« トラック輸送産業はたいへん公共性の高いもの… | トップページ | 県下、西に!東に!そして東京に! »

2014年1月11日 (土)

我が国の安心・安全は自衛隊の隊員の汗の上に…。

こんにちは、岩井茂樹です。
 昨日の1月11日に『静岡県防衛協会平成26年新年祝賀会』に出席してきました。

 静岡県防衛協会 鈴木与平会長ををはじめ防衛協力諸団体の皆さまには、日頃から国内における防衛意識の高揚と、そして地域の自衛隊の支援に対しまして様々な御支援・御協力をいただいておりますこと厚く御礼申し上げます。

 我が国を取り巻く安全保障環境は、領土や主権、海洋権益等を巡る様々な問題、また、北朝鮮による「人工衛星」と称するミサイル発射や核実験実施を含む挑発行為、中国による我が国領海への侵入や領空侵犯、「東シナ海防空識別区」の一方的な設定など我が国周辺海空域に関する活動の急速な拡大・活発化がみられ、一層厳しさを増しています。

 一方、自衛隊の他の活動としては、昨年10月に発生した台風26号に伴う伊豆大島における災害を始め、海外では昨年11月のフィリピンで発生した台風被害に際し、国際緊急援助活動を実施するなど多くの自然災害に対応しました。

 また、ソマリア沖・アデン湾における海賊対処行動や 南スーダンにおけるPKOでは、南スーダンの国造りに貢献しています。

 私自身、昨年の9月に参議院のODAの調査派遣でアフリカに行ってまいりました。アフリカ東部に位置し、南スーダンの隣の国でもあるウガンダに行ってまいりましたが、そこで偶然にも南スーダンから激務の合間に心と体のリフレッシュにの為にウガンダを訪れている自衛隊の隊員の方数名にお会いしました。

 1年でわずか数日、厳しい状況から少し離れてウガンダに来ているとのことでした。そんな隊員の皆さんの笑顔が忘れられませんが、笑顔の瞳の奥にはどこか厳しさが見えました。
 
 我が国の安心・安全はそのような隊員の汗の上に成り立っていると改めて感じた次第です。

これからも岩井茂樹…国家・国民の安全・安心を守るべく気合いれます!

Defense_association_01


Defense_association_03

Defense_association_04

写真は挨拶の模様と鏡開きの様子です。当日は鈴木与平会長の代わりに会長代行の新田伸治さんが出席されました。ちなみに…川田代議士の法被が特別に小さく見えるのは法被が小さいのではなく、川田代議士が大きいからです。(笑)

|

« トラック輸送産業はたいへん公共性の高いもの… | トップページ | 県下、西に!東に!そして東京に! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が国の安心・安全は自衛隊の隊員の汗の上に…。:

« トラック輸送産業はたいへん公共性の高いもの… | トップページ | 県下、西に!東に!そして東京に! »