« V-22 オスプレイについて | トップページ | 香港活動家等による尖閣違法上陸映像 »

2012年9月 4日 (火)

『特定国境離島保全・振興特別措置法案』についての合同会議開催

おはようございます。岩井茂樹です。 

自民党より議員立法される『特定国境離島保全・振興特別措置法案』について領土に関する特命委員会・離島振興特別委員会・内閣部会・国防部会・国土交通部会の5部会の合同会議(法案審査)があったので出席してきました。

内容は以下のとおりです。

日時:2012年9月4日(水) 8:00~

場所:党本部702号室

主な出席議員:石場 茂議員(領土に関する特命委員長)、武部 勤議員(離島振興特別委員長)、望月義夫議員(国土交通部会長)、佐藤正久議員(領土に関する特命委員会事務局)等

省庁出席者:参議院法務制局・国土交通省・防衛省・外務省

(概要)

自民党は既に無人国境離島については、沖縄県・尖閣諸島など国境にある無人の離島を国が買い取りや強制取得できるようにする「無人国境離島管理法案」を議員立法で参院先議で提出しています。

さて、今回の法案(特定国境離島保全・振興特別措置法案)…これは有人の国境離島に対する法案です。今まで有人の国境離島に対する考えを盛り込んだ法律はありませんでした。

昨年、私も対馬に同僚の宇都隆史議員、三原じゅんこ議員、上野通子議員、熊谷 大議員と共に現地視察に行って来ました。新藤義孝議員、山谷えり子議員など他にも多くの自民党議員が国境離島と呼ばれる様々な離島を訪れ、現地の状況を確認してきました。本法案はそれら議員の先生方のご尽力の賜だと感じています。

本法案は国の負担・補助の割合に関して、その他離島振興に関係する法案の中でもその率が大きい『沖縄振興特別措置法」と同レベルのものを考えるなどその実効性、そして中身については微に入り細を穿った、素晴らしい法案となっています。

今後、自民党の総務会を経て、議員立法される見込みです。

2012_09_04_08_08_451

|

« V-22 オスプレイについて | トップページ | 香港活動家等による尖閣違法上陸映像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『特定国境離島保全・振興特別措置法案』についての合同会議開催:

« V-22 オスプレイについて | トップページ | 香港活動家等による尖閣違法上陸映像 »