« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月24日 (月)

中部地区の『保守一徹を語る会』を開催します。

こんにちは、岩井茂樹です。
本日、中部地区の『保守一徹を語る会』を開催します。

講師には古屋圭司防災担当大臣をお招きします。
 先日の日本各地を襲った大雪の時にも、古屋大臣は豪雪災害対策本部の本部長として不眠不休で陣頭指揮にあたっておられます。そのような状況で大変お忙しいところではありますが、本日、この静岡の地までお越しいただくこととなりました。
...
 本日の『保守一徹を語る会』の開催概要は以下のとおりです。

日 時:平成26年2月24日(月)18:30より (受付18:00)
会 場:ホテルセンチュリー静岡
      (〒422-8575 静岡市駿河区南町18-1 TEL054-284-0111)

 もし、お時間があればご参集いただければ幸いです。
 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月23日 (日)

伊豆はやっぱり“いいね!”

おはようございます。岩井茂樹です。
昨日、今日と伊豆にいました!
河津桜の華やかさに感動し、東伊豆の地平線から昇る朝陽に感動し…伊豆はやっぱり“いいね!”

追伸…河津桜は今が見頃ですよ〜!

1964967_426953414103145_835764610_n

1896913_426953427436477_1933538230_

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

『ものづくり・商業・サービス革新事業」』が公募開始!

こんにちは、岩井茂樹です。
経産省から連絡がありまして『平成25年度補正予算「中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業」』の公募が開始されるみたいです。
サービスが新しく入っているのがミソ!です。
観光関係で旅館業などの方も対象となっています。
是非ともご活用ください。

※詳しくは、公募要領・様式を以下からダウンロードしてご確認ください。(容量が大きいため分割します)

要領①⇒「monokakushin1.pdf」をダウンロード
要領②⇒「monokakushin2.pdf」をダウンロード

もっと詳細を知りたい!という方は各地域事務局までご連絡ください。

(静岡県は「静岡県中小企業団体中央会」までお問い合わせください。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月14日 (金)

今日はホワイト・バレンタインデー!

こんばんは、岩井茂樹です。
今日はホワイト・バレンタインデー!…東京も雪がしんしんと降っています。
先ほど国会内での幹事長室の仕事を終えて、議員会館に戻ってきました。
写真は会館から撮影した今の国会(外観)の様子です。
(今夜は積もりますよ!!)(^_^;)

1620905_423132891151864_242629065_n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

伊豆縦貫自動車道を起爆剤として…!

こんにちは、岩井茂樹です。

今月の7日から8日にかけて伊豆地域にも大雪が降り、伊豆の峠を越える道がことごとく通行止めとなり、あらためて道路整備の必要性を実感しています。

そんな中、本日、伊豆縦貫自動車道(東駿河湾環状道路)三島塚原IC~函南塚本ICが開通の運びとなりました。

Higasisuruga03


東駿河湾環状道路は昭和48年にこの事業に関する調査が開始され、昭和から平成に変わる頃に各工区とも事業化されました。本日開通した(三島塚原IC~函南塚本IC)区間は、平成16年に本格的着工となり今まで工事が続けられ本日、やっと開通するはこびとなりました。

工事着手から今日までの10年間、様々なことがありました。
三島市大場付近は地盤が軟弱であり、支持層には被圧地下水が滞水しているなど技術的にも大変タフな工事だったと聞いています。
他にも、継ぎ目の無い高架橋の採用、高架の下部を貯水池とするなど、防災や環境面に配慮した施工をされていると伺っています。

この工事が無事開通にたどり着くことができたのも、事業開始から本日までの間、近隣住民の皆様をはじめ、事業を進めてきた国交省、そして静岡県、三島市、函南町など近隣市町の関係者の様々な協力があったからだと感じています。

この道ができることによって得られる効果…いろいろあると思います。
渋滞の緩和、防災・減災対策としての活用…広く言えば、観光客の呼び込み効果…多くの効果が期待されています。

ただ…、これらの効果以外にも、地域の皆さんのアイディア、参画によってもっと多くの効果を引き出すことができると…私は考えています。
この伊豆縦貫自動車道を起爆剤として、伊豆をはじめこの地域のポテンシャルをさらに上げていく…この故郷の魅力を高めていく…そんなことを皆さんと目指していきたいと思います。

ここがゴールではなく、スタート…そんな思いでこれからも頑張っていきたいと思います。

Higasisuruga02_2

(開通式典で挨拶をする岩井茂樹)

Higasisuruga01

(テープカットに参加する岩井茂樹)

Higasisuruga04
(式典後にできたばかりの道路を通行させていただきました)




 

  岩井茂樹 拝 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

安倍総理、麻生財務大臣が参議院会長室にご挨拶に…。

こんばんは、岩井茂樹です。
先ほど平成25年度補正予算(5兆4654億円)が参議院本会議で可決、成立しました。
4月からの消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動減対策を含め、消費税増税後の景気を下支えする経済対策の財源としてのこの補正予算です。早期の予算執行が求められます。

写真は参議院本会議後、安倍総理、麻生財務大臣が参議院会長室にご挨拶にお見えになった際のものです。私、岩井茂樹も参議院副幹事長としてお迎えしました。




Yosannseiritu02

Yosannseiritu03_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつものとおり司会を担当…。

こんにちは、岩井茂樹です。
昨日の政策審議会の会議…いつものとおり司会を担当しました。
今国会では政策審議会として重要な法案についてはしっかりと取り上げ、その内容をしっかりとチェックします。必要な場合には参議院自民党の総意として意見を政府に申し入れることも考えています。
この日の議題は『地域における医療及び介護の総合的な確保を図る為の改革』について関連法案を踏まえ老健局長をはじめ政府からの説明を聴取しました。
地域医療、介護に関しての大きな改革となりますので、慎重な審議が必要だと感じています。
(写真は政策審議会で司会をする岩井茂樹…お隣は宮沢洋一先生と山谷えり子先生です)

Photo

2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

部会のハシゴ!?

こんにちは、岩井茂樹です。
今朝の部会は国土交通部会と経済産業部会!
どちらも役員をしているので、必ず出席しなくてはなりません。
ただ、本日は問題発生です。国交部会が8:00~、経産部会が8:30~で、部会の開催時間が約1時間であること考えると、どうしても時間が重なってしまいます。(>_<)
こんな時は、部会のハシゴとなります。
聞きたい法案のところはしっかり説明を聞き、その他は秘書さんにバトンタッチ…後ほど秘書さんから説明してもらいます…(^_^;

国交部会は5法案、経産部会は1法案の説明でしたが、注目すべきはまちづくりに関する法案が国交、経産ともに出されているところです。
国交は『都市再生特別措置法等の一部を改正する法律案』、『地域公共交通の活性化及び再生に関する法律の一部を改正する法律案』の2本、経産は『中心市街地の活性化に関する法律の一部を改正する法律案』の1本がそれに当たります。
省庁を越えて、同じまちづくりに関する法案がこの同じタイミングで出てくるところがポイントです。省庁が連携をして1つの課題に取り組む姿勢が見て取れます。
言い換えれば、人口減少が全国的に進む中でこの”コンパクトなまちづくり”の対応が迫られているということです。
(写真は国交部会に出席している岩井茂樹です)

Kokkoubukai03


Kokkoubukai01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

岩井茂樹、本領発揮!?防災について講演を…。

こんばんは、岩井茂樹です。
先日、ライオンズクラブにて防災についての講演をさせていただきました。
特別ゲストとしてもう一人の講師に、友人でもある宮城県選出の参議院議員の熊谷 大さんをお招きし、『静岡が被災地から学べるものとは…』という内容で講演を行わせていただきました。
岩井の専門が土木工学であり、大学で環境防災学部の講師もしていた経験、また、自民党青年局のTEAM11で被災地に何度となく行った経験も踏まえての講演となりました。
「地域の皆さんの防災・減災に少しでもお役に立てば!」...そんな思いでの講演でした。
機会があれば、出張講演!なども考えております。ご希望の方は一度、岩井事務所までお問い合わせください。

Rimg0026s
お問い合わせ先:
国会事務所 
〒100-8962 千代田区永田町2-1-1
参議院議員会館520号室 TEL:03-6550-0520

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »