« 国交大臣政務官が伊豆入り  | トップページ | 本日のスタートは“自民党 茶業振興議員連盟” »

2017年6月29日 (木)

チェコ共和国のボフスラフ・ソボトカ首相が来日

こんばんは、岩井茂樹です。
日本を訪れる国賓のおもてなし・・・その一つとして国会周辺の街路灯を相手国と日本の国旗を飾っています。

6月27日〜30日までチェコ共和国のボフスラフ・ソボトカ首相が来日されています。

チェコ共和国の国旗の意味は・・・白は清潔を、青は空を、赤は自由の為に流された血を表わしているとされていて、同時に白はモラビア地方を、青はスロバキア地方を、赤はボヘミア地方を表わしているとも言われています。
また、白・赤・青の三色は、スラブ民族主義を象徴する色でもあります。

自動代替テキストはありません。

|

« 国交大臣政務官が伊豆入り  | トップページ | 本日のスタートは“自民党 茶業振興議員連盟” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チェコ共和国のボフスラフ・ソボトカ首相が来日:

« 国交大臣政務官が伊豆入り  | トップページ | 本日のスタートは“自民党 茶業振興議員連盟” »