« 沖縄県知事選の応援を終え、帰路へ! | トップページ | 浜松市北区引佐町井伊谷にある〝井伊谷宮「例大祭」 »

2018年9月22日 (土)

「測量設計の地域防災の担い手としての役割に関する要望書」

こんにちは、岩井茂樹です。

昨日、私が〝担い手確保〟プロジェクトチームの事務局長を務める測量設計議員連盟の一つの節目を迎えました・・・。

一昨年、議連で取りまとめた「提言」・・・その後、その提言を一年間かけて、より現実的な課題を抽出し整理してまいりました。

やっとその成果を「測量設計の地域防災の担い手としての役割に関する要望書」として完成させ、昨日、(一社)全国測量 設計業協会連合会 野瀬 操会長と共に内閣府、国土交通省、農林水産省、全国知事会に提出してまいりました。

熊本地震の教訓も反映させました。
次はこの要望書の実現目指して、頑張ってまいります。

各省への要望は田中和徳先生、谷公一先生、足立敏之先生、佐藤信秋先生の秘書さんにもご同行いただきました。

(写真は山下雄平 内閣府大臣政務官への要望活動の模様です。)

画像に含まれている可能性があるもの:3人、座ってる(複数の人)、室内

|

« 沖縄県知事選の応援を終え、帰路へ! | トップページ | 浜松市北区引佐町井伊谷にある〝井伊谷宮「例大祭」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「測量設計の地域防災の担い手としての役割に関する要望書」:

« 沖縄県知事選の応援を終え、帰路へ! | トップページ | 浜松市北区引佐町井伊谷にある〝井伊谷宮「例大祭」 »