« 日本人の食を支えるだけでなく、様々な役割を果たしている農業の大切さを忘れてはいけない | トップページ | 我が国の安心・安全は自衛隊の隊員の汗の上に…。 »

2014年1月 9日 (木)

トラック輸送産業はたいへん公共性の高いもの…

こんばんは、岩井茂樹です。
 本日、『(社)静岡県トラック協会 賀詞交歓会』に出席してきました。
 私も静岡県トラック協会、大須賀会長をはじめトラック協会の関係者の皆さんには日頃から大変お世話になっており、この日も多くの皆さんがこの賀詞交歓会に出席され、盛大に会が催されたことをたいへんうれしく感じています。

Track_associationsh260109


 さて、昨年(平成25年)を振り返りますと、トラック運送業界は1年を通して「燃料高騰対策」に追われた年でありました。一昨年末からの株高・円安基調、中東情勢等の影響で燃料価格が高騰、高止まりしたことからトラック運送事業者の皆様にコスト負担増を招き、経営を圧迫する状況を招いた格好となってしまいました。

 中東情勢については如何ともし難いところがありますが、株高・円安基調というのは、アベノミクスの影響でもあります。また、トラック輸送産業はたいへん公共性の高いものであり、その重要性をしっかりと認識しなくてはなりません。

 そのような意味で燃油の価格高騰分を円滑に転嫁する対策など政府は最大限の支援をする必要があります。昨年はこれらの事を踏まえ、政府から日本経済団体連合会や日本商工会議所に対して「燃料価格高騰下における適正取引推進に関する緊急協力要請」を行いました。また、燃料高騰に苦しむトラック運送事業に対する支援策として、50億円規模の補正予算案が計上されました。

 今年も引き続き、燃料高騰対策と燃料サーチャージの導入促進など日本の物流の柱であるトッラク運送業を様々な方面からも支援していかなくてはならないと思っています。

 そして…、確かに税制面や予算面での支援は必要だと思います。ただ、本当の目的は”トラック運送業界の皆さんがバリバリと活躍できる場をつくり出していくこと”だと思います。その為にはまずは景気を良くしなくては…。諸外国、国内間の物流を呼びこまなくてはなりません。港湾、道路の整備が必要となってきますし、現場サイドでは荷主さんとの適正取引が行われる為の手立ても必要かと思います。

 現場で働く皆さんの生の声を伺うことが重要だと感じています。

 これからも気合いれます!

|

« 日本人の食を支えるだけでなく、様々な役割を果たしている農業の大切さを忘れてはいけない | トップページ | 我が国の安心・安全は自衛隊の隊員の汗の上に…。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トラック輸送産業はたいへん公共性の高いもの…:

« 日本人の食を支えるだけでなく、様々な役割を果たしている農業の大切さを忘れてはいけない | トップページ | 我が国の安心・安全は自衛隊の隊員の汗の上に…。 »