« 安倍総理と参議院自民党の役員との一枚! | トップページ | 徹夜!?・・・まさか・・・。(-_-;) »

2019年2月 7日 (木)

【豚コレラ発生対応】について

こんばんは、岩井茂樹です。

【豚コレラ発生対応】について本日、平成31年2月7日(木)10時30分に農水省消費・安全局動物衛生課家畜防疫対策室より聴取した内容をご報告します。


・平成30年9月9日岐阜市で発生
・平成4年に熊本県で発生して以来、蔓延防止策を講じてきた。
・日本は平成19年に豚コレラ撲滅宣言を世界に発信した。
・それ以来再発防止対策をとってきた。
・昨日、平成31年2月7日に8例目の豚コレラが愛知県豊田市の養豚場で発生。
・この養豚場から6カ所の農場に子豚を出荷しており、それぞれの養豚場の子豚の検査を実施したところ、5カ所の養豚場から陽性が確認。速やかに殺処分等を行い、防疫措置を開始。
・岐阜と愛知は野生のイノシシから豚コレラウイルスが発見された。
・防疫措置として、イノシシを入れない。
・ウイルスを入れないための対策は車、人の外から養豚場への出入り時に、すべての消毒、着替え等を実施するよう県を通じて注意喚起している。

静岡県内のと畜場は2カ所 
①菊川市に小笠と畜場があり、今回も愛知県の農場を利用していたため、小笠と畜場を利用している農家に注意を呼びかけている。

・と畜場の中で車両を介して感染することが考えられるので、消毒を徹底するよう対策をとること、また豚の健康観察を行って、元気のない豚などがでた場合は、県の家畜衛生研究所に報告するよう指導している。

②浜松市にもと畜場があり、ここも愛知県の農場と、岐阜県恵那市の農場を利用していたので注意を呼びかけている。

・静岡県西部は豚の生産が盛んな地域なので豚コレラ、アフリカ豚コレラについても農水省から注意喚起を行っている。
各農場が衛生管理を行うことが重要である。
・ 豚コレラの封じ込めについては、移動がわかれば追跡できるが、発生があったところは迅速に封じ込め対策をとれば感染が防げる。

以上

51198153_1466646706800472_295717990

|

« 安倍総理と参議院自民党の役員との一枚! | トップページ | 徹夜!?・・・まさか・・・。(-_-;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【豚コレラ発生対応】について:

« 安倍総理と参議院自民党の役員との一枚! | トップページ | 徹夜!?・・・まさか・・・。(-_-;) »