« 衆議院で改正道路交通法が成立しました。 | トップページ | 気合いを入れてやらせていただきました。 »

2013年6月21日 (金)

改正ストーカー法・改正DV防止法が参院本会議で全会一致で可決

 こんばんは、岩井茂樹です。本日、改正ストーカー法・改正DV防止法が参院本会議で全会一致で可決、衆院に送付されました。

 改正ストーカー法については、現在内閣官房副長官をされている世耕弘成先生(当時、参議院政策審議会会長)の下で協議していたものです。
 この法案の参院可決に至るまで、私も与党間協議の窓口をさせていただいていましたが、神奈川県逗子市や長崎県西海市で発生したストーカー殺人事件などを受けて、早期の成立を目指しているところです。
 

 当初は一日も早い法案成立のため、電子メール等を送信する行為のみの追加する予定でしたが、ストーカーに関係する様々な事件が発生している状況を考え、「保護命令の対象の拡大」や「被害者の保護に関する施設等の対象の拡大」などの内容についても盛り込むこととなりました。

 

 改正DV防止法については、いくつかの問題が指摘されています。適用の範囲を夫婦(事実婚を含む)から「同棲カップル」に拡大しようとするものであることなど、個人的には成立させるまでの議論が足りないという印象を拭うことはできませんが、現在、我が国で多くのDVにかかわる痛ましい事件が発生している現状を踏まえると一日も早いDV防止法の改正は必要だと思います。

 まずは改正法を成立させることが先決!同時に個々の問題については、法案成立後のきめ細やかなフォローで見ていくことが必要です。

 上記二法案!あとは、衆議院での審議の後の法案成立を待つのみ!一歩一歩ではありますが、少しでも痛ましい事件を無くすために最大限の努力をしていきます。

|

« 衆議院で改正道路交通法が成立しました。 | トップページ | 気合いを入れてやらせていただきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 改正ストーカー法・改正DV防止法が参院本会議で全会一致で可決:

« 衆議院で改正道路交通法が成立しました。 | トップページ | 気合いを入れてやらせていただきました。 »