2018年9月24日 (月)

『富士地区貨物運送事業協同組合(富士貨協)』創立50周年の記念行事

こんばんは、岩井茂樹です。

昨日は富士市で開催された『富士地区貨物運送事業協同組合(富士貨協)』創立50周年の記念行事に出席してまいりました。

富士貨協さんが設立された50年前・・・1968年(昭和43年)を振り返ると・・・この年は“高度経済成長期”の真っ只中!実質経済成長率は年平均10%を超え、欧米の2~4倍に達し、この年に日本のGNPは世界で第2位に・・・まさに行け行けどんどん!「モーレツ社員」が元気に頑張って経済を支えていた時代です。

現在はどうか?経済大国の座は中国に奪われ第三位に、そして国あげて働き方改革が進められ、モーレツ社員は死語となりました。

高度経済成長の背景には様々なもの・・・①技術革新と設備投資 ②日本人の高い貯蓄率 ③スケール感のある道路・鉄道・港湾など社会資本の整備・・・そして最も重要な背景は③豊富な労働力があったこと・・・。

現在は人口減少社会の中で労働力は激減・・・50年前と現在・・・時代は大きく変化しました。

どうやってこの局面を乗り越えていくか!・・・本年の3月 全日本トラック協会が国交省「トラック運送業界の働き方改革実現に向けたアクションプラン」を提出されました。・・・しっかりこの取組みを応援しなければなりません。

そして物流が担う大きな役割をもう一度再認識し、トラック運送事業のさらなる可能性を探求し、地域の経済を支えるトラック運送業界の発展を全力で応援したいと思います。

自動代替テキストはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月23日 (日)

鈴木市代先生の黄綬褒章受章祝賀会に出席してまいりました!

おはようございます。岩井茂樹です。

昨日の午後、行政書士会で活躍された鈴木市代先生の黄綬褒章受章祝賀会に出席してまいりました!

今年の「春の褒章」で静岡県内からは11人方が褒章を受章され、うち黄綬褒章を受章されたのはわずか3人・・・そのうちのお一人に鈴木市代 先生が選ばれたのはまさに、これまで行政書士としてその道一筋に業務に精励し模範となる活動を続けられたからだと思います。

行政書士の徽章(きしょう)は、コスモスの花弁の中に「行」の文字を配したもので、調和と真心をあらわしています。

そしてコスモスは漢字で秋の桜と書きますが、秋分の日を迎えるこのタイミングに、このめでたき会が開催されますこと、心からお祝いを申し上げます。

画像に含まれている可能性があるもの:14人、、スマイル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浜松市北区引佐町井伊谷にある〝井伊谷宮「例大祭」

こんばんは、岩井茂樹です。

本日のスタートは浜松市北区引佐町井伊谷にある〝井伊谷宮「例大祭」〟から!

明治の初めに宗良親王を祭神として建てられた「井伊谷宮」!神社としての格がとても高い神社です。

本日は身の引き締まる思いで例大祭に参列させていただきました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、屋外

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月22日 (土)

「測量設計の地域防災の担い手としての役割に関する要望書」

こんにちは、岩井茂樹です。

昨日、私が〝担い手確保〟プロジェクトチームの事務局長を務める測量設計議員連盟の一つの節目を迎えました・・・。

一昨年、議連で取りまとめた「提言」・・・その後、その提言を一年間かけて、より現実的な課題を抽出し整理してまいりました。

やっとその成果を「測量設計の地域防災の担い手としての役割に関する要望書」として完成させ、昨日、(一社)全国測量 設計業協会連合会 野瀬 操会長と共に内閣府、国土交通省、農林水産省、全国知事会に提出してまいりました。

熊本地震の教訓も反映させました。
次はこの要望書の実現目指して、頑張ってまいります。

各省への要望は田中和徳先生、谷公一先生、足立敏之先生、佐藤信秋先生の秘書さんにもご同行いただきました。

(写真は山下雄平 内閣府大臣政務官への要望活動の模様です。)

画像に含まれている可能性があるもの:3人、座ってる(複数の人)、室内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月18日 (火)

沖縄県知事選の応援を終え、帰路へ!

こんばんは、岩井茂樹です。

沖縄県知事選の応援を終え、帰路へ!

画像に含まれている可能性があるもの:1人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日ご紹介する至極の一枚!

こんにちは、岩井茂樹です。

本日ご紹介する至極の一枚!

鮮やかな沖縄の上空・・・。

この空の下・・・現在、熱い選挙戦が繰り広げられています。

頑張れ!さきま淳候補!

(撮影:岩井茂樹)

画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、屋外、自然

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月14日 (金)

〝茶業振興議員連盟〟で齋藤健 農林水産大臣のもとに申し入れに行ってまいりました!

こんばんは、岩井茂樹です。

〝茶業振興議員連盟〟で齋藤健 農林水産大臣のもとに申し入れに行ってまいりました!

今年度の一番茶の価格が低迷したことを踏まえ、生産や需要拡大などの対策拡充について要望させていただきました。

齋藤大臣からは、要望書に書かれていた日本の伝統でもある「和食」とセットで海外へのお茶の販路拡大を図ることも大切だが、海外の食に合うお茶を作るというアプローチも大切なのではないか?

また、海外展開する為に世界各地で開催される様々なイベントにお茶を持って行き海外の方々にその味を知ってもらい、親しんで頂けるよう働き掛けることも大切だが、それには一回展示するだけで多額の費用がかかる。それを考えると、海外から日本を訪れる観光客は自腹で日本までやって来て、お茶に親しんでくれる、言わば試飲に来てくれているととらえることはできないか?海外から日本を訪れる外国人観光客が増加している中で、そういったインバウンドをどうやって活かすか!そんな考え方も大切だと思う・・・。

齋藤大臣らしく、考えていることをストレートに伝えていただきました。齋藤大臣、ありがとうございました。

画像に含まれている可能性があるもの:10人、スーツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 9日 (日)

中野ひろみち焼津市長の市政報告会に行って来ました。

こんばんは、岩井しげきです。

本日は東京での政務を済ませたあと、焼津市へ!中野ひろみち焼津市長の市政報告会に行って来ました。

中野市長の活躍・・・皆様もご存じのとおりです・・・本日(9月9日)だけでも・・・市内それぞれの地域で開催されている焼津市健康長寿を祝う会、各地区の自治会体育祭などに精力的に参加されています・・・。

他にも定期的に市政座談会(ランチミーティング)を開催し、ホテル旅館組合、焼津市水産振興会の若手経営者の皆様など様々な方々との意見交換を行い、現場の声をしっか拾い上げています・・・。現場主義・・・素晴らしいと思います。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、室内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

、戸田観光協会主催の〝ごぜ芸能まつり〟に行って来ました。

こんばんは、岩井茂樹です。

昨日の午後は戸田まで足を延ばし、戸田観光協会主催の〝ごぜ芸能まつり〟に行って来ました。

瞽女(ごぜ)とは、江戸時代から昭和の初めごろまで、三味線を手に全国各地を流し歩く目の不自由な女性の旅芸人のことで、遠く戸田の地にも訪れていました。戸田で地域の人々を三味線で楽しませ、修善寺に向かう途中、戸田峠の山道で大雪に遭い亡くなった瞽女を村人たちが手厚く葬ったことからこの供養祭が始まったそうです。

戸田と言えば、今年の7月にロシアの国会議員団が戸田を訪れ、日露の議員会談が行われました。
この交流のきっかけになったのも、嘉永6年(1853年)に伊豆下田を訪れたロシアの軍艦のディアナ号が富士市近くの駿河湾沖で大しけに遭い沈没し、助けられた船員を戸田村の村人が人情豊に面倒をみたことから始まりました。

この二つの共通点・・・あらゆる人に情け深く親切である・・・この地域の人々の気質だと思います。

画像に含まれている可能性があるもの:空、木、屋外、自然

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前御前崎市長 石原茂雄さんの『叙勲受賞記念祝賀会』に出席してまいりました。

こんばんは、岩井茂樹です。
御前崎市内で開催された前御前崎市長 石原茂雄さんの『叙勲受賞記念祝賀会』に出席してまいりました。

今年の叙勲で『旭日小綬章』を受賞されたのは、静岡県でわずか7名!その一人に石原さんが選ばれたことは、まさに郷土の名誉であり、故郷の宝だと感じています。

石原さんの功績をあげると枚挙にいとまがありません・・・御前崎市の礎を創り上げたご実績、御前崎港の振興、行政・農業・商工業が一体となった観光地御前崎の復活に向けた取組・・・本当に多くのご功績があります。

中でも浜岡町議会議員として浜岡町と御前崎町の合併にご尽力され、まさに御前崎市の礎を築かれました。小笠郡と榛原郡・・・郡が異なる町の合併は国や県の管轄も異なるなど様々なハードルがあったと思います。
それらの課題を乗り越えて合併に漕ぎつくことができたのは、石原さんの行動力と手腕のたまものだと感じます。

この度は叙勲の栄に浴され、誠におめでとうございます。

画像に含まれている可能性があるもの:3人、室内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧