« 《岩井茂樹のロシアレポート 〜第1弾〜》 | トップページ | 飛行機から眺めた富士山 »

2017年1月16日 (月)

《岩井茂樹のロシアレポート〜第2弾〜》

こんばんは。岩井茂樹です。

《岩井茂樹のロシアレポート〜第2弾〜》
前回の日本茶に続き、ロシアで頑張る日本企業の皆さんをご紹介する二回目!

今回は2015年7月オープンした、仙台に本店がある麵屋政宗のプロデュースによる、サンクトペテルブルク初の日本のラーメン店・・・その名も〝ヤルメン 麺屋政宗〟さんです。

きっかけは、6年前の東日本大震災・・・あの大惨事に、真っ先に手を差し伸べてくれたのが隣国ロシアの皆さんでした。その恩返しの意味も含めスタートしたのが、この〝ヤルメン 麺屋政宗〟のプロジェクトです。

私が食べたのは〝味玉ラーメン〟と〝揚げ餃子〟!ラーメンの味付けは少し甘めで、麺はロシアで作っているそうです。
そして、何故揚げ餃子なのか・・・基本的に調理はロシアの方が行っていて、餃子を調理するのに従業員さんの個人差が出ないように焼きではなく揚げにしたとのことでした。

ちなみに、お店の名前にある〝ヤルメン〟とは「ヤ」は日本を・・・日本のことはロシア語で「ヤポーニヤ」と言い、「ル」はRussiaのルです。そうです。

(写真はヤルメン 麺屋政宗の前での1枚!中央の少し髪の長い方がこの店のマネジメントをしている鬼島さんです。)

れにラーメンの「麺」をかけたそうです。

|

« 《岩井茂樹のロシアレポート 〜第1弾〜》 | トップページ | 飛行機から眺めた富士山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 《岩井茂樹のロシアレポート〜第2弾〜》:

« 《岩井茂樹のロシアレポート 〜第1弾〜》 | トップページ | 飛行機から眺めた富士山 »