« 今の状況を変えるために新しい一歩を踏み出せ! | トップページ | 美しく何とも言えない懐かしさを感じさせる松崎町”石部の棚田” »

2012年10月 2日 (火)

野田佳彦首相の第3次改造内閣が発足

こんにちは、岩井茂樹です。
野田佳彦首相の第3次改造内閣が1日発足しました。
18人の閣僚のうち10人を交代させる大幅改造となりました。

今朝の静岡新聞には静岡が地元の議員の代表として、自民党の城内実氏(衆院静岡7区)が「若手の登用がほとんどなく、人材不足を感じざるを得ない」と発言されていました。私自身も同じ紙面で「民主党代表選が行われた中での力学が反映された組閣。国の将来ビジョンが見えてこない」と指摘させていただきました。

今日、会館事務所の資料を整理していて、今年の1月13日に発足した”野田改造内閣”についての新聞記事を発見しました。

当時の野田首相は取材陣に対して「先送りできない課題を推進するための最善かつ最強の布陣だ」と述べています。

”最善かつ最強の布陣”…それでは今回の組閣は一体何なんでしょうか?

国民が期待感の持てる、この国の未来に希望が持てる…そんな政治が求められています。
岩井茂樹、そんな政治を目指して気合いを入れます!

|

« 今の状況を変えるために新しい一歩を踏み出せ! | トップページ | 美しく何とも言えない懐かしさを感じさせる松崎町”石部の棚田” »

コメント

安倍さんが総裁に返り咲いてから1か月近くたちます。転送した動画の通りの事が起きたと思います。安倍さんのアビール力。それに若い人が政治に興味をもっようになった事です。支持率もとりあえず上がりました。あとは安倍さんが首相に返り咲くだけです。豚は木に登りしがみついても豚は所詮豚です!

投稿: 小泉 | 2012年10月23日 (火) 18時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野田佳彦首相の第3次改造内閣が発足:

« 今の状況を変えるために新しい一歩を踏み出せ! | トップページ | 美しく何とも言えない懐かしさを感じさせる松崎町”石部の棚田” »