« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月17日 (木)

伊豆縦貫自動車道・東駿河湾環状道路(西進)の要望活動

こんばんは、岩井茂樹です。
本日、1月17日、伊豆縦貫自動車道・東駿河湾環状道路(西進)の要望活動に地元の首長、商工会、商工会議所、観光協会の皆さんが上京されました。

地元の声をしっかり政府に届けるのも議員の仕事の一つ。
今回の皆さんの上京に合わせ地元の皆さんと政府、役所などとの窓口をさせていただきましたが、皆さんのご協力もあり絶妙なタイミングの要望活動を行うことができました。

新東名高速道路と同時に計画された伊豆縦貫道路ですが、昨年開通した新東名高速道路に比べ、伊豆縦貫自動車道路の整備率は比較にならないくらい遅れています。

高規格道路の整備状況で比較すると、同じ半島でも房総は館山まで90%、三浦は三崎港まで100%、これに比べ伊豆縦貫道路はわずか十数パーセント・・・。
それに反して、伊豆のへの観光客数は年間4千万人、宿泊客は1千万人で、房総の2倍、三浦の10倍に及びます。

これだけの利用者数があって、何故伊豆縦貫自動車道の整備が遅れているのか?

伊豆地域の皆さんの悲願である、伊豆縦貫自動車道。災害時の緊急輸送路や避難路にもなる伊豆縦貫道・・・一日も早い開通に全力を尽くします。

H250117_izujyukanyoubous1_3
(中央は麻生財務大臣)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金)

静岡新聞社・静岡放送主催の新春祝賀会に参加しました。

新春の1月4日、毎年恒例の静岡新聞社・静岡放送主催の新春祝賀会が開催され、私も出席してきました。

与党議員として、初めての参加でしたが、何かこれからの未来に対する”期待感”が溢れる会だったと思います。

フリップボードにその年の抱負や目標を書き込んで、インタビューを受けるのが恒例となっていますが、私の今年は”矛盾を乗り越える政治”という言葉を挙げさせていただきました。

H250104_sbss

矛盾とは、『あることを一方では肯定し、同時に他方では否定するなど論理の辻褄(つじつま)が合わないこと。物事の筋道や道理が合わないこと。』です。

最近「ほこ×たて」という番組が人気を博していますが、実はこの『矛』と『盾』すなわち”矛盾”が今の日本が抱える問題に大きく関係していると感じています。

例えば、外交・防衛問題における中国との関係について…。
最近の中国の我が国の主権、領土に対する挑発は限度を超えたものがあります。尖閣諸島など我が国への領海侵犯は決して許すことができません。
一方、10年以内に世界最大の経済大国になるであろう中国の市場の規模を考えると中国は重要な国の一つ。
まさに、矛盾を孕んでいます。

また、自民党が掲げている『国土強靭化』に関して…。
東日本大震災を踏まえ、減災・防災の観点から社会資本の整備は必要ですし、高度経済成長を経て、ちょうど社会資本の更新時期を迎える日本にとって、老朽化したインフラ施設の更新は火急の問題です。
一方、財政が厳しい中で社会資本をどうやって充実していくかは大きな課題でありココに大きな矛盾を孕んでいます。

最後にエネルギー政策について…。
安全性や現実性を考えると、火力発電は有効だと思います。
一方、よく言われるのはCO2の排出量などの環境問題とエネルギーの80%以上を海外に依存している(現状)資源小国の日本にとって、エネルギー安全保障上の問題…。

これら多くの矛盾を乗り越えなくては、日本の明るい将来の姿が見えてきません。

これらの矛盾を責任感と実行力、そして様々な課題、問題について国民に丁寧に説明する…この誠意ある姿勢…そして、今まで滞っていた日本を動かす!結果を出す政治が必要だと感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます。いよいよ2013年がスタートしました。

Hinode新年あけましておめでとうございます。岩井茂樹です。

2013年がいよいよスタートしました。
今年の干支は癸巳(みずのと み)。巳(へび)の年です。巳は再生そして成長の象徴として古くから崇拝の対象とされてきました。また、「財布の蛇が脱皮した時の抜け殻を入れておくとお金が貯まる!」などと子供のころに両親から言われたことを今でも覚えています。

そんな癸巳である今年!日本も再生&成長に向けて一歩を歩みだす年にしたいものです。

日本の外交・防衛、景気回復をはじめ、あらゆる面で再生を目指します。

安倍総理は日本の閉塞感を打ち破る為の三本柱を掲げました。金融政策、財政政策、成長戦略の三つです。

2%のインフレターゲット、日銀とのアコード(政策協定)、10年で200兆円の公共投資、国家強靭論、規制緩和や新規牽引産業の開拓など様々なメニューが用意されています。

これらの戦略をフル活用して、デフレを脱却し景気を回復することにより日本が抱えるあらゆる問題の解決の糸口が見つかると考えています。

本年もよろしくお願いします。気合入れて頑張ります!!

                                平成二十五年 元旦 
                                           岩井茂樹 拝

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »