« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月30日 (日)

自撮り中に...

こんにちは、岩井茂樹です。

先日の自民党本部にて開催された会合にて・・・Facebookにアップする為の写真を自撮りしたところ・・・背後にオーラを感じました。

写真を見て納得です。;^_^A

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、自分撮り、クローズアップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月29日 (土)

“赤プリ”

こんばんは、岩井茂樹です。

昭和の時代、赤坂見附界隈に赤坂プリンスホテルという、バブル時代にはトレンディ・スポット(これも死語?)であったホテルがあったのを覚えていらっしゃるでしょうか?〝赤プリ〟の愛称で呼ばれたあのホテルです。

老朽化等の理由により平成23年3月31日をもって幕を閉じました。(この20日前に東日本大震災が発災!多くの被災者の方々が赤坂プリに避難されていたことを今でも思い出します。)

当時、旧館・別館(旧新館)・新館の3棟から構成されていた赤坂プリンスホテル!
その後、新館は取り壊された上で東京ガーデンテラス紀尾井町として再開発され、旧館は「赤坂プリンス クラシックハウス」として移設され、今では結婚式等に使われています。

(写真①は赤坂プリンスホテルが解体されていく様子!ちなみに、高層ビルの解体はビル全体をジャッキアップして積み木崩しの要領で下階から取り壊していきました。 写真②現在、赤坂プリンスホテルの跡地に建てられた〝東京ガーデンテラス紀尾井町〟 写真③は移築された赤坂プリンス旧館(現在の名前は〝赤坂プリンス クラシックハウス〟))

画像に含まれている可能性があるもの:高層ビル、空、雲、屋外、テキスト
画像に含まれている可能性があるもの:高層ビル、屋外

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月28日 (金)

本日は二本立て!

こんばんは、岩井茂樹です。

各省庁が予算要求を行っているこの時期は要望活動の時期でもあります。

本日の要望活動は『伊豆縦貫道・東駿河湾環状道路に関する合同促進大会』と『特定地域振興重要港湾活性化協議会の要望・意見交換会』の二本立て!

時間をやり繰りして両方の会に出席させていただきました。

地元の皆さんの熱い想いをしっかり省庁に伝える為にも頑張ってまいります。(`_´)ゞ

画像に含まれている可能性があるもの:3人、テキスト
画像に含まれている可能性があるもの:3人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

両議長来室

こんばんは、岩井茂樹です。

小山町議会の米山千晴議長と裾野市議会の二見榮一議長が『基地対策関係施策の充実強化に関する要望活動』で国会事務所にお越しになりました。^_^

画像に含まれている可能性があるもの:5人、立ってる(複数の人)、スーツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

『大型クルーズ船「にっぽん丸」』を出迎え

こんばんは、岩井茂樹です。

昨日は早朝より熱海港に寄港した『大型クルーズ船「にっぽん丸」』を出迎えに行ってきました。

熱海市への寄港はこれで10回目!熱海の観光活性化に一役買っています。

開催されたセレモニーでは、熱海笛怜會の皆さんの演奏や熱海芸妓(げいぎ)衆の皆さんの踊りも披露され、歴史ある温泉地の風情を寄港した乗船客の皆さんも楽しんでいただいたのではないでしょうか。

昨年一年間の訪日クルーズ旅客数は前年比78.5%増の199.2万人、クルーズ船の寄港回数は前年比38.8%増の2,018回となり、いずれも過去最高を記録しました。さらなる増加が見込まれますが、この流れがしっかりと静岡の観光に繋がるように頑張ってまいります。

画像に含まれている可能性があるもの:6人、、スマイル
画像に含まれている可能性があるもの:屋外、水

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

小出宗昭センター長に会いに〝富士市産業支援センターf-Biz(エフビズ)〟へ

こんばんは、岩井茂樹です。

東京の仕事をこなしつつ、先日は以前から自民党の委員会や部会でお世話になっている〝富士市産業支援センターf-Biz(エフビズ)〟の小出宗昭センター長に会いに!

地域の経済や雇用を担う中小企業の現場を知り尽くしている小出さんの話は興味深く、いつも多くのことを学ばせて頂いてます。

小出さんの肩書きは〝企業支援家〟!中小企業再生のプロフェッショナルです。
中小企業の再生は地方創生の要です。引き続き地元中小企業の応援、頑張ってまいります。画像に含まれている可能性があるもの:3人画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)、室内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

閉会中も東京で仕事

こんばんは、岩井茂樹です。

国会が閉会中ではありますが、実はこの時期も東京では仕事が結構あるんです。

このシーズンはやはり、来年度の予算編成に向けての仕事が一つ大きな仕事です。
先日、私も総務を務めている自民党の総務会で分野ごとに予算額の上限を設ける概算要求基準(シーリング)が了承され、昨日の7/20に閣議決定されました。
これで、このシーリングに沿って各省庁が8月末までに予算要求を行うことになります。

画像に含まれている可能性があるもの:室内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

〝THE ROYAL EXPRESS〟 試乗会

こんばんは、岩井茂樹です。

本日は心待ちにしていた〝THE ROYAL EXPRESS〟の試乗会に参加させて頂きました。

〝THE ROYAL EXPRESS〟が走る区間はJR東海道本線とJR伊東線、伊豆急行線にまたがっていますが、この列車をつくり走らせるのは東急電鉄さんと、そのグループである伊豆急行さんです!

この列車は8両編成で、デザインはJR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」を手掛けた水戸岡鋭治さんが担当されました。

落ち着いたロイヤルブルーの車体に、車内にはふんだんに木材が使われ、ステンドグラスや暖かみのあるランプや箱根の寄木細工を想わせるデザインなど高級感たっぷりです!

列車の構成は、1号車と2号車が「ゴールドクラス」、3号車が「マルチカー」、4号車が「キッチンカー」、5号車から8号車が「プラチナクラス」で、ゴールドクラスは、子供用の部屋や親子で座るシートなどがあり、プラチナクラスでは、ピアノやバイオリンの生演奏などが楽しめます。

提供される料理もなかなかのモノ!
富士宮のマス、天城の鹿肉や下田のキンメダイ!静岡の食材を使った素敵な料理の数々です。

気になるのは、値段!
食事付きの乗車プランで(JR横浜駅⇄伊豆急下田駅で)一人当たり25,000〜35,000円、食事付きの乗車プランに下田、蓮台寺、河津エリアの旅館・ホテルの宿泊がセットになって一人当たり135,000〜195,000円となってます。

現在、2017年9月出発分の申し込み受付中です。THE ROYAL EXPRESSのオフィシャルホームページから申し込みができるそうです。^_^

追伸・・・一部ですが料理の写真を追加しました!

画像に含まれている可能性があるもの:2人
画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、座ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:室内
画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

新観光列車「ザ・ロイヤル・エクスプレス」

こんにちは、岩井茂樹です。

伊豆急行が新しく〝JR横浜-伊豆急下田駅間〟で運行を始める新観光列車「ザ・ロイヤル・エクスプレス」・・・まもなく出発します。

(お招き頂いた試乗会での車内のインプレッションは後ほど・・・)

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スーツ、屋外

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

この時期の風物詩 ? !

おはようございます。岩井茂樹です。

毎年、このシーズンに財務省が翌年度の当初予算を編成するにあたり、分野ごとに予算額の上限を設ける概算要求基準(シーリング)が決められます。

そしてそのタイミングに合わせ、地元から来年度の予算要望が行われるのがこの時期の風物詩?!となっており、その先導役をさせて頂くのが私たち議員の大切な役目ともなっています。

先日の金曜日はそんな要望活動の二本立て!&その合間に自民党総務会のメンバーとして財務省主計局から来年度予算のシーリングの説明も受けるなど、予算に関連する一日でした。

写真は午前中に行われた〝御前崎港整備促進等要望活動〟と午後に行われた〝天城峠道路同盟会、伊豆縦貫道に関する要望活動〟の様子です。

参議院議員は静岡全県下が選挙区ですが、いずれも大切な要望活動!しっかり取り組んでまいります。

画像に含まれている可能性があるもの:18人、、スマイル、立ってる(複数の人)、スーツ画像に含まれている可能性があるもの:15人、、スマイル、スーツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

『静岡県港湾整備促進大会』に出席 !

おはようございます。岩井茂樹です。
昨日は大荒れの天気となりましたが、静岡市清水区で『静岡県港湾整備促進大会』が開催され私も出席してきました。

我が県内には国際拠点港湾の“清水港”、重要港湾の“御前崎港”や“田子の浦港”、そして地方港として12港の港があります。

人口減少が進む中、物流の生産性向上や2020年の訪日外国人旅行者数を4000万人とする目標値が掲げられる中、観光産業のさらなる進化が求められる今、港湾の活用が強く求められています。

そのような背景のもと、静岡県においては“官民連携による国際クルーズ拠点”に選ばれ、かつ大分港とのRORO航路が就航した清水港があり、観光面でも物流面でも大きな起爆剤になることが期待されていますし、その効果をそれぞれ魅力を持つ地方港にどうやって繋げていくかということがこれからますます重要になってくると私は考えています。

先日、下田港に国交省の大野政務官と視察に参りました。天候が荒れたときの避難港としての下田港の役割をしっかりと活かせるよう、堤防を含む必要なインフラの整備は着実に進めなければなりません。
これは他の港においても同じで、港湾の防災機能の強化を図ることが地域住民の安心・安全につながると考えています。

引き続き、故郷に必要な港湾の整備に力を注いでまいります。

画像に含まれている可能性があるもの:6人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

大荒れの天気

こんばんは、岩井茂樹です。
本日、静岡県下は大荒れの天気でしたが、皆さんの地元 は大丈夫でしたでしょうか。

「近年、雨の降り方が局地化、集中化、激甚化している中で、国交省はその被害を最小限にするために施設整備による対策だけでなく、ソフト対策との組み合わせを考え方を取り入れるようになりました。 その一つの取組みが〝タイムライン(防災行動計画)〟です。

タイムラインとは、災害の発生を前提に、防災関係機関が連携して災害時に発生する状況を予め想定し共有した上で、「いつ」、「誰が」、「何をするか」に着目して、防災行動とその実施主体を時系列で整理した計画です。」(参考:国交省ホームページ)

災害大国、日本!引き続き地域の安心・安全を守る為に取り組んでまいります。

(写真は本日荒天の中、車で静岡県内を移動中に車内から撮影したもの)

画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、雪、空、屋外

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

ヨルダン・ハシュミット王国のハーニ・アル=ムルキー首相が来日

こんにちは、岩井茂樹です。
日本を訪れる国賓のおもてなし・・・その一つとして国会周辺の街路灯を訪問国と日本の国旗を飾っています。

7月12日〜15日までヨルダン・ハシュミット王国のハーニ・アル=ムルキー首相が来日されています。

ヨルダン・ハシュミット王国の国旗の意味は・・・赤はアラブの血潮、黒は敵の敗北、白はアラブの純潔、緑は国土の肥沃さを表すとも、赤は聖者マホメットを、黒・白・緑はイスラムのそれぞれの王朝を表すとも言われ、また、白い7つの光を放つ星は、コーランの第1節の第7行への敬意を示すものとされています。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

陸上自衛隊の富士学校を訪問

こんばんは、岩井茂樹です。
本日は駿東郡小山町にある陸上自衛隊の富士学校に行って来ました。

富士学校・富士駐屯地が昭和29年に開設されてから、今年で63年目を迎えますが、本日、その開設63周年記念式典に出席しました。

この記念式典の後には、訓練展示などもあり、陸上自衛隊の最新装備や規模の大きい装備をこの目でみることができるたいへん良い機会です。

また、この訓練展示は実戦さながらの演習をみることができ、ある意味日々厳しい訓練を積まれている自衛官の皆さんの訓練の成果を一般の皆さんに観て頂く、晴れ舞台でもあります。

真剣な表情で演習に取る組まれる自衛官の皆さんの姿を拝見し、ただただ頭の下がる思いです。

来賓挨拶では、そんな自衛官の皆さんへの感謝の気持ちと武運長久を祈念させて頂くとともに、自衛官の皆さんを陰になり日向になり支えているご家族の皆様に心からの感謝の気持ちを述べさせて頂きました。

画像に含まれている可能性があるもの:5人、空、屋外

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

沼津の “鮮魚・お食事処 山正”

こんばんは、岩井茂樹です。

先日、沼津の〝鮮魚・お食事処 山正〟さんに伺った時の写真です。

山正の大将の竹下幸二さんには、私が復興大臣政務官の時に三陸鉄道の復興の関係でたいへんお世話になりました。

この日はそんな御礼の気持ちで先輩方と伺いました。
手の込んだ料理の数々!美味しいかったなぁ〜!皆さんも沼津にお越しの際は是非!^_^

画像に含まれている可能性があるもの:5人、、スマイル、立ってる(複数の人)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

トヨタ自動車 “レクサスのLS” を試乗

こんばんは、岩井茂樹です。

突然ですが、トヨタ自動車が「レクサス」の最高級セダン「LS」の新型車を日本で初公開したのをご存知でしょうか?

新型LSは11年ぶりとなるフルモデルチェンジ!これまで快適な乗り心地&高い走行性能を維持しながらも、新しいコンセプトが光ります!

新しいコンセプト=〝高度運転支援技術(わかりやすく言えば自動運転技術)〟です。

先日、自民党の国土交通部会長代理をやっている関係で、新型レクサスに試乗する機会がありましたのでその時のインプレッションを!

現時点では、自動運転車の定義がメーカーで統一されていないこと&ユーザーに対して「ドライバーが何もしなくてもよい」といった誤解を与えたり、ユーザーがシステムへの過信を招かないように注意深く扱う必要があるため、今回トヨタは新型「LS」をあえて「自動運転車」とは呼ばず、「将来の自動運転に繋がる高度運転支援技術を搭載したクルマ」との表現に留めています。

とは言え、自動運転車・・・いやいや高度運転支援技術を搭載したクルマには驚かされました。

早速、インプレッションを・・・。
試乗したコースは首都高速!
高速に入ってすぐに、運転席に乗車するトヨタの技術担当の方が自動運転のスイッチを〝オン〟自動運転の開始です。(ちなみに岩井は助手席に乗車!)

前後左右の状況判断は基本的にカメラで行っているそうで、前の車との車間距離も適切に保ちながら、かつ車の流れにスムーズに追随していましたし、車線変更も隣の車との車間距離までしっかり測り違和感無く車線変更してました。Rのキツいカーブでは地図情報を活かしながらスムーズに速度制御!自動運転車が普及すれば渋滞緩和や交通事故削減におおいに貢献すると実感しました。

ちなみに、車線を読みながら走行している関係で、車線が擦れていたり、合流地点で複雑に車線が入り組んでいる個所では多少運転者の補助が必要な場合もあるようです。

ただ、2020年代にはさらなる進化を遂げ、さらなる安定運転や一般道路での運転の実現が期待されています。

成長戦略の大きな柱として、引き続き官民一体となった取り組みが必要です。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、車、屋外

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安倍総理に直接申し入れを行った時の様子

こんにちは、岩井茂樹です。
先日の〝自民党〝日EU等協定対策本部〟として安倍総理に直接申し入れ〟した時の写真が官邸より送られてきましたのでご紹介します。
申し入れの時の様子&官邸の会議室・・・こんな感じです。

画像に含まれている可能性があるもの:6人、座ってる(複数の人)、室内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水)

安倍総理に申し入れを行う為に官邸へ

こんばんは、岩井茂樹です。
本日、首相官邸に行って来ました。

目的は大筋合意が手の届くところにあるとの認識で一致している日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)交渉に関して、交渉の結果、国益がしっかり守られ、日本の繁栄につながるように与党の意向を十分に踏まえた交渉を進めるよう、自民党〝日EU等協定対策本部〟として安倍総理に直接申し入れるためです。

私も対策本部の幹事を務めており、役員の一人として首相官邸まで同行致しました。

日EU・EPA交渉は今年五月に日EU首脳会談で大筋合意が手の届くところにあるとの認識で一致したのを受け、首席交渉官レベルでの交渉が進められて来ましたが、与党自民党としても、国益を守るべく、〝守るべきものは守り、攻めるべきものは攻める!〟の精神でこれまでの間、業界団体の皆さんからも生のご意見を聞きながら交渉の方向性について取りまとめを行って来ました。

交渉はタフな内容と聞いていますが、最終的には総理に交渉の判断が委ねられることも予想され、その為に安倍総理に直接に申し入れをした次第です。

自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

国交大臣政務官の伊豆入りに関しての追加報告 II

こんばんは、岩井茂樹です。
先日の大野泰正 国交大臣政務官の伊豆入りに関しての追加報告です。

今回ご報告するのは〝下田港の堤防工事の現場〟について・・・。

歴史ある下田港・・・1854年の米使ペリー提督艦隊が下田に入港・・・そして米に遅れること数ヶ月、今度は露使エフィム・プチャーチンが軍艦ディアナ号で下田に入港しました。

様々な歴史を秘めた下田港ですが、同時に周辺海域は地形及び海象条件が厳しく、海難事故の多発地域となっており、古くから下田港は荒天時における航行船舶の避難場所として利用されています。

また、下田港は何度となく津波被害に遭っています。1703年の元禄関東地震、1707年の宝永東海地震、1854年の安政東海地震と記録に残っているだけでもの3度の津波が下田港を襲っています。

そのような背景もあり現在、荒天時の船舶の避難港として、また津波対策としての防波堤の建設が進んでいます。

先日の視察では、沖合いにある防波堤に船で渡らせて頂き、防波堤の現状と沖合いから下田港の様子を確認することができました。

外海は波が荒く、また水深も深いため防波堤の建設には様々な苦労がありますが、地域の皆さんの生命と財産を守る為にも、一日も早い完成を目指してこれからも取り組んでまいります。

画像に含まれている可能性があるもの:5人、屋外

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »