« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月19日 (水)

東京大学の駒場キャンパスに来ています

こんにちは、岩井茂樹です。
ただいま、東京大学の駒場キャンパスに来ています。

東京大学生産技術研究所の加藤孝明先生のところに用事がありました。

...

地域防災、観光防災について様々な話をさせていただきましたが、防災に関して加藤先生と岩井の考え方が重なることも多く、とても有意義で楽しい打合せとなりました。
加藤先生、これからも宜しくお願いします!

117720518_2003380829793721_3209950740449

| | コメント (0)

2020年8月18日 (火)

稲取漁港周辺整備推進協議会の皆さんと、リモート会議


こんばんは、岩井茂樹です。

COVID-19が経済に与える影響が顕在化してきました。

これから来るであろう経済の悪化をなんとか乗り越えなければなりません。

...

こんな時は守りだけではなく「攻め」の気持ちも大切・・・。

・・・ということで、コロナ禍を乗り越えた先を見据え、まずは水産庁と稲取漁港周辺整備推進協議会の皆さんとの間でリモートでの「水産政策講演会&意見交換会」を開催させて頂きました。

岩井は水産庁からの参加!

漁港の有効活用に関して、様々な角度から水産庁の山本部長に説明していただきました。

水産庁の関係者の皆さん、そして推進協議会の関係者の皆さんに加え、静岡県からオブザーバーとして参加していただいた静岡県庁の皆さん、ご協力いただき本当にありがとうございました!^_^

117557810_2002651829866621_1532114267182

Suisanntyou

| | コメント (0)

2020年8月13日 (木)

下田の小林テレビさんが企画された会議にリモートで参加

こんばんは、岩井茂樹です。

先日、下田の小林テレビさんが企画された会議にリモートで参加させていただきました。
議論のテーマは「新型コロナにに関する話題あれこれ!」・・・。

...

取りまとめ役でもある、里見和洋さんからのコロナに対する俯瞰した立場からのご意見、徳島一信さんの「伊豆下田応援プロジェクト」の話、長谷川明子さんの「宿泊業からの現場の声」、加畑 毅議員からの「伊豆地域の不動産取引の視点から見た将来の可能性」、中村敦議員からの「下田モデルをはじめとした様々な取組」、水野好規さんからの「地域経済を通しての受け止め」など、本当に現場の様々な生の声を(リモートではありましたが)伺うことができました。

このような機会を頂いた、渡辺良平社長をはじめ小林テレビのスタッフの皆様・・・ありがとうございました。^_^

117405926_1997406927057778_4699542428662

117297729_1997406917057779_6954693912792

| | コメント (0)

2020年8月10日 (月)

「エネルギーフォーラム」インタビュー取材


こんにちは、岩井茂樹です。

先日、国内唯一の総合エネルギー専門誌である「エネルギーフォーラム」という雑誌からインタビュー取材を受けましたのでご報告を!

岩井がインタビューに答えた内容を少しご紹介します・・・...
「コロナ禍は様々な主体が抱える問題をあぶり出した・・・。地域医療が抱える課題、東京一極集中の脆弱性・・・これまで分かっていたけれど、効果的な手立てを打つことができなかったこと・・・また、多くの人がステイホームをし、不便な生活を強いられた一方で、家族と過ごす時間が増え、改めて家族の存在の大切さを再認識した人もいれば、人によっては、自分を見つめ直す良いきっかけになった人もいるかもしれない。・・・移動制限や経済活動が自粛されることにより、CO2の排出も抑制され世界中で大気汚染が改善され、澄み渡る青空が戻った。
今回のコロナ対策のポイントの1つはまさに「コロナの封じ込め策」と「経済を回す策」・・・このトレードオフの関係のバランスをどうやってとって、目指すべき方向に導いていくかということ。これは実はエネルギー政策にも同じ事が言える・・・。環境を守るために過度な規制は経済を萎縮してしまうし、かといって、経済至上主義では人間が住めない地球になってしまう・・・」


このインタビューの詳細な内容は令和2年9月号(9月1日発売)の雑誌『エネルギーフォーラム』をご覧ください。

117597576_1994129787385492_6203225187469

| | コメント (0)

2020年8月 5日 (水)

浜の皆さんと意見交換

こんばんは、岩井茂樹です。

現在、自民党の水産部会の長を務めさせていただいていますが、本日は水産部会長として浜の皆さんと意見交換を行わせていただきました。

今年、水産業にとって1つの節目となるのが、今年の12月に施行される「漁業法等の一部を改正する等の法律」です。

...

この法律の大きな柱が「水産資源の適切な管理と水産業の成長産業化を両立」です。

本日はその中で水産資源の管理に伴う内容について、水産庁より資源管理の担当室長にお越しいただき、浜の皆さんに説明をしていただきました。

資源管理を行うためには、漁獲情報の収集がまずは必要で、それがしっかり行われてはじめて資源評価を実施することができます。

多くの浜の皆さんのご意見をいただきましたが、その中で研究機関が行う資源評価に対する信頼がまだ醸成されていないことが明らかになりました。

本日、いただいた様々なご意見をしっかり受け止め、問題解決のために水産庁と可能な限りの調整を図らせていただく覚悟です。

浜の皆さん!引き続き、宜しくお願い致します。

(静岡県漁連 高田充朗 副会長や伊豆漁協の佐藤泰一組合長を始め、須崎・白浜キンメ漁業者の皆さん、稲取キンメ漁業者の皆さん、伊東キンメ漁業者の皆さんをはじめ定置漁業者の皆さん・・・貴重なご意見をいただき、ありがとうございました!)

116697593_1989661937832277_8076738398980

| | コメント (0)

2020年8月 3日 (月)

新型コロナウイルス対策本部

こんにちは、岩井茂樹です。
ただ今「新型コロナウイルス対策本部」の会議に出席しています。

コロナウイルス対策として、ウイルスを抑え込む〝ブレーキ〟に集中した対策を組立てるべきか、それらのブレーキと経済を回す〝アクセル〟を両立させる政策をとるべきかなどの議論が活発に行われました。

...

加えて、私からは地元の皆さんの声として「雇用調整助成金」が未だに支払われていない状況があることについて、早急な支払いを強く求めさせていただきました。

116697593_1987076784757459_7623844912474

106589047_1987076811424123_1843138736567

116255606_1987076858090785_8065593265576

 

| | コメント (0)

2020年8月 1日 (土)

新型コロナウィルスも労災認定に!!

こんにちは、岩井茂樹です。

今日から8月!皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

さて、8月最初の岩井茂樹からの『情報宅急便』お届けします!!

以前、地元のホテル・旅館業の皆さんから3つの要望をいただきました。即座にそれらの要望を自由民主党「新型コロナウイルス関連肺炎対策本部」を通して私から岸田文雄 政務調査会長、田村憲久 新型コロナ対策本部長に伝え、早急の対応を求めてまいりました。

このたび、その中の3点のうち「客・従業員にコロナ罹患者が出た際の補償」について、厚生労働省から打ち返しがありましたのでご報告します。

(報告内容)

「新型コロナウイルス感染症について、業務に起因して感染したものであると認められる場合には、医療従事者でもなくても、労災保険給付の対象となります。」との回答をいただきました!

患者の診療、看護・介護の業務等に従事する医師、看護師、介護従事者等が業務中に新型コロナウイルスに感染した場合はもちろん、医療従事者や介護従事者以外の労働者が、新型コロナウイルスに感染した場合も、業務との関連性(業務起因性)が認められる場合には、労災保険給付の対象となります!

新型コロナウイルスに罹ってしまうと、心身ともに大きく疲弊してしまいます。「労災が使える」ことを知っていただくことで、少しでも皆様が抱えるご負担が軽減することを期待いたします!

 

(詳しくはこちら!)

☆新型コロナウイルス感染症の労災補償における取扱いについて⇒tuugtatu.pdf

☆新型コロナウイルスに関するQ&A(労働者の方向け)「5 労災補償」抜粋⇒QandA.pdf

☆新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に係る労災認定事例⇒jirei.pdf

☆新型コロナウイルス感染症に関する労災請求件数等⇒kensuu.pdf

☆静岡県における労働基準監督署、公共職業安定所 所在地一覧⇒syozaiti.pdf

 

Img_098850

  

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »