« 深澤氏へ公認証交付 | トップページ | 政調正副部会長、部長会議 »

2020年3月11日 (水)

新型コロナウイルス関連対策本部会合

こんにちは、岩井茂樹です。

今朝の「新型コロナウイルス関連肺炎対策本部」は農林業の関係者の皆さんをはじめ、給食、外食、食品業に携わられている皆さんからのヒアリングを行わせていただきました。

不肖、岩井茂樹、会議の中で以下の点について、発言させていただきました。

国の基である農林水産業をはじめ食品関連業が現在、大変な厳しい状況におかれている。インバウンドや国内観光客の減少、宴会やイベントの自粛に伴う需要の減退、中国・韓国からの入国制限による影響など様々な問題が発生している中でこのたびの「新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策-第2弾-」の実施に感謝している。それを踏まえ、二点意見を申し上げる。

①(静岡の中小企業への対策のために)このたびの緊急対応策の中で行われる「無利子」・「無担保」の資金繰り支援はありがたいが、事業者にとってはこれは”負債”でもある。コロナウィルスがいつ収束するかわからない状況で、一体どれだけの事業者が借り入れを行う判断を下すのかも不透明な部分がある。したがって、せっかくの支援が無駄にならないように、細心の注意を払って欲しい。また、今回の無利子、無担保のようにお金の”入り”の部分への支援も必要だと思うが、対策にも挙げられている納税猶予や借入金の返済期間の猶予など、お金が”出ていく”部分への支援もしっかりとお願いしたい。(藤曲県議より頂いた情報をもとに発言)

②(水産部会長として)政府は先般、農産品輸出を10年後の2030年には今の5倍にあたる5兆円にするとの目標を打ち出した。水産物は農林水産物・食品の輸出額全体の約3割占めており、また、今年が本格的な水産改革の実行年ということもあり、水産業への支援をしっかりお願いしたい。

(参考までに、「新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策 -第2弾-(ポイント)」を添付します!)

89437202_1844223729042766_42525334056625

|

« 深澤氏へ公認証交付 | トップページ | 政調正副部会長、部長会議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 深澤氏へ公認証交付 | トップページ | 政調正副部会長、部長会議 »