« 国土交通部会 | トップページ | 今の状況を変えるために新しい一歩を踏み出せ! »

2012年9月17日 (月)

中国の暴挙と日本政府の失敗

こんばんは、岩井茂樹です。
このたびの中国人の暴挙…皆さんはどのように感じましたか?

日本車や日本の店舗が破壊・放火され無残な姿をさらしているのを見て私は怒りを通り越して、人間として残念な気持ちになりました。

襲われた店舗の店長が「これはデモではなく、テロだ!」と怒りをにじましていました。

まさにそうです!これはデモではなく、犯罪です。

犯罪者集団と化した中国の民衆、そして、それをほとんど止めることも無く傍観し、その後謝罪するどころか、開き直り日本を逆に批判した中国政府…。

私たちは、このような国と渡り合っていかなくてはなりません。

野田総理は「全体的に悪影響が出ないようにクールな対応が必要である」と述べています。このコメントを皆さんどう感じましたか?納得する方は少ないのではないでしょうか?

ここで私が感じている、この度の一連の動きにおける野田民主党政権の決定的な間違いについて指摘しておきます。
それは、このタイミングでの日本政府の尖閣諸島の国有化措置、そして、国有化した後に何が起こるか何も予測できていなかったことです。

皆さん、ご存じのとおり、当初は石原慎太郎知事が率いる東京都が尖閣諸島の購入を推進しました。

それを受けて、日本政府は慌てて中国との葛藤管理に必要だという名分を打ち出し、個人所有の島々を国家予算を投じて買い取りました。

私は、尖閣諸島の購入はひとまずそのまま東京都にさせておくべきだったと考えます。
少なくとも、東京都が購入している範囲では、”国家対国家”の問題にはならなかったと思います。
中国国内の反応ももう少し弱いものだったのではないでしょうか。

ひとまず、東京都が購入し、その後戦略的かつ確実に日本の実行支配を進めるべきだった、国有化はタイミングをみて行うべきだったと考えます。

「クールな対応」とこの期に及んでそのようなことを言っても、厳しい国際間の争いの中で日本は取り残されてしまいます。

もっと、”したたかに”かつ”戦略的に”行動すべきです。

もうこれ以上、民主党政権にこの国の舵とりを任せておくわけにはいきません。

|

« 国土交通部会 | トップページ | 今の状況を変えるために新しい一歩を踏み出せ! »

コメント

自民党‘総裁選,安倍、石破、町村、林、「オメデタ・無能力・裏切り・軽率発言の石原」!
石原は‘小泉政権の国土交通相,でその無能ぶりは、有名だった!もう忘れたの? 石原は、谷垣を裏切り(光秀より始末が悪い)、平然と出馬? この神経は?人間として無責任の極み!所詮、この程度!こいつを応援する議員も議員、「派閥政治を復活」させる旧体質の自民党に逆戻りだ!異常の極み! 石原が間違って総裁になれば、橋下「日本維新の会」に完敗する。
自民党・公明党の長期政権は、重要課題の先送で日本国益を毀損し続けた。自民党は、弱体化した無能執行部(石原が一番)と鈍感派閥幹部&ヨタヨタご老体、現状が理解不能の‘オメデタ議員,今だ、派閥力学の相殺選(笑)しか出来ない。‘消費期限切れ・派閥復活・無能政党,で政権奪還などは、到底、無理・無理! 
現状では、戦後レジューム、自民党レジュームから脱却をして、自民党を復活させる。これには「安倍晋三総裁」がベスト!これしかない!「安倍晋三総裁」のみが、政権奪還をして、日本国の復活を図るのだ! 今回、総裁選びに失敗すれば自民党に明日はない。お分かりか?
*狡猾な野田・民主党は、自滅覚悟で衆院解散は絶対しない。⇒任期の来年以降だよ~(大爆笑)! 民主党議員を離党させ、過半数割れに追い込み‘内閣不信任案を絶対に可決する,勇気がないと国益毀損のダラダラ政権は、まだまだ続くよ~!

投稿: | 2012年9月18日 (火) 10時25分

今日の青年局主催の討論会拝見しました。

石破茂さんの国防に関しての考えや政策には深く同意いたしますがしかしこの国難の時には国民、政治家、官僚が一体となり事に当たらなければなりません。

その点で言うと今日の討論会を見ましてもやはり安倍晋三さんに「統治能力」が一番高くリーダーシップを発揮できると確信いたしました。

是非、安倍晋三さんに総理大臣を担ってもらいたいと思います。

投稿: 頑張れニッポン | 2012年9月20日 (木) 03時56分

総裁選挙のニコニコ動画見ました。おまけ、仙台という動画みて下さい。安倍さんが間違いなく期待されています。福島の動画も見て下さい。被災地のためにも安倍さんが首相に返り咲くのが自民党にとっても、被災地とってもベストな選択だと思います。

投稿: 小泉 | 2012年9月24日 (月) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国の暴挙と日本政府の失敗:

« 国土交通部会 | トップページ | 今の状況を変えるために新しい一歩を踏み出せ! »