すべきところが必要です。

|

« 海上保安庁法及び領海等における外国船舶の航行に​関する法律の一部を改正する法律案について | トップページ | 富士山の世界文化遺産登録推進議員連盟 »

コメント

李明博『日王は韓国民に心から土下座したいのなら来い、重罪人に相応しく手足を縛って頭を踏んで地面に擦り付けて謝らせてやる。重罪人が土下座もしない、言葉で謝るだけならふざけた話しだ。そんな馬鹿な話しは通用しない。それなら入国は許さないぞ。』

こんなことを言われて黙っている売国・民主党にかわり、はやく政権を奪取し、韓国に経済制裁を与えてください。

投稿: | 2012年8月19日 (日) 00時49分

とんぼです。

この問題、非常にデリケートな問題で、与党だから言えないこと、あるいは野党だから言えることがあり、今の自民党の立ち位置では多くを語ることがあるいわ「無責任」と世間に映ってしまうのでは、と感じています。
「宮島理」さんという方のブログでは彼なりの面白い意見が書いてありますので一読してみてください。

投稿: とんぼ | 2012年8月20日 (月) 10時34分

コメントありがとうございます。民主党を売国奴!と言われる方が結構います。確かに結果を見ると他に異論を挟む余地はありません。私は、根本的な民主党の思想には我が国に対する国家観が無い、もしくは間違っていると感じます。

投稿: 岩井茂樹 | 2012年8月21日 (火) 13時28分

とんぼさん コメントありがとうございます。この問題は私も大変繊細な話だと思います。一つ思うことは、何をやるにしても、”戦略的”な対応が必要かと…。弱腰と言われても、その裏にしっかりとした戦略性があればそれでよいし、逆に一見ファインプレーに見えることであっても、行き当たりばったりであったらダメですよね!(…現政権にはこの戦略性が見えないのも事実です)

投稿: 岩井茂樹 | 2012年8月21日 (火) 13時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の弱腰外交を憂う:

« 海上保安庁法及び領海等における外国船舶の航行に​関する法律の一部を改正する法律案について | トップページ | 富士山の世界文化遺産登録推進議員連盟 »